キャリア

メガバンクから公務員への転職者へインタビュー(銀行で疲弊した人の道)

更新日:

メガバンクの仕事がきつく、公務員を目指す方は少なくありません。

どのように転職し、今どのような仕事に携わり、活躍は出来てるのでしょうか。今回は、メガバンクから公務員に転職した男性にインタビューしました。

 

お悩みビジネスマン
メガバンクから公務員への転職って、どう始めるんだろう?
メガバンク出身者は公務員で活躍できるのかな?
公務員の仕事や生活ってどんな感じなんだろう?

こう言った疑問に対し、その内容が分かるようなインタビュー記事にしています。

 

 

メガバンクの仕事、激務ですよね。

あまりの過酷な仕事に耐えきれず、辞めて公務員を目指す方は少なくないようです。

 

今回はメガバンクで身も心もボロボロになった後、関西で公務員に転職した男性にお話をお伺いしました。

 

 

メガバンクの壮絶な仕事や、公務員への転職の流れ、それから公務員でのご活躍の様子がよく分かります。

 

個人的には、「公務員とAIの関係」のお話が面白かったので、後半に掲載しています。

 


ぜひご覧ください。

 

参考

どうしても「仕事がしんどい」「つらい」という方の場合、公務員への転職は魅力的です。

公務員にもメリットデメリットありますが、やはり民間大企業のプレッシャーやストレスは酷いものがありますので、そこからの解放を目指すのであれば、ぜひ公務員への転職は真面目に検討してみてください

 

公務員と民間の仕事のきつさや、目標へのプレッシャーの違いなどを解説した記事がありますので、ぜひご覧ください。

仕事がつらく憂鬱で会社に行きたくない人がすぐに出来ること

 

 



 

 

転職の経緯について

 

Q.簡単に経歴をお願いします。

 

はい。

大阪大学をH22年に卒業して、メガバンクの三井住友銀行に総合職として入行しました。

関西の大学出身ということもあったのか、最初に配属された支店は大阪市内でした。


その支店で法人営業のポジションにつき、中小企業へ融資や運用の提案を3年ほどやりました。

その後難波の支店に異動になり、そこで2年ほど同じ法人営業を続けました。

 


難波の支店で働いている時でしたが、とある関西の県庁の経験者採用試験を受験し、合格したんです。


それで三井住友銀行を退職し、社会人6年目になった4月に、関西の県庁で働き始めました。

もう4年ほど働いていますかね。

県庁内ですでに2回の異動を経験しており、現在に至ります。

 

 

Q.メガバンクでの仕事はどうでしたか?

 

一言で言うと、激務すぎました

 

終業は20時くらいだったので、勤務時間が特別長かったわけではないんですが、融資や投資信託、粗利益の目標に対するプレッシャーが激務の一番の原因ですね。


メガバンク全てがそうか分かりませんが、ぼくのいた三井住友は社内に体育会系の人が特に多かったです。

三菱やみずほの友人に聞いても、三井住友はかなりガツガツし、威圧的な人が多い社風のようでした。

 


威圧的な上司からのプレッシャーがすごいんです。

毎週、実績が出来ていないと、ライン課長に激詰めされます(詰められる=凄く怒られる)。


限界まで詰められるので、その恐怖とプレッシャーで数字は何とか積みあがっていくのですが、半年経つと期が代わり、また新しい目標が降ってきて、毎日怒られながら少しずつ積み上げていく。

延々と、この繰り返しです。

 

 

少しでも遅れている項目があると、もうやばいです。

支店の点数に響くようなミスをすれば、支店で晒し者になります。

あたかも「俺は犯罪でも犯したのか」というような扱いを受けます。

 


激しく怒られるって不思議なものなんです。

自分はほぼ一言も喋ってないし、ただ立っているだけじゃないですか。

でも30分とか怒られていると、フルマラソンでも走ったかのように歩くこともままならないような疲労感なんですよ。

 

 

プレッシャーがきつすぎて、週末ですら気持ちが晴れないんです。

土曜日の夜から早くも憂鬱な気分になるほどでした。

日曜日になると「明日になったら、また会社か・・・」と一日中最悪な気分で過ごすんです。

 

支店に隕石が落ちてきて、全部消えてなくならないかな、なんてことを毎日考えていました。

 

 


成績が良ければ本部部署に行ったり、海外赴任が出来る人もいますが、そういった機会に恵まれる総合職はごく一部です。

 

こういうポジションに異動できれば、メガバンクらしいダイナミックな仕事もできるのでしょうけど、支店の営業がやっていることは、意外に地銀と変わりません


次第に、メガバンクで活躍してグローバルで大きな仕事をしたいという気持ちは、心と体力の疲弊とともに消えていきました。

 

 

Q.どうしてメガバンクから公務員に転職を?

 

最初の関西の支店で法人営業のポジションにつき、融資や運用の提案を3年ほどやりました。

先ほど申し上げたように営業が辛くて辞めたいと思う毎日でしたが、何故かさらに大きくて厳しい難波の支店に異動になったんです。


そこでも2年ほど法人営業を何とか続けたんですけど、毎日めまいがするようになりました。

体力的にも精神的にも続けることが難しくなり、クになりたい一心で公務員を受けてみたんです。

 

 

すると、とある関西の県庁にたまたま合格することができました。

 

メガバンクでの仕事で、正直本当に疲れ切っていたので、合格通知が来た瞬間、すぐに転職を決意できましたね。

 

人生でこれまで感じたことのない、最高に素晴らしい解放感でした。


合格通知は2月にもらい、その年の4月1日からすぐに県庁で働き始めました。

 

 

Q.どうやって転職活動を進めたのですか?

 

県庁には、経験者採用枠で応募して合格しました。

多くの市役所や県庁では、経験者採用枠は社会人経験が5年くらいあれば応募できます

 


最初はリクナビNEXTみたいな転職サイトを見たりしていました。

 

リクナビNEXTは、官公庁などの中途採用情報が掲載されていましたし、当初はこういうところもありかなと思ってはいました。

 


ただ、心身ともに余裕がなくなっていくにつれ、関西ですぐに受けれるような県庁や市役所を目指すことにしました。

 

もっと詳しく対策をしたいと思ったので、ネットで見つけたLECに資料請求したのが、具体的な転職活動の始まりだった記憶です。

 

LECでは、どんな応募があるか、どんな試験があるか丁寧に相談に乗ってくれたので、とても助かりました。

資料請求など⬇︎

 

 

 

公務員の試験

 

Q.どんな試験を受け、どうやって対策をしたのですか?

 

役所によって違いますけど、ぼくの県庁だと経験者採用のテストは、グループ面接と論文でした。

どういう試験が出るのか、どういう対策が必要なのかをLECで調べました。

 


毎日の仕事で疲れ切っており、ほとんどマトモな対策も出来ませんでしたが、それでも運よく合格することが出来ました。

今思えば、LECの情報はとても助かりましたね。

 

Sponsored Link

 

 

Q.公務員の面接では、どんな人が好まれますか?

 

民間から社会人経験者採用ということなので、あまり公務員ぽくなさそうな人を求めているんじゃないかなと感じます。


例えばグループディスカッションでは、公務員ぽい協調性や、良く言われるリーダーシップが重要そうに思えるんですけど、ぼくは思いっきり輪を乱しました。笑

 

リーダー役の人が、進行がめちゃくちゃだったんです。

時間がないのに余計な議論ばかりを一人で話すんで、全然議論がまとまらず、「やばい、このままでは全員落ちる」と思い、ぼくが注意したんです。

 

今から思えば、ある意味公務員ぽくない動きだったと思いますが、逆にそれが評価されたらしいんです。

 

 

ぼくの県庁の配点は、600点中、面接400点、小論文200点という構成だったので、面接が合否を左右するんです。

経験者採用がどんなカラーの人を欲しているのか、見極めが重要ですね。

 


ちなみに、メガバンクなど大企業出身者はある程度有利だと思いました。

ぼくの年の中途での入庁者は5人くらいなんですけど、試験の点数としては、ぼくはぶっちぎりの一位でした。

2位や3位と実は100点くらい差がついていたようなんです。


面接の配点が一番大きいことを考えると、やはり民間の大企業は非常に印象がよく、好まれるのかなと感じました。

 

 

 

公務員の仕事

 

Q.現在県庁でどんな仕事をされているのですか?

 

現在は総務にいて、本庁の予算や財務を扱う部署に在籍しています。


公務員は銀行と同じように2~3年で異動があるんです。異動は県庁の中の部署だったり、出先機関に行ったりします。


ぼくは出先機関の経験はなく、入庁以来ずっと本庁で働いています。

以前は税金のことを扱ったり、障害者や福祉のことを扱ったりしていました。

 

 

Q.今の職場は働きやすいですか?

 

働きやすいですよ。

働きやすいとか激務って、色んな解釈があると思いますけど、例えば勤務時間だったら、県庁のほうが長いかもしれません。

夜は9時や10時まで働くこともありますし、土日も出勤することはあります

 


メガバンク時代は土日出勤はなかったんですけど、もし来いって言われたら、精神が崩壊していたかもしれません。

 

でも、不思議と公務員の土日出勤は耐えられます。


ぼくにとっての激務は、ノルマに対する精神的なプレッシャーだったんだと思います。

今の職場は、理不尽に怒られることもないし、過度なプレッシャーはありません。

勤務時間は長いですが、働きやすいなと感じています。

 

 

 

Q.金融関係出身者はどのくらいいますか?

 

全体像は分からないのですが、銀行や証券から転職してくる人は少なくないですね。

地銀や信金の方もいますし、たまにぼくのようなメガバンク出身の人もいます。

税金とかを扱うような部署など、銀行の仕事に親和性がある部署が多いからでしょうか。

 

 

 

Q.メガバンク出身者は活躍できますか?

 

メガバンク出身者は活躍できると思います。

 

良くも悪くもメガバンクで鍛えられているということは評価されますし、結構役に立ちます

これは、匿名でお願いしたいですが(笑)、正直「仕事が出来る」という観点で、周りにはほとんど敵はいないと感じているほどです。


公務員はコミュニケーションが下手な人も多いですし、業務を早くやろうとか、改善していこうとか、自分から取りまとめようとかいうマインドの人は本当に少ないと思いますね...

 

自分から動く人がいないので、少しでも主体的に動ければ、評価はされやすいです。

 


先ほど、異動で出先機関にいくこともあると申し上げましたが、悪い言い方をすれば、「あまりデキない人」は出先機関にいくケースが多いんです。

 


ぼくは一度も出先機関に行ったことはありませんし、現在配属されている総務部署も、公務員の中では花形です。

上司からも凄く評価してもらっているのを実感しています。

 


メガバンクを辞めてから、全てが上手くいくようになったんですけど、皮肉なことに、それはメガバンクの過酷な経験があってこそなのかもしれません。

 

 

 

公務員の生活


Q.公務員の給料はどうですか?

 

メガバンクから転職するなら、給料は落ちますよ。

特に支店長代理とか、そういう役職に上がった後だと、半分近くになるんじゃないでしょうかね?

ぼくはメガバンクに5年しかいなかったので昇格前でしたけど、それでも公務員転職後はまあまあ下がりました。

 

また、メガバンク時代って、一年ごとに月給が3万円とか4万円とか上がってたような記憶ですけど、役所の給料は想像以上に上がっていきません

一年間頑張っても、月給は数千円上がるくらいです。

 

Sponsored Link

 

 

 

Q.副業はできるのですか?

 

公務員は副業もダメです。

原則禁止なんですけど、でも唯一不動産収入を得ることは大丈夫です。

 

 

Q.社宅はあるのですか?

 

宿舎という、民間でいうところの社宅もあります。

 

かなり安いですよ。中には数千円なんて社宅も。


年収換算すれば、結構な年収分をカバーしていると思います。

 

 

 

 

 

公務員の将来とAI技術について


Q.公務員の仕事のやりがいを教えてください

 

公務員は、正直メガバンクがきつくて、もっと楽な仕事を探してたどり着いた職場です。

なのでもともと、「地域のために」とか、やりがいを求めて、とかいうマインドではありませんでした

 

でも、数年やってみると、意外にも公務員の仕事にやりがいを感じるようになっています。

民間がやらないけど、社会としてやるべき仕事というものはたくさんあるんです。

 

メガバンク時代は銀行本位の収益を追い求める生活でした。

でも公務員の仕事は、自分には得はないけど、世の中の誰かは必要としているような仕事です。

やっていて、罪悪感がないというか。

 

こういう仕事をやりあげたとき、気持ちもすっきりしますね。

達成感ってこういう感じなんだなって、銀行時代に感じたことがあまりなかったような感覚があります。

 

 

ただし部署によるので、気を付けましょう。

例えば失業保険とか、生活保護といったジャンルは、悪く言えば社会の負の部分に毎日触れることになります。

自分の気持ちも滅入ってくるといった声もあります。

 

 

Q.公務員の長所を教えてください


公務員の仕事には、将来性もあると思っています。

というのも、公務員の仕事はAIに代替されにくい仕事だとも言われています。

 

民間だと、例えば自動車を作る工場を建てるプロジェクトがあるとします。

その自動車の価格や、どのくらい売れるかの販売予測、工場の建設費や人件費、その他コストなどを総合的に鑑みて検証します。

検証や仕事を進めていくステップで、「利益額を最大化する」という明確な目的がありますよね。

 


ところが公務員は、営利という目的・観点がありません

では何が目的か、と問われても、難しい。

仕事の目的や観点が曖昧なんです。

 


例えば僕は、脳性麻痺という病気を持った患者を診る専門の病院を作るべきかどうかというプロジェクトを進めています。


その観点は、患者数がどのくらいいて、どのくらい専門医がいて、いくら儲かるかということのみで判断できません。

仮に患者数が少なくても、例えば人道的に作るべきである、という観点が判断軸に必要になります。

「こういう人をサポートできる仕組みが必要」といった世論も影響します。

 


また、脳性麻痺とは何なのかの定義や、曖昧な病状の患者の判定をどうするかといったルールメイクにも携わることになります。

これは、儲かるとか儲からないとかという「営利の軸」では判断できないんです。

 


民間は、ざっくりと言ってしまえば、法律や条例というルールの中で、収益を最大化することが求められますよね。

条件と目的が決められているので、AIでも「こうするべき」という答えは出してくれるでしょう。

 


ところが、公務員は人道的な側面、文化的な側面、宗教や、世論、議員や政治家との関係などから、微妙な調整をする必要があります

ルールを作る仕事でもあり、また目的も定義次第なので曖昧なんです。

 

それはある意味、理論的な仕事ではないのですが、逆に言えばAIでは判断できないんです。


公務員の仕事は、曖昧だからこそAIに代替されにくい、ということです。

 

 

 

キャリアを振り返って

 

Q.ご自身のキャリアを振り返って、一言お願いします

 

メガバンクは社会的にもステータスが高い方でしょう。

ぼくはそれなりにいい大学で教育を受けましたし、メガバンクに内定をもらった時は家族や親戚もとても喜んでくれました。

友人にも引け目を感じない超優良企業で働けていることに、プライドも感じていました

 


そんなぼくが身体を壊しかけて、そういう親の期待や自身のプライドを捨ててメガバンクを退職したわけです。

でも公務員になって働いていて、惨めな思いとか、両親の期待を裏切った罪悪感とか、意外に一切ないんです。

 


それどころか、意外に周りの反応もあっさりしていたことに驚きました。

両親も退職を残念がるようなことはなかったですし、銀行時代の友人とも今でも仲良くしています。

 


周囲から羨まれているとか、期待されているとか、社会的にステータスがあって輝いているとかって、実は自分が勝手に思っていただけなんじゃないかって。

ただ自分がイメージで作り上げた世界だったのかもしれないです。

 

 

その意味で、自分が今県庁の中で活躍していることも、実は自分が思っているだけのバーチャルな世界なのかもしれません。

でも、それでもその世界が、自分にとって本当に心地いいかということが最も大事なんだと思います。

 


ぼくは辞めてよかったと本心で思っていますし、特に後悔も、惨めな思いも感じていません。

 

 

それに、メガバンクの経験が人生において無駄だったとも思いません

今の仕事で活躍できる(と思っている)のも、その時の経験からですしね。

 

遠回りとか、脱落とか、キャリアにそういう概念って本当はなくて、経験全部が役に立つって思います

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

今回はメガバンクから公務員へ転職した方のお話をお伺いしました。

 

メガバンクの仕事は非常に激務です。

どうしてもついていけなかったり、その文化やスタイルに合わない人は大勢います。

合わない会社に、身を削って付き合う必要はないかもしれません。

 

 

そういう人は、彼のように転職を考えてみてはいかがでしょうか。


転職はゼロクリアではありません

転職すると、積み上げてきたスキルや経験がムダになるというイメージを持っている方も多いですよね。


でも、彼が言っているように、経験したことでムダなものは一つもないんだと思います。

 

今回のケースのように、メガバンクで鍛えられた経験が、公務員で活きており、非常に活躍されている方もいるということが分かりますよね。

 

 

 

もし転職や公務員にご興味が湧いた方は、第一歩として情報を集めることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 


公務員の仕事はリクナビNEXTといった転職サイトで探せます。

 

また試験のことについてはLECなどで資料請求するとよかったようです。

 

身体や精神を壊してまで、合わない仕事をする必要はありません。

皆さんのキャリアが良いものになるよう応援しています。

 

おわり

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-キャリア
-, , , , ,

Copyright© 年収1000万円の人の情報サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.