転職のノウハウ

円満退社はありえない?揉めずに退職する方法と、そのメリットとは?

投稿日:

できるなら、円満退社を目指すべきだと考えています。

本記事では、円満退社をするために気をつけたいこと、それから円満に退社するメリットを解説したいと思います。

 

お悩みビジネスマン
転職の場合、円満退社は難しいのですか?

円満に退社する必要ってあるのですか?

という疑問に対し、自分自身の経験から解説したいと思います。

 

 

ぼくは出来るなら円満退社したほうがいいと思っています。

 

ケンカ別れで済ますメリットは、交渉がラクなことくらいです。

逆に円満退社するメリットは多いと思っています

 

実際にぼくは転職にあたり、円満退社ができたと思っています。

 

 

本記事では、円満退社の方法と、そのメリットについて記載しております。

誰しもうまくいくわけではないと思いますが、ご参考いただければと思います。

 

 

1.「円満退社」するために特に気をつけたいこと

 

ここでは、円満退社するために、気をつけるべきポイントを述べています。

 
 

1.1 退職を適切に会社に伝える

 
 
退職する旨を、適切に会社に伝えることが、まず第一に重要です。
 
  • 誰に伝えるのか?
  • どういう順番で伝えるのか?
  • どこで、どのように伝えるのか?
  • 伝え方のマナーは?
 
ということを意識すべきです。
 
 
とても重要なことなので、以下の記事に別途まとめています。
 
 
 
また、ぼく自身は、円満退職はできたのですが、非常に元の会社と揉めたのも事実です。
 
伝え方に失敗すると、大変なことになりますので、その失敗例をまとめています。
 
 
 
 
 
 
 

1.2 今の会社での不満などマイナスのことを言わない

 
 

会社の文句を言って退職すると、円満退社は難しくなります。

もちろん会社を変わるわけですから、何か不満は少なからずあるでしょう。

 

 

それでも、会社を悪く言ってから去るのは、出来れば控えてください

悪く言われると、残る人々の気分を害しますし、当然にして円満退社からは遠のいてしまうと考えられます。

 


引き止め交渉の際にも触れていますが、マイナスなことや不満を言うと、例えば処遇アップや部署の配置換えなどで対応されるなど引き止めの材料にされてしまいます。

その観点からもやめておく方が無難です。

 


ただし、社内で強いパワハラがあったとか、セクハラがあったとか。

勤務時間に登録していないサービス残業が常態化しているとか。

 

そういう負の部分を明るみにすることで、残された人たちが喜ぶのであれば、言っていい不満もあります

 

Sponsored Link

 

 

 

1.3 残された仕事を精一杯やる

 

 

あなたが退職することは、会社としても損失には変わり有りません。

 

また、一時的にもかなりの迷惑をかけます。

上司やマネジメントは人繰りや仕事の分担、配置、予算などの計画を作っています。

これがあなたの予想外の退職により、多少は計画が狂うわけです。

 

あなたの退職が、他の人の仕事を増やす要因になるのです。

 

 

よって、せめて引継ぎや後始末は全力でやってください。(有給休暇を取るなと言っているわけではないです)

 

  • 後任への引継ぎ資料の作成や、指導。
  • 残した仕事の後始末。
  • あいさつ回り。

 

礼儀やマナーは社会人として重要です。

お世話になった会社や上司に対して、一時的にしても迷惑をかける分の、せめてもの償いです。

 

辞めるとは言っても、人間関係や礼儀を軽んじていては、どこへ行ってもまともな仕事はできないと思います。

外資でも日系でも、この点は変わりません。

 

 

1.4 静かに退職日を迎える

 

退職が決まり、社内的にも退職の承認がおりたら、転職先の会社を明かしても問題ないでしょう。

 


ただし転職のステップや、新しい会社に関することをあまりべらべらと社内で喋らないほうがいいと思います。

 

 

なぜなら会社や上司は「転職の共鳴者」が出るのを嫌がるからです。

あまり転職のことをおおっぴらに話してほしくないと思っているでしょう。

 

「退職で給料上がるんだ」とか「残業時間が減る」とか。

同僚が「俺も転職しようかなあ」と思ってしまいそうな事柄を、あまりおおっぴらに言わないほうがいいでしょう。

 

あくまで「迷惑かけてすいません」という、少し低姿勢なくらいで最終出社日まで過ごしましょう。

 

 

 

2.円満退社するメリット

 

次に、円満退社をすることのメリットを実体験を交えて解説します。

 

ぼくの退職のケースでは引き止め交渉は険しく過酷で長引きました。

伝え方を失敗したからですが、丁寧に説明した結果、何とか円満退社できました。

 

 

元の会社は転勤者に送別会は開催しても、退職者には送別会をしない習慣でした。

ところが、ぼくの場合はかなり大規模に送別会をしてもらったので、自分としては円満退社ができたものと思っています。

 

円満退社してよかったなあと思うことをお話します。

 

 

 

2.1 退職後も仕事上で繋がりがある

 

業界が違っても、意外に世界は狭いものです。

新しい会社でも、以前勤めていた会社の人たちと仕事上で接することが結構多いんですね。

 

業界が近いので、気軽に分からないことを元の会社の同僚に聞いたりできます。

 

ぼくの場合は、金融機関を退職してコンサルティング会社に転職した経験があります。

コンサルティング側として、金融機関が今何を求めているのか、何に注力しているのか、最近の旬な話題は何か、など、まさに「業界のコネ」を使いながら情報収集することができました。

 

ビジネスマンにとって、クライアントや業界の旬な課題がタイムリーに分かることほど、強いことはありません。

 

転職後の業界が近いのであれば、築き上げたリレーションをゼロにしてしまうなんて、すごくもったいないことです。

 

 

2.2 プライベートでも付き合いが残る

 

仕事上のみならず、プライベートでも付き合いが残ります。

お酒の付き合いや、土日に遊んだり、いい気分転換になります。

 

転職した後は、慣れないメンバーと慣れない仕事で、そこそこストレスが溜まります。

相談できる人も、すぐには出来ませんし、一人で抱え込んでしまうことがしばらく続きました。

そんな時に、プライベートで気晴らしに付き合ってくれるような人がたくさんいることは、とてもいい財産だなと感じました。

 

 

2.3 転職の相談を受けることがある

 

元の同僚や後輩から、転職の相談を受けることもあります。

転職は人生の一大イベントと言っても過言ではありませんし、誰しも不安でいっぱいですよね。

そんな不安に、自分の経験を踏まえてアドバイスができるわけです。

 

ぼくは別に転職エージェントでもないし、転職を無理に奨めるインセンティブは全くありません。

ただ、自分の経験を一つの材料に、彼らが選択をしてくれればいいと思っているだけですが、

大きな選択の中で「とても参考になった」と言ってくれることはとても嬉しいことです。

 

 

またこのサイトでは、ハイキャリアの人たちの転職やキャリア形成についてのインタビュー記事も書いています。

多くの記事を書かせて頂けているのも、こういう繋がりがあるからこそですね。

インタビュー記事一覧

 

 

3.まとめ

 

いかがでしたか。

 

今回は「円満退社」をキーワードに、その方法と、メリットを解説させていただきました。

 

退職は、「仲間から去る」という選択をするわけですので、どうしても迷惑がかかりますし、角も立ちます。

あなたの「退職」というのは、誰にとっても小さなことではないんですね。

 

 

だからこそ、適切に退職のフローを踏まなければ、関係がこじれてしまうでしょう。

「どうせ辞めるし、もう二度と会わないだろう」と思う人もいるかもしれません。

 

 

でもぼくは、会社が違っても付き合ってくれる人こそが、本当に大事な繋がりだと思います。

 

そういう人がたくさんいれば、かならずどこかで助けてくれると感じています。

 

出来ることなら、みなさんも円満退社を目指してみてくださいね。

 

 

おわり

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-転職のノウハウ
-,

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.