職場のお悩み

仕事に行きたくない人、必見!会社が憂鬱である4つの理由と解決法

更新日:

「仕事に行きたくない...」

こう思っている方は、要注意です。場合によっては、心身が壊れてしまうレベルまで無理をし続けてしまうケースもあるからです。

行きたくない理由を4種類に分け、その対処法をご紹介します。

 

 

お悩みビジネスマン
「仕事に行きたくない...」

今、もしこのように思っているなら、その思いは日に日に増していきますから、そう思う原因をしっかりと特定することが大事です。

 

 

「仕事に行きたくない」と思う要因は大きく分けて4つあります。

「人間関係」か「仕事自体」、「健康」、「職場への距離」のいずれかに問題アリなんです。

それぞれの理由にあった対処方法を見ていきましょう。

 

 

 

行きたくない4つの理由と対処法とは

 

1.人間関係

会社に行きたくない理由で圧倒的に多いのが、実は人間関係なんです。

仕事がつまらなくても、もし人間関係が良好なら退職する率は非常に低いことで知られています。

逆に、人間関係に問題があるパターンだと心身への影響は深刻です。

 

①苦手な人がいる

社内に苦手な人が近くにいるだけで、仕事に行きたくなくなりますよね。


どうしても話のリズムが合わない人、いませんか。そりが合わない人、話しづらい人、

こういう人は、どこの職場でも必ず1人くらいは存在するものです。

そういった人と仕事でどうしても関わらなければならない時は、気持ちが重くなりますよね。


そういう人は、だいたいのケースは相手も同じことを思っています

「なんだか合わない人なんだよなあ」とあなたが思っていたら、向こうも「苦手だ」と思っているはずです。


世の中全ての人とそりが合うことはないのですから、こういうケースは無理に仲良くしたり、話そうとしなくてもいいです。

「うまく話そう」と思うからしんどいのであって、あきらめると実はたいした害がないことに気づきます

いい人になろうとせず、適度な距離感を保つ方針がよいでしょう。

 

②厳しい上司

職場で最もつらいのが、厳しい先輩や上司です。
「パワハラ」というワードが社会問題化していることからも分かる通り、多くの人が悩んでいます。

 

お悩みビジネスマン
上司がいつもイライラしていて、ガミガミと怒られてしまうんです...
何をしても先輩から怒鳴られてしまうのが辛い...

 

中には「死ねよ」とか「もう来なくていい」とか

「辞めちまえよ」といった暴言で罵ってくるケースも。

 

また大きな声を上げて怒鳴ったりせずとも、嫌味を言う上司もいます。こういうスタイルも十分にパワハラですよね。


こういったパワハラへの対処は、自分の気持ちの切り替えなどではなかなか改善するものではありません。

耐えても耐えても、そのうち限界が来てしまう

 

もし自分、または上司が転勤をする可能性が低い場合は、その苦しみは半永久的に続きます。

しかし、そんな状態に自分の人生を浪費するのはもったいないのではないでしょうか。

嫌な職場に、僕たちの貴重な時間、人生を使って行く価値なんて、これっぽっちもないというのがぼくの考えです。

転職を考えた方がいいでしょう。

 

転職というのは、新卒と違って、いつやってもいいわけです。

よって、じっくりと会社を見ることも可能ですし、もちろん、その会社の人が自分に合うかどうかもチェック可能です。

 

 

③なじめない

例えば転勤や転職をし、「なかなか馴染めない」という声も聞かれます。

特に配属されたばかりの頃は、周囲との接し方が分からず、思った以上に悩んでしまうケースもあるでしょう。

 

こういう時「文化が合わない」とか「コミュニケーションが苦手な人たちだなあ」と諦めてしまっていませんか。


初めは間合いの取り方が分からないのは仕方がありません。「接しにくい」と周囲の人も思っています。

 

ただし、実はこれは一時的なものです。多くの場合は時間が経過すれば解消します。

 

実は馴染めていないのは理由があります。

解説
馴染めていないのは
■周りがあなたの事を知らないから
■あなたが周りのことを知らないから

 

この2つが同時に起こっているからだというのが僕の認識です。

 

時間が経つと、これが解消されるので、馴染んでいくんですね。

 

よって、早く馴染もうと思えば、

  • あなたを知ってもらうこと
  • 周りをよく知ろうとすること

です。


「合わないなあ」と思ってしまうと、この意識が消えてしまうんです。

 

ですから、簡単に「文化が違う」と切り捨てずに、よくコミュニケーションをとることが大事です。

 

 

2.仕事

 

人間関係の次に「仕事に行きたくない」と思ってしまう原因が、まさに「仕事そのもの」です。

 

①ノルマがつらい

「仕事に行きたくない」と感じる多くの要因が、ノルマです

 

半分は前章の「厳しい上司」が要因となっているケースもあるでしょう。

ただ、上司があなたに厳しく怒るのは、このノルマが原因であることが多いのではないでしょうか。

 

営利企業の営業マンであれば、このノルマは必ずあります。営業マンである限り、ノルマから逃れることはできないでしょう。

 

ぼく自身も金融機関で営業をやっていた時期がありました。

目から血が出るような気分で、毎日必死で数字を作ることに奔走していました。

当時は生きている心地はしませんでしたね。

「胃が痛いって、こういうことか」と胃痛を初体験したのも、その時期です。

 

 

ノルマから逃れる方法は、ノルマがない本部部署に行くか、または公務員に転職することです。

詳しくは以下の記事に書いていますので、「ノルマがどうしても嫌だ!」という方は見てみてください。

営業ノルマがきつい!銀行や証券のつらい営業から解放される4つの道とは?

 

 

②忙しい

「とにかく忙しい!」という方は、半分は「充実している」と言いますが、半分は「地獄だ...」という気分のようです。

 

毎日、ランチも食べる時間もなく、終電すぎまで仕事をしている人も世の中に多くいらっしゃいます。

こういう方は、恒常的に忙しい状態になってしまっており、次第にそれが当たり前に感じてしまいます。

 

こういう方は、もはやその状態から抜け出すという思考力すら奪われてしまっています。

自分が壊れていくことにも気づかず、ただ仕事だけは集中力を極限まで研ぎ澄まして、なんとかやりあげる生活です。

 

思考力がなくなっているので、ただ無心で仕事しかしない生活が当然だと思うようになってしまうんです。

こういう域に到達してしまった方は、もはやこのサイトにたどり着くこともないでしょう。

 

逆に言えば、「仕事が忙しくて辛い」と思いながら、この文章を読んでくださっている方は、思考力が残っている方です。

 

僕の友人は、思考力を完全に無くしてしまった状態になりました。

その人は限界まで無理をしつつ、でも自身で「自分は危険な状態だ」と気づくこともなく、もちろんSOSを出すこともなく、結局壊れてしまいました

会社に行けなくなってしまったんですね。

こうなってしまうと、転職や、他の仕事をすることすら出来なくなります

 

みなさんは、こうなる前に手を打ちませんか。

 

転職したり、休暇を取ったり、やれることはたくさんあります。思考力が残っている時に考えておくことが重要です。

 

何度も言いますが、恐ろしいことに、過酷な環境は、思考力を奪います自分で自分が危険な状態だと思わなくなるんです。

そうなってからでは遅いです。

 

転職であれば、本サイトで様々な記事を書いていますので、ご参考ください。

 

 

 

③つまらない・暇

 

仕事がつまらなかったり、やることがなくて時間を持て余しているときも、意外に結構苦痛なものです。

意義が感じられない単純作業や、あまりにもすることがなくてずっと座っていると、本当につらくなってきますよね。

 

人生は短く、元気に働ける時間はもっと短いです。貴重な時間を、つまらなく得るものがない仕事に費やす必要はありません

 

お金以外に得るものがない仕事は、仕事をしているうちに入りません。

その仕事は、キャリアとは呼べないからです。

 

あなたの貴重な時間は、戻ってきません。人生って、結構短いですよね。

この時間を、何か得るものがある有益な仕事に使う方がいいと思いませんか?

 

転職は、その一つの選択肢です。

転職関連の記事を読む方はこちら

 

 

3.健康

健康を害している時は、会社に行く気力も失せますよね。

 

①疲れや寝不足

「仕事が激務で、寝不足や疲れが溜まっている」

現代人の2人に1人くらいは、程度の差はあれ、この状態なのではないでしょうか。

効果的に体力を回復するには、まずは食事のバランスに気をつけ、睡眠を十分に取ることから始めるべきです。

栄養ドリンクやサプリメントで代用できるのは、一瞬だけです。

 

時間がなくとも、少しの工夫で生活を変えることは可能です。

例えば、青汁を生活に取り入れるだけで、栄養状態はかなり改善できます。

 

またよく眠れるように、寝る前に風呂に入る、部屋の明るさを一時間前から暗めにする、など。

手間がほとんどかからない少しの工夫で、疲れをかなり軽減することができます。

 

②その他体の不調

肩こりや腰痛、目の痛み、頭痛などを引き起こしていませんか?

引き起こして、かつ放置していませんか?

 

痛みは体のSOSです。

悪化してから、元に戻すのは、悪くなるのにかかった時間の何倍もの時間と体力を要します。

 

手遅れになる前に、対策を打つべきです。

薬や、グッズなど、お金をかけるだけで出来る対策は山ほどあります。

 

ぼくは腰痛がひどかったので、グッズを買いましたが、劇的に改善しました。

腰痛を治したグッズの記事はこちら

 

腰痛は一つの例ですが、体が訴えてくれている不調を、あなた自身は放置してはいけませんね。

あなたを助けられるのは、あなた自身です。

 

 

 

4.通勤が辛い

 

仕事場と自宅が遠く、通勤に1時間や1時間半かかっている方は、非常に辛いでしょう。

満員電車で通勤されている方は、なおさらですよね。

 

そういう方は、思い切って引越しをしてみてはいかがでしょうか。

関東圏では、通勤時間が15分少なければ、年収にして100万円の価値があると言われます。

15分を有効に活用し、自己啓発や休息に使うことで、あなたの年収が100万円アップしたのと同じ効果があるということです。

1時間少なければ、400万円ですね。

 

そのくらい年収が高い人は、時間を有効に使っていると言えます。無駄な時間を使えば使うほど、彼らと毎日差がついているということです。

 

 

5.まとめ

 

いかがでしたか。

仕事が辛い原因は、様々ですね。

原因に応じて、適切な対処をする必要があります。

 

特に、仕事が忙しかったり、ノルマが辛い方、上司が厳しい方は要注意です。

人間を容易に壊してしまう、恐ろしい力があります。

 

忘れないでいただきたいのは、本当に厳しい状態になれば、人間が思考力を失うということです。

そうなると、対応もできません。誰も助けることができません。

 

あなたがまだ思考力が残っている時こそ、対応ができるベストタイミングなのです。

 

 

 

おわり

 

 

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-職場のお悩み
-

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.