職場のお悩み

ニューヨークで現金が急に欲しい時の入手方法(チップとか)

更新日:

急にニューヨークで現金を引き出す必要があるときの対処法をご紹介します。

 

 

ニューヨークで何か買おうと思ったら、コンビニでもレストランでも、基本的には日本で使っているクレジットカードで購入できます

 

ただ、何かあった時のために最低限の現金は持っておきたいですよね。

 

お悩みビジネスマン
出張が決まったのが急すぎて、事前に円をドルに替えておく時間がなかった・・・

 

なんて時ありませんか?

 

安心してください。

ニューヨーク現地でも、簡単に現金をゲットすることができます

 

 

 

1.現金が必要なシーン

 

まず現金って、いつ必要でしょうか。

現金がいるシーンは決して多くはないんですけど、例えばホテルの清掃へのチップの支払いなどは現金を持っておく必要があります。

 

⬆︎このように朝ホテルの部屋を出る時は、チップ(1ドルくらい)を置いておくのがマナーです。

 

 

日本人にとってはこのチップ文化は馴染みがないですよね

ですが現地の人はこのチップが重要な収入源らしいんです。このチップがもらえる前提で時給が安くなっていることもあるそうです。

ホテルの部屋の清掃をしてくださる方にとっては、まさに死活問題なのでマナーとして払いましょうね。

 

 

ともかく、こういうホテルの清掃チップなどは、地味に現金が必要です。

特に出張で何日間か連泊滞在する際は、毎日1ドルずつ必要です。

 

ただ地味で少額なのです、意外に「あ、そういえば!!」と現金を持っていないことに寝る前に気づいたりします。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

2.ニューヨーク街中のATMを使おう

 

しかし、実はニューヨーク現地でも、街中で緊急でも現金をゲットすることができます。

以下の写真のようなATMが街中のいたるところに設置されています。

 

 

街中の道路脇に意外に普通にあって、日本で言えばタバコの自販機みたいな存在感で設置されています。

 

ATMが外に設置してあることは日本ではあまりないですよね。

だから一見それがATMだとは気付きにくく、かつ「これって使って本当に大丈夫なんだろうか」と不安になってしまいますが、一応は問題なしです。

 

こういう雑な感じもアメリカですよね。

 

 

 

 

3.ATMの使い方

 

使い方はいたって簡単です。

日本で使っているクレジットカードを用意しておきましょう。

これがあれば現金をゲットできます。

 

 

あなたのクレジットカードを入れてくれ」と言っていますので入れてみます。

入れると

 

僕は日本で使っているMasterCardのクレジットカードを使っています。

「Personal Identification Number を入力してくれ」と言っているので、そのクレジットカードの暗証番号を、(写真で緑に光っている)下のテンキーで入力してください。

 

 

次に「どの方法で現金を引き出すか」聞かれるので、ここでは「Credit Card」を選択してください。

 

 

「いくらの現金が欲しいか」を聞かれますので、必要な額を選択しましょう。

 

僕は最低限で良かったので20ドルにしました。

 

 

ここで注意は「手数料が2.50ドルかかること」です。

 

やや高いですが、緊急用なのでやむなしです。

ここで「No」を選択すれば、中止することが可能です。

 

 

 

「Yes」を選択すれば、下の「Cash Out」口から現金が出てきます。(写真では分かりにくいかもしれませんが、緑色に光っているテンキーの下です)

 

現金の引き出しはこれだけです。1分ですね。

 

 

 

4.まとめ

 

いかがでしたか。

ニューヨークはレストランやカフェ、お土産ショップなど、どこでも日本のクレジットカードが使えます(JCBは使えないところもあるかも?)。

 

基本的にはクレジットカードを持っていればOKです。

 

ただチップ支払いなど、地味に少額の現金が必要なので、そういう時は早朝でも夜でも、上記の方法で対処してください。

 

おわり

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-職場のお悩み

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.