転職のノウハウ

30代からコンサルへ!転職のための必須スキルとは

更新日:

コンサル業界へは、何歳くらいでの転職が限界ですか?

転職経験者、かつコンサル業界で働いているということで、こういう質問を受けることがあります。

正直、限界の年齢はよくわかりません。

 

本記事では

お悩みビジネスマン
・30歳からでもコンサル業界への転職はできますか?

・受かるために必要な知識やスキルはありますか?

といったお悩みにお答えします。

 


最近は「終身雇用制が崩れるのでは」との見方や、そういった働き方への憧れが薄れてきています。

この流れを受け転職者数は右肩上がりであり、当然コンサル業界への転職者も増えています。

 

ところで転職のチャンスは30歳までだとか、30代では採用されないなんていう話も聞きます。


もしかしたらそういう業界はあるかもしれませんが、コンサル業界はどうでしょうか。

今回はコンサル業界に絞った上で、30代での転職が可能かどうか、また受かるために必要と思われるスキルを説明します。

 

 


本記事では

解説
・30歳からコンサル業界への転職は可能

・コンサル業界は30代即戦力が欲しい

・受かるために必要な4つのスキル

・30歳がコンサルへ転職するために最初にすべきこと

を順番にご説明しますね。

 

 

また、実は30代の転職が一番年収が上がっているという調査結果もありますので、以下記事もご覧下さい。

「みんな転職して年収上がってるの?」に対する答え

 

 

 

1.30歳でもコンサル業界へ転職できる?

 

コンサル業界に限った話をすれば、30代でも転職は可能です。

(他業界でも30代になると急に転職先がなくなるとは思いません。)

 

まずそもそも、ぼく自身が30代でコンサルに転職しています

僕が銀行員を辞めて転職した理由

 


一般的には20代はポテンシャル採用といって、その人の成長の将来性を見込んで採用します。

一方で20代の終わりや30代になると、即戦力として採用されます。

 


コンサル業界は他の業界に比べれば、どちらかと言えば30代の即戦力を求めているように感じます

 

もちろんマッキンゼーやボストンコンサルティンググループなど、コンサル業界は新卒や20代の採用も多いです。

アクセンチュアも新卒採用に力を入れ始めていますね。

 

 

しかし20代では対応できないようなこともたくさんあります。

そもそもコンサル業界のクライアントである一般事業会社は、自社で対応できないことをコンサルに依頼するんです。

 

 

それは、単に人手が足りないということではなく、自社がこれまで育ててこなかった分野の人材や、社内に蓄積されていない情報を得たいからですね。


30代は20代には持っていない、経験に裏打ちされた知識やスキルを持っています。その知識は何だっていいんです、コンサルのクライアントは幅広いので。


コンサル業界は、色んな分野でビジネスをやっています。30代であるあなたの知識を一番欲しているのはコンサル業界です。

 

お悩みビジネスマン
もう30歳だから、転職はもう無理だな


そうお考えなら、本当にもったいないことです。

 

また、コンサル業界でなくても、30代即戦力のニーズは今まさに非常に高まっています。それは、そもそも色んな業界の垣根が消えてきているからです。

金融業界がITの知識を欲していて、自動車業界がAIの知識を欲していて。

 

異業種の知識が欲しい企業が増えています。

即戦力がいかに求められているのかは、以下の記事にも書いておりますので、見てみてくださいね。

 

<参考記事>
即戦力人材っていうけど、本当に企業は即戦力が欲しいの?!

 

 

 

2.コンサルに受かるために必要な能力は?


ここからは30代のみなさんがコンサル業界にチャレンジし、転職を成功させる上で、求められるスキルについてご説明しますね。


コンサル経験者から見た観点で、必要なスキルは4つあります。これはすなわち、面接でウケがいいスキルと言い換えてもよいです。

 

その4つとは

4つのスキル

1 専門知識

2 パソコンスキル

3 英語力

4 プレゼン力

です。

 

一つずつ解説していきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

  

2.1 専門知識が必要

 

新卒や20代の中盤までは、ポテンシャルでOKです。

でも30代になると、「一生懸命ガンバリます!」では通用しません。(もちろん気合いは必要ですが)

 


必要なのは、何かの専門性です。

即戦力として働いてもらいたいので、何かの専門的なスキルや知識が欲しいところです。


ただし、30歳まで頑張ってビジネスパーソンで頑張ってきた皆さんであれば、分野は各々でも、何かしら深い知識やスキルはあるのではないでしょうか。

それがまさに専門性です。

 

 

コンサルの業態は様々です。

戦略系や総合系、IT、教育、人事など。

 

多種多様な分野でコンサルタントが活躍しています。

その中には、必ずあなたの知識を欲しているカテゴリーが必ずあります。

 

ですから専門性はすでにお持ちだということで、あまり心配しないでもいいでしょう。

 

ただし、営業職しか経験していない方であれば、競合が多くなるので選考の難易度が上がる可能性があります。

世の中に営業マンがどうしても多いという事実がありますので。


もし金融業界で働かれている方でしたら、本部部署の経験を経ると、非常に武器になるでしょう。

 

銀行では本部部署を経験すべし!キャリアの幅と転職先が全く違う

本社勤務の銀行員は転職先が豊富!

メガバンクの支店営業マンは、なぜ本部部署に異動したがらないのか

 

 

 

 2.2 パソコンスキルが必要

コンサルであれば面接でも必ずといっていいほど聞かれると思いますが、パソコンスキルは必須です。

パソコンスキルとは、エクセルパワーポイントワードの技術です。

これはまさに足腰のようなもので、このスキルがないとコンサル業界を歩いていけません

資料が作れず、分析もできませんから、全く働けないのです。

<関連記事>

エクセルが転職で強力なアピールになる理由とは?

2.2.1 エクセルスキルについて

コンサルではクライアントの顧客データであったり、取引データをエクセルでハンドリングし分析することが求められるケースがあります。

解説
基本的な操作をマウスを使わずにできるよう、最低限のショートカットが出来るレベルにしておいてください

また基本的な関数やvlookup、ピボットテーブルくらいは使えるようにしておくことです。

この用語が分からなかった人は、エクセル講座をオンラインで受けてみましょう。

時間は全然かかりません。

俺エクセルに自信ないかも。

と思った方は、すきま時間でこっそりエクセルのレベルアップができます

2.2.2 パワポスキルについて

コンサルに入社すれば、様々なプロジェクトに配属されるでしょう。

プロジェクトでの日常業務で、クライアントへのプレゼンや説明のシーンがたくさん訪れます。

プレゼンのために、パワーポイントで資料を作成することがかなり多いと覚悟しておきましょう。

エクセルは全く知らなくても逃げ切れる可能性がゼロではないです。プロジェクトによっては使わないので。

ところがパワーポイントは逃げ切り不可能です。

救いなのは、パワーポイントはエクセルに比べて結構簡単なことです。

直観に近い感じで操作が出来ますので、簡単だと感じると思います。

エクセルは上には上がいる、という感じで、極めればきりがなく、何とも奥が深いソフトだなあと思います。

一方でパワーポイントはすぐに習得出来てしまい、一定レベル以上は差がそんなにつきません。

ただし、図やグラフの作成など、エクセルで作ったものを張り付けることがよくあるので、出来上がりのレベル感がエクセルスキルに依存する面はあります。

おすすめとしてはパワポだけ練習するのではなく、エクセルと並行して勉強し、相乗効果を狙いましょう

2.2.3 ワードスキルについて

ワードは使用頻度にバラつきがあります。プロジェクトによっては使わないケースもあります。

ただコンサルの仕事は議事録を作成する機会が多々あります

プレゼン資料以外のクライアント向け資料をワードで作成することもあります。

良い点としてはパワーポイントと同様、できることに限りがあり、使い始めれば比較的すぐにある程度は使えるようになります。

一方で面倒なことは、書体や文字の大きさ、段落の構成など、各企業やコンサルで異なった"お作法"があることです。

このお作法は、その場で学ぶしかないので、事前に勉強しようがありません。

ですが本当に基本的な操作だけ把握していれば、入社しても耐えることが出来ます。

ちなみに、議事録作成は非常に苦労が絶えない業務です。

議事録の作成は、そこまで生産性の高い業務ではないわりに、時間は取られます。できるだけ省力化・効率化したいところ。

いまのうちに、議事録をさっさと終わらせるスピードわざを見ておいてください。

<参考記事>
議事録作成を効率化できるアプリ!

2.3 英語力が必要

 

英語力は必要です。

マッキンゼーなどの戦略コンサルを受ける場合、そもそも英語面接がありますのでかなり高度なビジネスレベルの英語力が必要です。

 

総合コンサルであるアクセンチュアやBig4系のデロイトトーマツコンサルティングなどは、すごく高いレベルでなくてもいいですが、相応の英語力が必要です。

 

相応でいいと言っても、TOEICで言えば300点はダメです。

解説
だいたい700点くらいあれば、とりあえず入社はできます

 

 

あとは、自分次第、プロジェクト次第です。

配属されるプロジェクトによって英語を使う頻度が違いますので、それに応じて高めていきましょう。

 

ちなみに、コンサルタントの中には

ビジネスマン
英語は言語なので、努力次第でなんとかなる。TOEICで700点程度は努力次第。もしこの点すら取れていないのは、ただ努力ができない人

 

と思っている人もいます。

英語を使うか使わないかに関係なく、「あなたそもそも努力できますか?」という観点で、英語ができないと非常に印象が悪くなってしまう点に気をつけたいです。

 

 

英語がまずいと思った方は、今のうちから少しずつ鍛えていきませんか?

<英語力に関する記事>

スマホの設定を英語に変えてみる

日経新聞を英語で読めて、聴けるアプリ「LissN」

外資系企業で英語はどのように業務で使っているの?

 

 

ただし勉強ってなかなか続かないですよね。

 

まずは自分の意識改革が重要だったりします。

いつも全く続かない自分に喝を入れたい時には以下の書籍がめちゃくちゃおすすめです。

<習慣化に関する記事>

まず三日坊主の自分に喝を入れたい

 

 

 

2.4 プレゼン力が必要

 

コンサルと言えば、プレゼンというイメージがありませんか?ぼくはミーハーでしたので、残念ながらありました。

 

大企業の大きなガラス張りの大会議室で、大勢のクライアントの役員を前に、自社の提案内容をカッコよくプレゼン。

ネクタイは赤。

「御社に必要な改革はこれです!」

この一言で大規模プロジェクトの受注が決まる。


というコンサル生活を夢見ていました。

 


こういう痺れるシーンがゼロとは言いません。

が、ここでいうプレゼン力は、もっと"日常業務寄り"を想定しています。


すなわち普段の業務でのクライアントへの説明力、解説力、しゃべり力です。

自分たちコンサルが今月やりたい計画。
今週チームでやったこと。
先月のタスクで見つかったクライアントの課題。
今月のタスクの優先順位。

 

などなど。


高いフィーを頂いているので、頻繁に「タスクやプロジェクトの進捗や見つかった課題」などをクライアントへ説明するシーンが本当にたくさんあります

 


そんな時でも、可哀想なくらいめちゃくちゃ説明が下手なコンサルタントも少なくありません。

 

やるべきことはやっているのに、説明が下手すぎるせいで炎上するプロジェクトもあります

 


説明力、解説力は、コンサルの価値です。

これだけで、クライアントからの印象がだいぶ違います。


コンサルとしての成功と不成功を一番分けるのは、実はこのプレゼン力・説明力だと感じているほどです。

 

プレゼンに自信がない方は、外資コンサルから見た「プレゼンがうまい人がしていること」をまとめていますのでご覧ください。

⬇︎外資コンサルのプレゼン力を確認したい方はこちら

プレゼンの9個のコツ!話し方と事前準備がポイント

 

 

 

3.コンサルへ転職するために今日すべきこと

 

まずは転職エージェントからの情報を得ましょう。
登録くらいやっておいても、1円も損はしません


転職サイトであればビズリーチやリクナビNEXTにみで一旦はOKです。

個別に転職エージェントとコンタクトを取るには

コンサルであればJACリクルートメント

コンサル専門を謳っているムービンも悪くないですね。

 

ビズリーチは、ぼくも転職活動に使ったことがあります。

ビズリーチの有料会員になったのが、ぼくの転職のはじまりでした

 

有料会員は月に約5000円かかりますが、例えば外資系企業への転職ですら無料会員で十分です。

まずは以下の記事を参考にしていただければと思います。

<参考記事>
ハイキャリア専門のビズリーチを超効率的に使うコツ(無料会員で十分)

 

 


JACリクルートメントには、ぼく自身もお世話になったことがあるエージェントです。

 

実体験に基づき、なぜJACリクルートメントがハイキャリアやコンサル、外資への転職で優れているのかを分かりやすくまとめています。

是非ご覧ください。

なぜJACリクルートメントはハイキャリア層から支持されているのか丁寧に説明する

 


おわり

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-転職のノウハウ
-, , , , , ,

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.