転職のノウハウ

転職を少しだけ考え始めたら、まず何から始めるべきか最低限のエッセンスを解説します

投稿日:

すぐに転職をしようとは思わないけど、転職に少し興味が湧き、「ちょっと調べてみようかな」という人に向け、「とりあえずこれ」という転職の動き方、情報の集め方のエッセンスを解説します。

 


仕事は誰だってある程度きついわけですが、一方で「転職がしたくてしたくてたまらない」という人は少ないんですね。


「何となく見てみた」というスタートラインのことが多く、そこから実際にすっと転職する人、思いとどまる人と分かれます。


ぼくは転職活動を数回経験していて、その中で広く集めた情報を記事にしています。

本記事では、「別に絶対に転職したいというわけじゃないけど、ちょっと調べてみよう」というトーンの方に向け、ささっと情報を集められるような必要最低限の「転職のエッセンスを解説します。

記事のポイント

・転職をするということ(心の整理)
・転職業界の構造
・求人情報を集めるには

 

 

なお、「俺は絶対に転職する!」と心に決めている方は、転職活動の初めから、退職⇒入社までのフローを全部解説している以下の記事をご覧ください。

 

1.転職をするということ

転職をするということはどういうことか、一旦頭の整理をしておいて損はありません。


転職という行動を起こすことで、自分のビジネスライフが良くなるかもしれないし、悪くなるかもしれない。


「転職したら必ずいい人生を送れる」というわけではありません。

しかし、固定化されていた人生を変動に変え、リスクを取って、リターンを狙いに行くということですよね。

ちょっと投資にも似ていますでしょうか。


「その運用商品を買いますか?」

という自問自答をしてみて、「リスクよりリターンが大きそうだ」と思ったら「買いだ」と言うこと。

 

とはいえ、厳密には、転職するかしないかを今決める必要はありません。

求人や、自分の評価や需要を市場で見てみて、高い値がつきそうなら、いい職場に巡り合えそうなら、希望が叶いそうなら、転職オファーを受ければよいです。


そうでないなら、途中でやめればいいだけです。

見てみることに、時間と手間以外には何の損もないはずです。

 

 

2.転職は悩む


お悩みビジネスマン
転職すべきか、今の会社を続けるべきか、、


こういう決断は大きく人生を左右しますから、誰だって悩みます。

ぼく自身も「転職、ありかなあ…」なんてふわふわ悩んでいる状態が2~3年くらいあったかもしれません。

 


悩む理由をぼくなりに述べますと、「転職が得か損か分からない」からです。

得か損か分からないということは、転職によって得られるリターンと、転職で起こりうるリスクが、よく分からないからです。

 


どこまでいっても、転職のリスクリターンを正確に把握することは不可能です。

しかし情報を集めることで「何が起こりそうか、何を得られそうか」がだんだんと明瞭になってきます


転職は、新卒時と違い期限がありませんから、自分が納得して決断出来るレベルまで情報を集め続けることが可能です。


情報があれば、自分自信を納得させられますし、納得して「転職する必要はない!」と思えたとすれば、今の会社をもっと楽しむことにも繋がります。

Sponsored Link

 

 

3.最初にすべきこと

転職市場をちらっと覗いてみましょう。

まずは情報集めから始めるのが鉄則です。

 

お悩みビジネスマン
どんな会社があるのかなあ
どんな求人があって、どのくらいの給料なのかなあ。
ウケがいい資格やスキルって何なんだろう?

おおよそ知りたいのはこんな情報ですよね。

情報収集には、このサイトのように転職関連を扱っているサイトやブログだったり、または転職経験者の知人から話を聞くことも有効です。

 

しかし一番手っ取り早く、労力が少ないのは、何かしらの転職サービスを見てみることです。


転職サービスは

  • 転職エージェント
  • 転職情報サービス

の2つのカテゴリーに分類されます。ご存知でしょうか。

 

例えば、リクルートエージェントは転職エージェントです。

リクナビNEXTは転職情報サイトです。


転職エージェントは、ぼくらの転職をサポートしてくれる人達です。

他方、転職情報サイトは、エージェントとぼくたちのマッチングサイトです。

 


転職をはじめるときは、転職エージェントと繋がることが、最初の目的です。

よって

  • エージェントに直接連絡を取って、転職活動をはじめるもOK
  • 転職情報サイトで、よさそうなエージェントを色々と探してみるもOK


スマホが欲しい時に、Apple Storeに行ってピンポイントでiphoneを買うのが前者、ヤマダ電機に行って、色んなスマホを見てみるのが後者です。

 

ちなみに、個人的には両方の登録が好ましいと思っています。Apple Storeにも、ヤマダ電機にも両方行ってみましょう。


なぜなら、転職エージェントは世の中にごまんとあり、それぞれが得意分野や不得意分野がありますので、いくつかのエージェントの話を聞いてみて比較する必要があるからです。

 

なお、エージェントからいくらサポートしてもらっても、何社から話を聞いても、お金は一切かからないのが転職業界のいいところです。

 


ぼくが転職を実際にして思う、おすすめの先を厳選してご紹介します。

「おすすめの転職サイト10選」と並べてあるサイトもありますが、その10個の中で本当にどれがいいのかを解説するほうがいいですよね。

ぼくが数回の転職で実際に使って、良くなかった先は外していまして、良かったサービスのみを挙げさせていただいています。


ハイキャリアや年収が高い層、外資系の求人をお探しなら、

転職エージェント

のどちららか。この2つは、ハイキャリア転職で安定感のある会社です。

 

JACリクルートメントは、強気に「1,500万円の求人」を謳っています。

JACリクルートメントを見る リクルートエージェントを見る

 

 

また、上記以外にもエージェントと繋がりを持つために、マッチングサイトである転職情報サイトを見てみましょう。

ハイキャリアのサイトと言えば、


のどれかです。

個人的には、どれか一個で十分ですかね。


ここに登録すれば、エージェントからメッセージが来ますので、あとは良さそうなエージェントを数社選ぶだけです。

 

実は「年収600万円の転職」をハイキャリアとしているエージェントも存在していて、600万円はさすがにハイキャリアとは言えない(と思っている)ので、

その意味で、上記のJACリクルートメントあたりと見比べながら、変なエージェントを適切にスルーすることが大事です。

 

ビズリーチのみ有料で月5000円ほどかかります。なお、効果的にこのサイトを使う方法は別途解説しています。

ビズリーチの登録と使い方を解説。超効率的に活用するワザ

最小の課金で、最大の効果を享受するため、利用経験者の観点から解説しています。転職が今の会社にバレないための設定なんかも解説しています(大事です)。

ビズリーチを見る

 


キャリアカーバー(CAREERCARVER)は知名度が低いかもしれませんが、リクルート系のサービスでして、リクナビNEXTより、よりハイキャリアに注力している位置づけです。

逆にリクナビNEXTはやや広めのカバレッジですので、希望の業界ややりたいことがフワッとしている方は、リクナビNEXTが向いています。

この2つは、もちろん無料です。

リクナビNEXTを見る キャリアカーバー(CAREERCARVER)を見る

 

 

4.要注意の転職エージェント

転職活動は、転職サービスやエージェントと会えば簡単に、かつ費用なしで始められます。


ただ、変なエージェントはたくさん存在するのも、また事実です。

いいエージェント選びの方法を以下の記事で解説しています。

ダメな転職エージェントの見分け方!信頼できる担当を見つけるコツ

 

とくに、すぐに面接を受けさせようとしてくるエージェントもいますので、その場合は、流されず自分のタイミングで面接を申し込むようにしましょう。

 

よくあるのは

今週たまたまA社の人事の方とミーティングをするんですが、あなたのプロフィールをぜひA社の役員の方に紹介したいのですが

なんていう打診。

 

エージェントにも悪気はないのですが、ぼくらはその会社を本当に受けたいかどうか、そのタイミングは今なのか

「そうか、たまたまそんなこともあるのか、ラッキーだな」と思わず、こういうことはよくあることなので、冷静に考えてオファーしましょう。

そうじゃないと、いつのまにか行く気もない会社の選考にポンポンと行ってしまい、断りにくくなりますし、時間のムダですからね。

 

Sponsored Link

 

 

5.ハイキャリアの世界のエージェントは特別


個人的には、ハイステータス層のキャリアとかって、正直年収400万円とかしか経験したことがない人には分からない世界だと思うのです(言葉が悪くてすいません)。

残念ですが、彼らとは人生設計が違いますから。

 

よって、ハイキャリア転職であれば、そういった世界を少しでも自分がビジネスパーソンとして経験したことがある人が望ましいです。そうじゃない人とは、まず話が合いません。

 


その意味で、JACリクルートメントをおすすめしています。

彼らは、自分たちも金融や外資で働いた経験のある方が多く、実際にぼくの担当も外資コンサル経験者でした

やっぱり、会話が通じますし、話が早いですね。

JACリクルートメントを見る

 

6.転職活動を始めたら

上述の通り、転職のサービスに登録したり、エージェントに話を聞くことで、簡単に転職活動は始められます。

転職の流れは、転職エージェント選びにはじまり、企業との面接、それから給与や条件の交渉なんかもできます(やらないと損ですよ)。


オファーが決まっても、例えば家族の反対親の反対もあります。

今勤めている会社に退職を告げなければなりませんが、マナーもあります。いきなり退職届を突き付けるのはドラマだけです。

 

引き止めもありますし、それを乗り越えていい感じで円満退職するのは難しいものですよ。


さらには、有給休暇をどう取得するのかも考えてくべきです。せっかくなら一か月くらい休んで、海外旅行でもいかがでしょう?

こんなチャンスは一生に一度かもしれません。


こういった、細かくも大事な様々なイベントやハードルがあります。


以下の記事で、転職から退職、入社まで、全フローと気を付けることを解説しています。

 

転職は簡単ですが、事前に知っておけば有利なことも多いですから、ご参考にして頂ければ幸いです。

 

 


おわり

 

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-転職のノウハウ
-, ,

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.