転職のノウハウ

アクセンチュアへ転職したい人が登録すべき転職サービスを一つ選ぶとすれば?

更新日:

外資系のコンサルティングカンパニーであるアクセンチュアへ転職したい方が活用すべき転職サービスを紹介します。

 

お悩みビジネスマン
転職サービスってたくさんあってよく分かりません...

名前が似ていて混乱します...

結局どのサービスが一番いいのか教えて欲しいです!

との疑問にお答えします。

 

 

転職サービスは、本当にたくさんあってどれを使うべきか迷いますよね。

 

本記事では、「アクセンチュアに転職するとすれば」という条件限定で、どの転職サービスが良いかをご紹介します。

 

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.転職サービスとは

 

転職サービスは本当にたくさんあり、乱立が激しいです。

ぼく自身も転職活動を開始した時に、混乱しました。

正直、「よく分からんなあ...」という第一印象で、転職そのものを敬遠している人もたくさんいそうで、本当に勿体無いと思います。

 

 

どれを使うべきか考えるにあたり、まず最初のステップとして、転職業界の構造を知る事が大事です。

 

転職エージェント転職情報サイトの違いを抑えてください。

 

転職未経験者は、この2つの違いを分かっていないケースが多いですし、正直この2つを混同して書いているサイトも多いです。

 

 

1.1 転職エージェントとは?

 

転職エージェントとは、ぼくたち転職希望者に、企業を紹介してくれる存在です。

 

転職エージェントは、企業から「誰かいい人見つけて来てくれたら報酬を払いますよ」と依頼されています。

それで、転職エージェントはぼくらに「アクセンチュアを受けてみませんか?」と企業を紹介ししてくれます。

 

なおかつ、面接のサポートや内定、転職までの細々したことをアドバイス、サポートしてくれる存在です。

 

 

1.2 転職情報サイトとは

 

転職情報サイトとは、ビズリーチとかリクナビNEXTなどです。

主に、求人情報の検索や閲覧が出来ることと、転職エージェントとのマッチングが出来るというものです。

 

人が欲しい会社と、会社に紹介できるような候補者を探したい転職エージェントがたくさん登録しているサイトって感じです。

 

ぼくらはこれに登録することで、

「こんな会社で人を募集してるんだ〜」とか、「金融業界に詳しい転職エージェントかあ、頼りになりそうだなあ」とかを思いながら、

会社か転職エージェントのどちらかとマッチングすることを目指します

 

 

1.3 業界構造の俯瞰

 

業界構造自体は、以下のような感じになっています。

 

総合型は、「業界や年収層を問わず、いろいろ」という感じ。

 

特化型は「コンサル業界だけ」と言ったように、特定の業界に強みがあったり、「年収1,000万円以上の求人だけ!」のように、特定のステータスに特化しているサービスです。

 

 

 

 

2.アクセンチュアを目指すべき人が登録すべきもの

 

それでは、アクセンチュアが登録すべきサービスを一つ選びます。

 

それは、特化型の転職エージェントである「JACリクルートメント」です。

 

「アクセンチュアに転職したい」と決まっていれば、特に幅広く業界を見る必要がありませんので、「特化型」で十分ですし、特化型の方がメリットも大きいです(後述)。

 

また、ビズリーチなどの転職情報サイトは、前述した通り「会社や転職エージェントをいろいろと見てみる」にはいいんです。

でも、"アクセンチュア"というターゲットが明確に決まっている人には、その時間と手間は不要です。

 

 

 

3.なぜJACリクルートメントなのか

 

では、なぜぼくが「アクセンチュアを受けるならJACリクルートメント」だと思っているのかをご説明します。

 

 

JACリクルートメントは、ハイキャリアに特化しているとご紹介しましたね。

 

「コンサルに強いところがいいですよね」ということであれば、ムービンストラテジックキャリアなどのエージェントも存在します。

 

でもJACリクルートメントも十分すぎるほどコンサル業界には熟知しています。

なぜなら、JACリクルートメントは担当システムが独特なんです。

 

例えば、総合型のリクルートエージェントという転職エージェントは、一人の担当が金融もコンサルも含めて、広範囲から求人を紹介してくれます。

 

一方でJACリクルートメントは、一人の担当者につき、一社だと思ってください。

JACリクルートメントの「ゴールドマンサックスを担当している人」が、ぼくらにゴールドマンサックスだけを紹介して、転職をサポートしてくれます。

 

「アクセンチュアだけを担当している人」もいて、その人はアクセンチュアの紹介とサポートだけをしているんですね。

 

このシステムは「いろいろと会社見てみたいんですよね」という人には明らかに不向きです。

でも業界や会社がある程度決まっている人には、絶大なメリットがあります。

 

「アクセンチュアだけを担当している人」は、アクセンチュアの人事とだけ情報交換していればいいので、その会社にめちゃくちゃ詳しいです。

アクセンチュアの人事とも頻繁に会え、会話もできるので、パイプの太さが素晴らしいです。

 

 

それから、JACリクルートメントはハイキャリアに特化しているということも申し上げましたが、ハイキャリアなんて、業界は結構絞られてきます。

 

金融や外資、総合商社、それからコンサルはその代表格です。

この業界に弱くてハイキャリアは謳えないでしょう。

 

 

担当者も優秀です。

JACリクルートメントに在籍している人は、外コンで働いていた方々や投資銀行で活躍されていた方々です。

 

彼らは話も上手いですし、ツボを分かっています。

仕事も早いですね。

 

そもそも「ハイキャリア層」って、自分がその層に属したことがなければ一生キャリアのことなんて分からないと思います。

人生観が違いますので。

 

質の低いエージェントであれば、敬語もままならないような20代前半の男性が「年収上がりますよ!」なんて適当なことを言って、こちらの希望を聞かずに、すぐに複数社にエントリーシートを出させようとしてきます。

 

こういうところは、だいたい時間も守らないし、資料送付も遅いですね。

自分の人生を預ける気になりません。

 

JACリクルートメントへ登録する方は以下からどうぞ。

JACリクルートメントへの登録

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

4.まとめ

 

結論、自分の人生を一瞬ですが託すサービスを選ぶとすれば、アクセンチュアへの転職であれば、まずJACリクルートメントへの登録は必須だと思います。

 

あとは、合う合わないがありますから、何度か話してみて、使い続けるか試してみればいいだけです。

無料ですから、情報だけでも貰わないと損です

 

 

アクセンチュアへの転職は、もちろん転職エージェントの質も大事ですが、自分の能力のメンテナンスも重要です。

 

アクセンチュアの面接を受ける前までに、絶対読んでおきたい本を6冊厳選していますので、ご覧ください。

 

アクセンチュアに関する記事は、複数揃えておりますので、よければご覧ください。

アクセンチュアに関する当サイトの記事

 

 

おわり

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-転職のノウハウ
-, , , ,

Copyright© 年収1000万円の人の情報サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.