転職のノウハウ

退職代行サービスを選ぶ基準は3つ!とくに非弁行為には注意すべし

投稿日:

流行りの退職代行サービスを使う時、数ある業者でどれを選べばいいかを解説します。

 

お悩みビジネスマン
「会社を辞めたいけど、きまずく言い出せない」
「辞めたいけど、パワハラ上司だから激怒されそうで…」

 

こういう方は、退職代行サービスを検討してみましょう。

日本にもすでに30社以上存在します。

 

ただし、

お悩みビジネスマン
「一体どこを選べばいいんだろう?」
「サービスの違いは?」
「どこまで何をやってくれるの?」


という疑問は湧いてきます。


一体どこに着目して、30社の中から選択したらいいでしょうか。


それはズバリ、以下3つです。

業者を選ぶ3つのポイント

  • 弁護士かどうか
  • 対応のスピード
  • 料金

 

詳しく解説していきます。

どうぞご覧ください。

 

急ぎで時間がない方は、


とにかく有名で実績のある退職代行をすぐに使いたい(24時間OK)!
SARABAEXIT


安いとこがいい!
⇒最安値19800円の退職代行.com


弁護士がやってくれる最も安心なサービスがいい
汐留パートナーズ法律事務所

 

 

1.退職代行とは


退職代行サービスとは、自分に代わって「会社辞めます」を伝えてくれるサービスです。


退職したい人が弁護士や業者に「退職したいと会社に伝えてもらえますか」と依頼します。

すると、業者は依頼人が現在勤務している会社に、本人に代わって退職の意向を伝えます

結果、依頼人は、会社側と話すことなく退職ができるんです。

転職者が年々増加している中で、この転職代行サービスの会社はすでに複数社存在します。


主なサービスを出してみます。

 

・SARABA
・辞めるんです
・EXIT
・ニコイチ
・汐留パートナーズ法律事務所
・退職代行.com
・スピード退職.com
・アンジュ

....




しかし、そもそも、

何で退職でそんなに揉めるの?

"辞めます"くらい自分で言えよ!

と疑問や批判の意見をお持ちの方も多いかもしれません。


退職ですでに悩んだ末、このページを見て下さっている方は、上記のような批判もあり、こういったサービスを使う"後ろめたさ"もあるかもしれません。


しかし、退職は本当に揉めま

バイトではないので、簡単ではありません。

 

 

2.退職は揉める

 

退職代行サービスは、上述したように、すでに世の中に30社以上も存在します。

これは、世間で相応の需要があるということですね。

 

今の日本では転職や退職はまだまだ一般的ではないので、すんなりと辞めにくいのが現状です。

 

ぼくも、転職活動で内定を取るより、「退職する」ほうが労力を要しました

 

2.1揉める実態

ぼく自身も転職の経験がありますが、退職の意向を伝え、それを了承してもらうために約3週間かかりました。

数時間、小さな会議室に入れられ、代わる代わる上席や部長クラスが激しく引き止めのために説得してきます。

心は折れかけます。

 

他には、非常に厳しくパワハラ気味の上司がいて、

お悩みビジネスマン
「辞めたい」なんて言ったら激怒されそうで言えない。。

とかいう方もいらっしゃるかもしれません。


会社や上司から猛烈に反発を受け、結局「辞めるという心がぽっきりと折れた」のでそのままずるずる続けてしまった友人もいます

(結局さらにボロボロになり一年後に辞めましたが)。

 

2.2揉める理由

ぼくらが「辞めたい」と言うのですから、すんなり辞められるだろうというのは甘いです。

会社側も、定年まで働いてもらうことを前提とした教育体制や、それなりのコストをかけています。

また急に辞められると、仕事が回らなくなってしまいます。

計画も崩れます。

 

そして、これが(個人的には)最大の理由だと思っているのですが、今の40歳、50歳以上の方々は、転職は悪だと思っている方が多いです。

 

最近の若者はすぐ辞めるとか言い出して、忍耐が足りんなあ」と批判的に感じているでしょう。

感情的に退職を認めたくないので、激しい反発をしてくるのが特徴です。


こういう文化や環境ですから、退職に対する引き止めや反対は激しいです。

これに直面して悩んでいる方は「続けるも地獄、辞めると言うもの地獄」という最悪の状況に陥っているでしょう。

 

 

3.退職代行サービスを選ぶ基準は3つ


上記のように、退職するということはそれなりにハードルがありますので、退職代行に対して世の中で一定の需要があることは頷けます。

そもそも、こんなサービスが生まれること自体、日本企業の古い文化が今の時代に合っていない証拠です。

 

もし利用にあたり、後ろめたさを感じている方がいればそれは会社や日本の古い文化に責任がありますから、堂々と使いましょう。

 

 

では本題。

数あるサービスの中で、何に着目して業者を選べばいいでしょうか

 

それは

業者を選ぶ3つのポイント

  • 非弁行為
  • スピード
  • 料金

 

の3つだと思います。

 

ちなみに、転職成功率は、だいたいどこも「100%」とか「ほぼ100%」と記載していて、大差ありません。

 

 

3.1.非弁行為に気を付ける

依頼する業者が「非弁行為に気をつけているか」がチェックポイントです。

 

非弁行為は禁止されています。

何を言っているかと言えば、凄く簡単にかみ砕くと「弁護士じゃない人が、金をもらって法律に関する仕事をやっちゃダメ!」ということです。

 

参考

「弁護士でない者は報酬を得る目的で法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない」(弁護士法72条抜粋)と法律で定められています。

 


よって、業者を選ぶ際は、

  • その業者に弁護士がいるか
  • いないなら、どこまでの範囲のサービスを(合法的に)やってくれるか

を注意しておくことが大事です。

 

 

別に、弁護士がいなくても、その業者が違法だとか、ダメだということではありません。

解説
弁護士じゃないと出来ないサービスがありますが、「そのサービスを自分が求めているのか」が大事です(下で説明します)。

 

加えて、弁護士がいない業者は「業者がやっちゃダメなところはやらない」ときちんと整理されているかどうかもチェックしておきましょう(下で説明します)。

 

3.2弁護士じゃないと出来ない事とは?


では弁護士がいない業者が出来ないサービスとは何でしょうか?


簡単に言えば

ポイント

弁護士がいない業者は

・伝言⇒OK
・交渉や書類作成⇒❌

と言われています。

 


出来ないことをもっと詳しく言いますと、

残業代や退職金の交渉や請求だったり、書類を代行して書いたり(退職票など)は出来ません。

また退職日の交渉を弁護士が代わりにすることもできないようです。

 

解説
あくまで、自分がどうするかの意思を、業者(弁護士なし)が代わりに伝えてくれると考えておきましょう。

 

弁護士がいない業者は、サイトに「非弁行為となるため会社(勤務先)との交渉はいたしません」と記載していたりします。

例えば、転職代行サービスで有名なSARABAEXITを見てみましょう。



SARABA HP
EXIT HP

 

このように、弁護士がいない業者は

「ここまでしかやりませんよ」

としっかりとサービスを区分けして、その範囲でサポートしてくれます。

 

特に弁護士や行政書士に監修を受けているような業者は、サービスを厳密に区分けしていると考えられますので安心感が高いです。

 

上のSARABAの図の下の方には、わざわざ

伝えるまでが精いっぱいです

と書かれていますね(笑)

 

 


ちなみに、少なくとも現在は線引きがあいまいでグレーゾーンが多いです。

明確に「退職代行サービスは非弁行為だ!」と言われているわけではなく、そういった判例もないと言われています。

弁護士の中でも、意見は分かれているようです。

 

 

3.3どこまでの範囲をやってもらいたいか

ご説明したように弁護士がいるといないで、やってもらえる範囲が変わります


別に弁護士がいないと、その業者がダメだとか、違法だというわけではないです(今のところは)。

要するに、自分がどの範囲までやってもらいたいかを考えて選びましょう

 

未払いの残業代の請求や、有給休暇を取得できるよう交渉して欲しいなどのニーズがあれば、弁護士がいる業者に頼ったほうがいいです。

その場合は汐留パートナーズ法律事務所といった弁護士事務所を選択すべきです。

 

とにかく"退職したい"が言いづらいんです」であれば、弁護士がいるサービスを選ぶ必要は薄いかもしれません。

その場合は、弁護士事務所ではないですが、実績や知名度の高い転職代行サービスのSARABAEXITを見てみましょう。

 

 

3.4スピードと利便性

もう一つ、サービスを選択する上で重要な着眼点として、対応のスピードが挙げられます。

 

例えば、あなたが身体を壊し、すぐにでも辞めたいケース。

即日対応してくれる業者がいれば心強いですよね。


超ブラック企業で、帰宅が深夜2時。

そんな方でも24時間対応してくれるサービスがあったら、便利です。

深夜に連絡をして、翌朝に退職の連絡をしてくれるほどのスピード感です。


電話のみならず、LINEでの相談を受け付けている業者も多いです。


一方で、弁護士や弁護士事務所などは、なかなか24時間、365日というわけにはいきません


またサービスのキャパシティに限界があり、「月に5人まで」と限定している業者もあったりしますので、そういうところは運が悪ければ翌月まで待たなければならないケースもあるでしょう。

 

 

3.5料金

お悩みビジネスマン
ぶっちゃけ一番気になるのは料金なんですが...

 

そうですよね、いくら親切で迅速、安心感があっても30万円と言われれば難しいでしょう。

 

まず料金相場です。

料金相場

退職代行サービスの料金相場は、おおよそ3万円~5万円ほど

 

どの業者も似たり寄ったりですが、法律事務所の場合はやや価格が高めに設定されているケースが多いですね。


法律事務所でなくても、提携している弁護士への相談を追加料金でやってくれる業者もあります。

 

では、以下に料金含め、サービスを比較します。

 

 

4.料金とサービスのまとめ


以下、主要で厳選した業者の一覧です。

 

 

"SARABA"は3万円ほどで、価格としてはリーズナブルです。

24時間対応しており、かつ「退職できなければ全額返金保証」があります。

行政書士が監修しており、法律面でも安心感がありますし、実績数は業界最多クラスです。

あくまで、弁護士しか出来ないサービスはやってもらえませんが、弁護士にこだわらなければ、価格面と実績面で、最もおすすめできるサービスと言えます。

ただし、最近は人気なので混んでいるとの口コミもあるようです。

 

 


"EXIT"は業界で知名度が最も高い業者の一つで、5万円ほど。

メディアにもよく取り上げられており、安心感はありますが、価格はやや高めでしょうか。

実績数も多いので、ノウハウは心配ないと思われます。

弁護士の監修を受けており、非弁行為サービスを受ける心配は低いと考えていいでしょう。
(あくまで、弁護士しか出来ないサービスはやってもらえません)

24時間対応です。

 

 

"辞めるんです"も、通常5万円のところ、キャンペーン中で3万円でやってくれますので、リーズナブルですね。

 


汐留パートナーズ法律事務所は弁護士がやってくれますので、やや割高で5万円ほど。

法律事務所がやっているサービスはほかにもありますが、汐留パートナーズ法律事務所は規模が大きく有名ですから、退職代行サービスの安心感としては最上級でしょう。

 


弁護士のサービスは、他にスピード退職.comもあります。

こちらは6万円ほど。

 

 

"アンジュ"は行政書士で、法律専門性に安心感があるにもかかわらず3万円と低価格。

行政書士であれば、弁護士のような交渉は出来ませんが、書類の作成をやってもらえます。

ただし、HPに実績があまり書かれておらずノウハウ面で不安はあります。

 


また「とにかく安いとこがいい!」と言う方には、"退職代行.com"が19,800円で業界最安値のようです。

弁護士と提携しており、追加費用はかかりますが、途中で弁護士が必要になってしまったケースでも対応できるので、一番お得かもしれません。

ただし、最大の欠点は「毎月5人まで」と制約がある点です。

 

Sponsored Link

 

 

 

5.本当に弁護士に頼む方がよい?


補足ですが、結局は弁護士に依頼すべきかどうかで悩む方も多いでしょう。

 

お悩みビジネスマン
結局は、弁護士に頼むか、そうじゃないか次第ですよね...

 


申し上げたように、退職代行サービスは「明らかに非弁行為」というわけではない状況で、グレーゾーンです。

つまりは「OKだ」という人もいれば、「ダメだ」という人もいるような状況です。

 

解説
では、弁護士に本当に依頼する必要があるかどうかを考えてみましょう。

 


弁護士以外は「伝言は出来ても、交渉は出来ない」が前提です。

よって、弁護士じゃない業者に頼んだ時に、考えられるリスクとしては

わざと企業から「明らかに弁護士じゃないとできない」ような交渉事に持ち込まれてしまう

でしょうか。

 

また、会社の顧問弁護士が出てきて「弁護士じゃないと話さない」とか言われ、退職が出来ないようなケースもあるかもしれません。


お悩みビジネスマン
自分の会社なら、こういうことはあり得るかもしれない…

と感じたら、弁護士がやっているサービスを使っておけば、もしもの時でも対応できます。

その場合は、上述した汐留パートナーズ法律事務所がいいでしょう。

 


ただ、そういうリスクがなければ、無理に費用を上げてまで弁護士を使わなくてもいいかもしれません。

その場合、まずは知名度の高いSARABA"とEXITを見てみましょう

心配であれば、「こういうケースは大丈夫ですか?」と事前に聞いてましょう。

 

 

6.おわりに

 

いかがでしたか。

今回は退職代行サービスを選択する上で、着眼点を解説させて頂きました。

 

退職は意外にも揉めます。

非常に大変ですし、そこに悩んでいる方が多いことは、とても理解できます。

 

どうしようもないなら、こういったサービスを使い、さっさと辞めてしまいましょう。

ご自身の人生を、意味のない仕事に浪費する必要はありません。

また、うまく退職が出来そうなら、転職のノウハウについても他の記事で解説していますので、ご覧ください。

 

 

おわり

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-転職のノウハウ
-

Copyright© 年収1000万円の人の情報サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.