転職のノウハウ

ダメな転職エージェントの見分け方!信頼できる担当を見つけるコツ

更新日:

世の中には数多くの転職エージェントが存在しています。本記事では、ダメな転職エージェントの見分け方をご紹介します。

転職サイトに登録すると、複数の転職エージェントから連絡が来ますよね。

ぼくもビズリーチやキャリアカーバー、といったハイクラス転職情報サイトに登録したとき、たくさんの転職エージェントからメッセージを頂きました。

そのメッセージ、ほとんどが社名を聞いたことのない転職エージェントばかりですよね。

お悩みビジネスマン
一体どのエージェントがいいのか分からない!
エージェントを選ぶ基準を教えて欲しい!
ダメなエージェントの特徴が知りたい!

とお悩みの方、多いんです。

本記事では、複数回の転職活動を経験した体験を元に、ダメな転職エージェントの特徴を4つご紹介し、その見分け方について解説していきます。

とにかく信頼できる転職エージェント名が知りたい!!

という方は、本記事の4章をご覧ください。

転職は人生の一大イベントです。人生を預けることになる転職エージェント選びは、本当に慎重に行うべきです。

転職業界の構造を知ろう!

1.転職エージェントとは

転職エージェントとは、あなたに転職先企業を紹介してくれる会社、またはその担当者を指します

ぼくら転職者は、この転職エージェントに1円も払うことなく、転職先の相談や紹介、面談のアレンジ、給料交渉、条件交渉などをサポートしてもらえます

(転職エージェントの利用は費用はかかりません。転職エージェントは、ぼくらが入社する企業側から料金をもらうからですね)

ぼく達が転職しようと考えた際、転職情報サイトに登録し、企業の求人情報を探したりします。

しかし自分で直接企業に応募するケースは多くありません。

やはり多いのは、転職情報サイト内で連絡をくれた転職エージェントに転職先を紹介してもらうパターンです。

転職情報サイトでメインなものは

リクナビNEXT(※)
EN転職
ビズリーチ
キャリアカーバー(※)

そして転職エージェントの有名な会社は

などでしょう。

メモ

<(※)ひとこと解説>
リクルートホールディングスのグループ会社に株式会社リクルートキャリアがあります。

リクルートキャリアはリクルートエージェントという人材紹介事業会社(=転職エージェント)を運営しています。
またリクナビ、リクナビNEXT、キャリアカーバーなどの人材採用系メディア事業(=転職情報サイト)を運営しています。

転職エージェントの会社は、大小含めるとかなりの数です。

リクルートエージェントJACリクルートメントなどの大手であれば安心感はありますので、転職情報サイトを経由せずに直接登録することも問題ありません

ただし大手であれば自分に合っているというわけでもありませんし、それに転職の際は1社ではなく複数のエージェントと話をしてみることが基本です(出来れば3~5社のエージェントと話をしてみてください)。

2.なぜ複数の転職エージェントと話すべきか

お悩みビジネスマン
なんでエージェントは1社だけじゃダメなんですか?

転職エージェントは世の中に数多く存在します。大手もあれば、聞いたことのない会社もあります。

なぜ大手だけではなく、複数の転職エージェントと話した方がいいのでしょうか。

解説
それは、転職エージェントにも得意不得意があるからです。

リクルートエージェントなどの大手は、「大手だ」というだけで確かに安心感がありますよね。どんな業界でも、どんな年収層でも幅広く転職先を紹介してくれそうです。

ところが例えば大手でもJACリクルートメントは、外資系やハイキャリアに強いと言われています。

コンサル系はムービンストラテジックキャリア。

金融業界特化はウィルハーツなど。

業界特化型のエージェントは、その分細かい情報を持っていたり、企業とのコネクションやパイプが強かったりします

小さいエージェントでも、大企業出身者が社長をしていて「○○社の人事部課長と同期なんですよ~」と特別なパイプをアピールしてきたりします。

金融業界特化のウィルハーツなどは、「担当が全員金融業界出身です」と、専門知識をウリにしています。(確かに、メーカーでしか働いたことがない人は、金融のバンキングとトレーディングの違いすらイメージできないでしょう。)

こういったコネクションやこれまでの実績、所属している担当者によって、持っている情報が結構違うんですよ。

ぼくも転職者として驚いたのは、転職エージェントによって言うことが本当にバラバラだったことです。

マッキンゼーは比較的若い20代での転職者が多いですねえ」と言う転職エージェントもいれば

マッキンゼーは今、30代の採用に力を入れていますよ」と言う転職エージェントもいる、といった感じです。

このように、エージェントによって得意な業界、不得意な業界がありますので、単純に大手の1社だけ登録しておけば問題ないとも言い切れないんです。

転職は情報戦とも言えます。

特に、転職エージェントの一言で、自分の人生を賭けた判断が大きく影響されますし、できるだけたくさんのエージェントの話を聞きながら、転職先を絞り込んでいく必要があります。

解説
おすすめしているのは、最初の段階では3~5社ほどのエージェントから話を聞くことです。

転職エージェントを見分けよう

3.ダメな転職エージェントの見分け方

まずはメッセージが来たエージェントと少しやり取りをしてみましょう。やり取りの中で、以下に挙げた項目にヒットすれば、その転職エージェントはおすすめしません。

そういう転職エージェントとの連絡はストップしてもいいでしょう。

①履歴書やプロフィールを読んでいない

ぼくたち転職希望者は、ビズリーチリクナビNEXTなどに登録していれば、プロフィールをある程度は入力しているでしょう。

社歴やこれまでのキャリア、業務内容などですね。

こういった経歴書を十分に読んでから連絡してきている転職エージェントかどうかをチェックしましょう。

中には、ぼく達の在籍中の会社の社名だけ見て
あなたには〇〇社がお薦めです。まずは連絡をください

とメッセージを手あたり次第に送ってくるエージェントがいます。(いや、こういうエージェントが多いですね…)

例えばあなたがトヨタ自動車の経理部門在籍だとして、トヨタ自動車という名前だけ見て

「日産の営業部門はどうですか?」
みたいな感じです。

こういった、ぼく達のプロフィールや希望を全く読んでいない転職エージェントは、とにかく転職者を手あたり次第に企業に紹介して、数で稼ごうという戦略です。

こちらの希望を無視して、とりあえず合格しそうな会社から紹介しようとします。

最悪の場合、高い紹介料が貰える企業だけを紹介されたりするので、要注意です。

②言葉遣いが稚拙

転職エージェントに返信すると

「実際に事務所にお越しください」だったり、「一度お会いしましょう」と話が進みますよね。

ぼくは転職エージェントと会う前に、事前に電話で話したり電話面談をすることを強くおすすめします。

電話で話すだけで、そのエージェントがどういう人か、かなり分かるからなんです。

解説
ダメなエージェントは「話し方」でかなり見抜けます。

例えばあなたがハイクラスの転職や、30代の転職を希望しているとします。

にもかかわらず、社会人経験の少なそうな20代前半の転職エージェントが電話してきて、敬語もままならないようなトーク。

「ここの業界は今アツいッスよ!」

と言われても
この人に任せるのはちょっとなあ…

こんなケースは山ほどあります。

事前に電話をするだけでも、ある程度転職エージェントの質は見抜けますので、おすすめです。

③時間を守らない

よくあるのが、時間や期限を守らない転職エージェントです。

電話面談の際にぼくは何度か経験しましたが、
「17時から電話面談しましょう」と約束していても、その時間になっても一向にかかってこない。

「今日中に資料をメールでお送りしますね」と言ったにもかかわらず、何も送ってこない(後日くれましたが)。

こういう転職エージェントも、もしかしたら社会人経験の少ないエージェントかもしれません。

転職という自分の人生の大事な岐路なのですから、こういうエージェントだとちょっと心配になってしまいますよね。

④すぐに企業の採用面接を入れようとする

ぼくの個人的な経験からも「多かったなあ」と感じたのは、すぐに面接を受けさせようとする転職エージェントです。

まずは1社、練習を兼ねて受けてみましょう~」と言って、やや強引に面接を入れようとしてきます。

しかし練習も含めて、受ける先や順序、スケジュールは「とりあえず~」で決めるものではありません

しっかりと計画を立てて、スタートすべきです。

練習とは言っても、受ける企業はしっかりとセレクトすべきです。

一度選考に進んでしまうと、「練習だし」といって仮に辞退すれば、その企業はもう二度と受けることが出来ません。

でももしかしたら、2回目の転職で受けるかもしれませんよね?

解説

本当に将来的にも行く可能性がないか
何度か転職活動するかもしれない可能性はないか

慎重に検討しておくべきです。

また企業によって

  • 一次面接と二次面接の間隔
  • 内定までの面接回数
  • 内定してから正式回答を待ってくれる日数
  • 採用を増やす時期

は様々です。

解説
かならず、どの企業をいつ、どの順番で受けるのか、事前にしっかりと計画すべきです。

気になるところから、どんどんエントリーしていきましょう~」は間違いです。

4.おすすめの転職エージェントは

いかがでしたか。

転職エージェントはたくさん存在しますが、頼りにできる先もあれば、ちょっと頼りにくい先もあるんですよ。

転職は人生の一大イベントです。

転職エージェントが持っている情報や発言、そして企業とのコネクションが、ぼく達のような転職者の人生を大きく変えてしまいます

人生を預けると言っても言い過ぎではないと思うのですが、どうでしょうか。

その意味で、エージェントは慎重に選びたいですよね。

ぼく自身の数回の転職活動を踏まえ、「話を聞いてみて損はしません」というエージェントを載せておきます。

年収850万円を超えるようなハイキャリア層の転職なら、JACリクルートメントがおすすめです

またリクルートエージェントも、担当のレベルが高く、かつ丁寧なので信頼できます。

こういう大手の先を登録しておき、その他で1~3社程度の話を聞いてみてください。

加えて、希望業界に特化した転職エージェントを混ぜることが大事です。

コンサル系はムービンストラテジックキャリア。
金融業界特化はウィルハーツなど。

特にJACリクルートメントは、ぼく自身もお世話になり、その担当者のレベルの高さ、仕事運びはかなりの水準でしたし、年収交渉もうまくやってくださいました。

以下に記事をまとめているので、よければご参考ください。

なぜJACリクルートメントは外資系・ハイキャリア転職者から評判がいいのか

加えて、どんな転職エージェントと出会えるかは、転職情報サイトによります

できるだけ質のいい転職情報サイトに登録しましょう

なんだかんだでビズリーチはいいですね。

またコンサルや金融業界狙いであれば、リクルート系列のキャリアカーバーがいいと思います。

届く案件やメッセージ内容の質がいいですね。

ビズリーチは一部有料(約5000円)ですが、最低コストで使えるコツを書いていますので、以下ご参考に見てみてください。

ビズリーチの登録と使い方。超効率的に活用し転職を成功させるコツ

何度も言いますが、転職は人生の一大イベントです。

最高に信頼できる転職エージェントと出会うべきです。この転職エージェント選びが、転職活動の成功を左右します。

是非、このステップには十分にこだわってくださいね。

おわり

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-転職のノウハウ
-, ,

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.