お金と投資

ロボアドバイザー投資は必ず儲かる?一番人気のサービスは?

更新日:

自分で自分の資産を運用する時代”って言われるけど、どう運用したらいいか分からない方も多いですよね。

 

運用といえば、野村証券や大和証券などでの株式や投資信託が一番イメージしやすいでしょうか。

 

 

実はここ1〜2年、ロボアドバイザーでの運用が注目を浴びています。

 

ロボアドバイザーという単語を聞いたことがある方も多いかもしれませんが、

お悩みビジネスマン
ロボアドバイザーってそもそも何?

ロボアドバイザーの何がいいの?

どのサービスが一番いい?

という状態の方が多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、ロボアドバイザー入門として

解説
・ロボアドバイザーとは

・ロボアドバイザー市場規模

・注目のサービス

をご紹介します。

 

 

 

 

 

Sponsored Link

ロボアドバイザーを知ろう

 

1.ロボアドバイザーとは

 

まずはロボアドバイザーのサービスの種類を整理しておきましょう。

実はロボアドバイザーには2種類のタイプがあります。

 

  1. サポート型(アドバイス型)
  2. 投資一任型

 

ロボアドバイザーは、その名前から推測できる通り、ロボットがぼく達の代わりに投資に関わることを色々とやってくれるんですが、この2つのタイプは「どこまでを任せるか」が違うんです。

 

1.1 サポート型

サポート型のロボアドバイザーがやってくれる範囲は「投資方針をアドバイスする」ことのみになります。

 

簡単な質問に答えると、ロボアドバイザーがぼく達に合った投資方針や投資銘柄を教えてくれるんです。

 

アドバイスだけなので、手数料は無料です。

主なサービスは

  1. 松井証券の「投資工房」
  2. SBI証券の「SBIファンドロボ」
  3. 野村證券の「野村のゴールベース」

ですね。

 

 

1.2 投資一任型

投資一任型とは、アドバイスのみならず、運用銘柄の買い付け、資産配分のリバランスを自動で行ってくれます

まさに「ほったらかし」で、ロボットが自動で運用をやってくれるのです。

 

「投資一任型契約」を結ぶ形態をとりますので、手数料がかかります

 

 

以下は、主に投資一任型のロボアドバイザーに絞り話を進めていきます。

 

 

2.ロボアドバイザーの何がいいのか

 

まさに投資一任型が、皆さんがイメージされているロボアドバイザーでしょう。

簡単な質問に答えるだけで、投資方針や投資銘柄の選定、実際の運用を自動で行ってくれます

 

運用ポートフォリオを一度作った後も、世界情勢は毎日めまぐるしく変化します。

今日のポートフォリオが、明日も最適なポートフォリオだとは限りません。

 

そこでロボアドバイザーは「リバランス」と言って、投資資産配分を自動で見直してくれるのです。

 

人の手では、相場の変動に応じて常にポートフォリオを入れ替えるのは非常に手間がかかります。

 

しかしロボアドバイザーはAI技術によって、その時の相場環境で適切と考えられる商品へ組み替えてくれる点が非常に強力です。

 

 

 

3.ロボアドバイザー(投資一任型)サービス一覧

 

お悩みビジネスマン
日本で利用できるサービスは何があるの?

一番人気のあるサービスは?

 

やっぱりこれが一番気になりますよね。

 

 

 

3位THEO

 

 

運用額で順位をつけています。

運用額が大きいってことは、多くの方に選ばれているということとほぼ同じですよね。

 

2018年12月末基準では、日本のロボアドバイザー市場の構成は以下のようになっています。 

投資顧問業協会 統計資料より作成

約6割をウェルスナビが占めていますね。

 

その次が楽天証券の楽ラップ。

3位がTHEO、4位がマネックスのマネラップという構成ですね。

 

 

ウェルスナビは最初の投資金額が10万円からで、その後は1万円ずつの積み立てが可能です。

 

THEOは初回も1万円から始めることができるので、入り口のハードルは低いのではないでしょうか。

 

THEOに興味があり、かつドコモユーザーであれば、dポイント連携が非常に便利なので、以下覗いてみてください。

 

ドコモユーザー以外の方は、こちらです⬇︎

THEO(テオ) ロボアドバイザー

 

ちなみに手数料は、どの会社も運用資産の約1%(年)であり、ほぼ差はありません。

 

Sponsored Link

 

 

 

4.日本のロボアドバイザー市場の拡大

 

実はロボアドバイザー市場が拡大したのは、ほんの3年くらいです。

まだまだ始まったばかりですね。

 

以下のグラフは、日本のロボアドバイザー市場の額の推移を示しています。

投資顧問業協会 統計資料より作成

2016年6月にほとんどゼロだった運用額は、2018年12月は2000億円近くまで拡大していますね。

 まさに右肩上がりの急拡大です。

 

 

しかし拡大していると言っても、まだまだ規模は小さいです。

 

日本は大手4社で2000億円規模ですが、

例えば、アメリカでは最大手のVanguard Personal Advisor Servicesの1社だけで約12兆3000億円(1ドル110円換算)規模となっており、日本は圧倒的に出遅れていますね。

 

 

余談ですが、ここ1年ほどは、プロのトレーダーが相場を見誤ることが増えてきているようです。

変動に備えてヘッジをかけたつもりでも、それがヘッジにならないような相場の動きになるんです。

 

この要因は、AIでの運用が増えてきたからだと言われています。

これまで人間しかいなかったトレーディングの世界で、AI運用額が急速に拡大してきており、かつアルゴリズムも急速に進化しているからです。

 

 

5.投資方針を決めよう

 

ロボアドバイザーを使うと言っても、べてがロボットにお任せではありません

お悩みビジネスマン
「ロボットが全部やってくれるし、ロボットだから必ず儲かるんでしょ?」

と思っている方がたまにいるんですが、それは違います。

 

 

解説

ロボットがやるメリットは、人の手を介さないので

  1. スピードが早い
  2. 手数料が安い

いうことがポイントです。

 

しかしロボットでも人間でも相場は完全には読めないんです。

必ず儲かるというイメージは捨てましょう。

 

その意味で、ぼく達が自分で運用方針をしっかりと立てることが大事なんです。

 

ロボアドバイザーはぼく達に質問をして、それに応じてポートフォリオを組んでくれます。

 

ロボアドバイザーからの質問は

  1. 投資経験
  2. リスク許容度
  3. 投資の期間

でしょう。

 

5.1 投資経験

 

まず、投資経験は、ぼく達のこれまでの投資経験です。

株や投資信託をされた方もいらっしゃるでしょう。外貨預金でも、為替リスクを取っているという点で、立派な運用です。

 

5.2 リスク許容度

 

次にリスク許容度です。

これがぼく達が決めなければならない一番大事なポイントです。

 

投資は必ず儲かるものではありません。

それはロボットがやっても同じです。

 

よって、ぼく達は「どれだけリスクを取って、どれだけのリターンを目指すか」という方針を決めなければならないんです。

 

投資の世界に「低リスク、ハイリターン」はありません。

よって、

解説
「得たい収益のために、どれだけ損失を受ける覚悟があるか」をロボアドバイザーに事前に伝えておく必要があります。

 

ハイリスクハイリターンであれば

ロボット1年で15%増やすよう頑張る!でももしかしたら10%損するかもだけど、そうなったらごめん!

と言った感じです。

主に外国の株式や、エマージングと呼ばれる新興国の通貨などがポートフォリオに組み込まれます。

 

低リスク低リターンであれば

ロボットあまり儲からないかもしれんけど、でもマイナスになる可能性は低いので安心してね!

という感じです。

格付のいい国の国債だったり、債券が組み込まれる傾向があります。

 

 

5.3 投資の期間

 

どれだけのスパンで運用を考えているかも大事なポイントです。

「3年で2倍にしたい」はなかなか無理な方針ですが、「10年で2倍」なら可能です。

 

またハイリスクハイリターンな運用方針でも、期間が長ければリスクは低減することが知られています。

 

1年や3年くらいのスパンで見れば下がることがあっても、10年や20年の長期スパンでは、比較的儲かることが多いとされています。

 

景気は短期間だけ見れば上下がありますが、過去から見ても世界の経済規模は拡大し続けていますからね。

 

金融庁も、「運用は中長期目線で顧客に行わせるように!」と国内金融機関に要請しています

 

6.まとめ

 

いかがでしたか。

一番選ばれているロボアドバイザーのサービスは

ウェルスナビ

でしたね。

 

ただし、「ロボアドバイザーはロボットだから必ず儲かる」は間違った認識です。

自分自身でしっかりとした投資方針を立てることがカギです。

 

これまでのような従来型の野村證券での運用でも、こう言ったロボアドバイザーでの運用でも、投資をすることと、方針を決めることは、ぼく達自身の決定です。

損をしても、誰も責任は取ってくれないんです。

 

自分のリスク許容度と、欲しいリターン、将来設計を踏まえて、適切な投資をしたいですね。

 

参考になれば幸いです。

 

おわり

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

-お金と投資
-

Copyright© 年収1000万円の人の情報サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.