転職のノウハウ

転職に躊躇する人は「失敗しない方法」があるので参考にして欲しい

「転職しようか、どうしようか、悩むなあ・・・」という人は、つまるところ何を気にしているかと言えば、

転職が成功するかどうか

ではないでしょうか。

 

転職することがビジネスマンとしての成功に繋がるかとか、「出世できるかなあ」とか。

必ずしも出世がしたいという成功ではなく、望んでいた労働環境や、やりたいこと、やりがいを感じられる業務に携われるか、という意味での成功など。


人によって転職の先に望んでいる「成功」は違うのですけど、とにかく

転職しなかったときより、良くならないとイヤ

という気持ちがあろうかと思います。

 

ところがこれを事前に判断するのは難しい。

今より良くなる未来が起こるという確証が得られないので、「どうしようかしら、うーん、、」という状態がいつまでも続くこととなります。

 

これ、よく分かります。

ぼくも漠然と転職を考え始めて最初にビズリーチの無料会員登録をしてから、4年くらいすぐに過ぎてました。

「嫌なこともあるけど、今の会社だって世の中的には有名な会社だし、給料も悪くないしなあ…」

結果的に、晴れでも雨でもないような心境のまま、毎日を過ごしていきます。

 

さて、そんな悩めるビジネスマンに対して「転職で失敗しない方法」があるように思ったので、紹介していきます。

ちょっとマインドセットよりです。(「君ならやれば出来る!!」みたいな変な精神論ではありません)

参考になりますと、大変嬉しいです。

 

 

1.転職は成功する

ぼくは転職を何度か経験しているのですが、いずれも成功したと思っています

僕がどの大学を出て、どんな風にキャリアを歩んできて、どういう目線で転職企業を選び、エントリーシートにはなんと書いたのか、面接で採用担当者を惹きつける秘伝の一言は〇〇で、、、

というようなことを述べても、あくまで個別事象なので、参考になる人もいればいない人もいるでしょう。


そういった転職のテクニック的なものはおいておきまして、ここでは「これはいいなあと思うマインド」をご紹介したいと思っています。


参考

転職の具体的なノウハウ記事をお探しであれば、揃えております。

こちらから

転職経験者って、なぜかよくつるむんです。お互い親近感があるのか、または結局似たような性格の人が転職をしているのか。

つるむ中で、転職後うまく行っている人と会話をしている最中に見えてきたことがあります。

皆、ある同じ(近い)考え方を持っているということです。

それは「転職は成功したことを疑わない」という姿勢、考え方。

 

僕は「過去の決定や行動は、全てにおいてベストなものを選択してきた」と信じることにしています。

いや、そう信じるしかないと思っています。

 

「あの時、あのまま会社に残っていれば…」

こう感じたら、その転職は失敗ですよね。

 

でもこの考えは無意味じゃないでしょうか。

というのも、「あの時、転職しなければ」と考えたって、そのパラレルワールドは存在しないし、体感も体験もできないじゃないですか。

要するに、「タラれば」を考えても、その将来がどうなったかなんて分かりっこないと思うんです。

 

 

それに、人間というものは「隣の芝は青く見えるもの」だと思っていまして。

「あの時、転職しなければ。チクショウ…」

そう思ったとき、転職しなかった隣のパラレルワールドが、とてもとてもよく見えてしまいがち。

「転職してなければ、経験を武器にそれなりに昇格出来て、家族にも負担かけることなく、それなりに楽しく仕事できていたんだろうなあ」

ついつい、実現しなかった素晴らしい世界に想像が膨らみます。膨らんで膨らんで、その世界がキラキラした、希望に満ちた世界に思えてきます。


でも、待ってください。

転職前、「仕事つまんねな」とか「労働環境ブラックわろた」「セールスノルマつらいぜ」と感じていたじゃないですか。会社に満足していなかったじゃないですか。

 

このように、つらい時期が過ぎ去ると、人間というものは「のど元過ぎれば熱さ忘れる」で、その痛みを忘れてしまいます。

かたや、ありもしない想像上の「隣の芝」を作り上げては、それがとても青く見えてしまうのです。

でも多分、その芝は青くないですよ

 

結局、タラればの世界を比べようったって、人間は客観的に比較なんて出来ないんだと思うんです。

だったら、パラレルワールドを想像することの意味、あるでしょうか。

パラレルワールドがないなら今の世界が一番いいはずし、今日にいたるまでの数ある分岐点で全てベストな選択をしてきたはずだと思えます。

 

これは「自己肯定感を持ちましょう!」や、「自分に自信を持て」というのとは、ちょっと違います。

むしろ、自分はどこまでいっても客観的に物事を見ることはできないし、全ての選択肢を平等に吟味することもできないという、一種の"あきらめ"でもあります。

"タラれば"を考えれば考えるほど、冷静に物事を判断できなくなる、弱い生き物であるということ。

 


たぶん転職してニコニコしている人とか、転職に関係なく楽しんで仕事している人は、だいたい同じ考えを持っているんじゃないかな、と。(もちろん、大規模に調査したわけじゃないのですけど)

Sponsored Link

 

 

2.世界の見え方

物の考え方を試行錯誤する上で、最近特に参考にしているのが、以下の本でも取り上げられているアドラー心理学

 

人は、見たいように世界を見ている」という考え方でして、

世界は、ただ事象が起こっているだけ

 

そこに意味づけしているのは自分です。独特の捉え方をしているのは、自分です。

 

例えば、「性格の悪い課長にガミガミと怒られた」日があったとして、うんざりしてやけ酒を飲むとしましょう。

この瞬間、あなただけが見ている世界があります。

それは

  • 性格の悪い
  • ガミガミと
  • 怒られた

という部分。

 

しかし、世界に起こった事象としては「同じ会社に属しているおじさんが、自分に向かって言葉を発した」くらいの事象でしかない。


そのおじさんが「性格が悪い」ことも、話し方が「ガミガミ」していたことも、ひょっとすれば「怒られた」ということさえも、自分で作り出した、着色された世界

 

もしかしたら別の席にいる部長からは

「おおお、課長は親身やなあ。いつも部下の教育頑張っとるやないか。感心感心。」

という世界を見ているかもしれません。

 

隣の席にいる先輩からは

「怒られるのも当然だよな。今回のミスは3度目だからね。課長も大変だなあ、やれやれ」

という世界を見ている可能性もあります。

 

このように、起こっている一つの事象の前においても、人によって見ている世界が違うのです。

正確に言えば、事象への着色の仕方が違うのかなと。


結局、世界の事象はシンプルであり、世界を決めているのは自分自身

その世界が嫌で居心地が悪いとしても、そのように見ているのは自分です。

 

 

これを元に、改めて転職のことを考えてみましょう。

転職後に「失敗したなあ」とか「成功したなあ」なんて思っていたとしても、その環境は自分の頭で作り出した着色世界に過ぎないんじゃないかと思うのです。


アドラー心理学を読んでいくと分かりますが、結局「着色の仕方を変えれば見える世界も違う」ということ。

だから、転職して成功している人は、その人が実力があったからだとか、運がいいとか、そういうことではなくて、そのように物を見ているだけ

ただそれだけなんじゃないでしょうか。

 

僕がよく話す外資の投資銀行に勤めている友人がいます。転職組です。

話を聞けば聞くほど、彼はストレスが多くて、仕事もプライベートも相当大変そうで、まさに波乱な人生なんですが、性格はすごく明るくて、かつ自分のことを強運の持ち主だといつも言っています

当然、転職の後悔など、彼の口から出たこともありません。

 

 

3.過去の失敗は存在しない


もう一つ別の考え方をご紹介します。

現在の出来事は、過去によって引き起こされたものではない。そうではなくて現在が過去を決定する

という考え方。

 

"3年前に転職に失敗した。だから今激しくつらい"

とか、

"昔彼女からひどいフラれ方をした。だから今、人間不信"

"子供の時から勉強しなかったから、俺って頭悪い"

というように、多くのケースでは「過去の"あること"が、今のダメな自分の元凶になっている」と思いがち。

 

しかし、別の考え方があります。

仏教の考え方にも通ずるらしいのですが、「現在が過去を決定する」のです。


例えば、先ほどの上司から怒られた事象を見てみましょう。怒られた日にうんざりしてやけ酒を飲んだ翌日。

先輩「課長、昨日の夜、おまえのこと誉めてたぜ


こんな事実を知らされたら、「俺の成長のために言ってくれていたのか…」という気もしてきませんか。

 

この時、性格の悪い課長はあなたの世界から消えて、ちょっとツンデレの課長が新たにあなたの世界に出現しました。

「性格の悪い上司にガミガミと怒られた」が

「教育熱心な上司から、その場では厳しく怒られたけど、その課長は実は自分のことを考えてくれていて、面と向かっては褒めてくれないツンデレ課長

という世界に変わりました。

 

この事例では、まさに今日の事象が昨日の世界を変えています

 

「なんだ、あいつ、性格悪いな」と思っていた人が、ちょっと長めに話す機会があったら「あの人、いい人だよね」とすぐに意見を変える人を僕も何人も見てきました。


だから現在・今をどう捉えるか次第で過去が変わります。

過去の失敗は、今すぐゼロにできます

その意味で、「転職の失敗」は起こり得ません

 

 

4.変わりたくない人が過去を着色する


先ほど紹介した「嫌われる勇気」はぜひ読んでみてください。

「アドラー心理学?なんだよそれあやしいじゃねえか」

と思わずに、いや思ってもいいので、目を通すだけの価値があります。

 

 

 

本の中でも触れられていますけど、印象深いのは

現状に不満がある人は、(不満があるにも関わらず)その状態を望んでいる

というような考え方です。


例えば

昔から勉強してこなかったから、俺って頭悪いんよね。こういう資格はまず無理だわ

みたいなことを言う人がよくいます。

こういう人は、「俺は頭が悪い」という現状に不満を持っているにもかかわらず、実はその状態を自ら選択しているんです(本によれば)。

 

どういうことでしょうか。

この人は一見、自分が頭が悪いことに不満を持っていそう。

でもそうではなくて、実は自ら望んで頭が悪い人間になっているというのです。

 

(そんなあほな…)

と感じられると思います(本内にもそういう描写があります)

 

こういう人は頭が悪い現状を変えたくなくて、その世界を維持したくて、勉強しなかったという過去の世界を自ら作り出します

そうすれば「資格も取れなくても仕方ないよね」という納得感が得られ、やりたくない様々な勉強をしない理由にもなる。

いやなこと、苦手だと思っていることから逃げ続けられる。

要するに「資格が取れるか分からない」という不安を打ち消すことが出来る

 

この人が本当に頭が悪いかどうか知りません。

でも頭の良し悪しなんて色んな尺度があるはずですよね。子供の頃の勉強量なんて、限られた友人の中での、しかも幼いころの曖昧な記憶。客観的に比較できているか怪しいものです。


頭が悪かったとか、勉強しなかった、は単なる思い込みであり、「小さいころから頭悪くて勉強が苦手な俺は、資格も当然受からない」という世界を望んで作り出しているのです。

  1. 不安(資格の不合格)を打ち消すために
  2. 不満(俺頭悪い)を作り出し
  3. 過去(勉強しなかった幼少期)を作り出す。

この一連のサイクルは、その人の中ではかなり合理的な世界を形成できるので、意外に心地よかったりするんでしょう。

 

ここで転職について考えてみましょう。

転職が成功するか、こわいなあ」と不安に思っている人は、要注意です。

その人は不安に思っている時点で、おかしな世界を見ている可能性があります

転職に失敗する不安を消すために、わざわざ「能力の低い自分」という不満を作り出していて、かつ「活躍できなかった過去の事例」を頭の中にたくさん引っ張り出してきているでしょう。

その人の過去の出来事は、客観的に見ればそんなに悪い過去じゃなかったとしても、簡単に黒歴史に変えられますから。


そういう心理サイクルがピタッとハマり、「動かないことが正解だ」という認識になります。それが心地よいんでしょう。


これが「会社がつらくて転職したい」と不満に思っているはずなのに、転職しないことを自ら望んでいる状態です。


意味が分からなければ、すいません、本で読んでみてください…

Sponsored Link

 

 

 

5.まとめ


転職を失敗しない方法をご紹介しました。

正確に言えば、「失敗したと思わない方法」ですね。

少し宗教じみていて、申し訳ありません。無宗教ですので、変な意図はありません。

 

誰しもが通用する転職の細やかなノウハウを知りたかったよ、という方は、そういう記事もそろえていますので、是非ご覧ください。

こちらから

 


その上で、転職も、仕事も、すべて最後はマインドセット次第だと思うようになってきています。

今の職場に不満があるのも、職場の同僚が性格が悪いのも、仕事がブラックなのも、意外に自分だけが見ている世界で、自分が作り出している世界かもしれません。

 

ぼくの知人でメンタルで会社を退職した人がいます。

彼だけから話を聞いていると、その会社は相当にクソでブラックな会社だと思えなくもないです。でも、その知人の性格を知っているので、彼がそのクソ職場を作り出したんだろうとも思います。

すなわち、「彼にはそう見えていた」んでしょう。

 

転職せずに今の会社で頑張るにしても、転職して新しい職場に挑戦するにしても、マインドが悪いとどの世界も黒く見えてしまいます。

マインドを変えるだけで、ぼくらが見ている世界は簡単に変わるんだと思います。

偉そうに言いましたが、ぼくもそういうマインドを持てるように勉強中です。


長い人生なので、明るい世界で過ごし、楽しく働きたいですね。

 

終わり

 

Sponsored Link

人気が高い記事

-転職のノウハウ
-

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.