転職のノウハウ

30歳転職限界説はウソ!経験と専門性が高値で売れる!

更新日:

「30代での転職はもう遅いと聞いたんですが...」

 

転職しようかと悩むビジネスパーソンから、このような相談を受けることがあります。

 

そこで本記事では

お悩みビジネスマン
・30代での転職は難しいですか?
・転職は20代でやっておくべきですか?
・即戦力人材って本当にニーズありますか?

 

という疑問にお答えします。


本記事では

解説
・30歳代での転職は問題ない
・20代と30代の役割は全然違う
・世の中の即戦力ニーズがいかに高いか
・どんな知識でも即戦力になる
(実例付き)
 
 
という順番で、解説していきますね。

 

 

また、実は30代での転職がもっとも年収が上がっています

そのことがわかる統計を記事にしていますので、ご覧ください。

「みんな転職して給与上がってるの?」に対する答えがこちら

 

 

 

30代の転職市場を知ろう

 

1.30代からの転職は全く不利ではない

 

30歳になると転職が出来ないといううわさは、うそです。

30代で転職ができている人は、ぼく自身も含めて、周りに大勢います。

 


たしかに30代になると結婚や子供が出来てきて、ライフスタイルが変化します。

自分だけのジャッジで身動きをしにくくなるという事実はあります。

だから「30代は動くのが難しいんです、転職活動がしにくいんです」というのなら分かります。

 

 

ただ「30代は受かりにくい」は真実ではありません


「30代の転職は難しい」というフレーズは、実は2つの意味があったということなんです。

 

解説
そもそもぼく自身も30代で転職しています。

 

 

 

その実体験は以下にまとめています。

参考にしてみてくださいね。

<関連記事>

僕が銀行員を辞めて転職した理由

 

 

 

 

また

30代でも40代でも、行動を変え、自分を変えることに遅すぎることはない!

ということが分かる、僕がいまのところ「他人にお勧めしたい本」のナンバーワンの本があります。

以下の記事に書いていますので、覗いてみてください。

 

<関連記事>

【変わりたい人が読む本】モチベーションを上げたいビジネスマンが絶対に必要な一冊

 

 

 

 

 

2.20代と30代の役割の違い

 

20代と30代の中途入社の方々へ期待する内容が全く違います。

30代が必要な理由がちゃんとあるんです。

 

20代での転職は、いわゆるポテンシャル採用の面が強いと考えられます。

ポテンシャル、すなわち「彼は将来的にやってくれるかな」という将来性を買われて入社するわけです。

 

20代ですでに身につけた経験や知識が選考において全く見られないということはありませんが、どちらかと言えば20代を採るということは、その人の将来性にBetしている(賭けている)んです。

 

 


ところが30代の採用は全く違います。

30代の中途採用の方々に企業が期待しているのは、即戦力となってもらうことです。

10年近く磨いたあなたのスキルや知識を求めているのです。


20代と30代の中途採用者への期待の種類や内容が違うんです。

 

お悩みビジネスマン
「役割が違うのは分かったけど、そもそも即戦力人材のニーズは世の中にそんなにあるの?」

 

つぎはこの疑問に対して回答してみます。

 

 

 

3.本当に即戦力人材へニーズはあるのか

 

お悩みビジネスマン

「即戦力!即戦力!って言うけど、即戦力人材のニーズってそんなにある?」

「使いにくい30代の中途採用者より、社内の30代社員で対応できるんじゃないの?」

 

 

この疑問にお答えします。


30代の即戦力ニーズが高まっています
間違いありません。


そもそも論として、コンサル業界が活況だという事実がそれを証明しています

 

どういうことか、ご説明します。


従来は同じ会社に長くいて、同じ分野の知識を積み上げていけば偉くなる構造でした。

その分野に長く携わっていれば、それだけ知識も増え、知識が多いと偉い人なのでした。

 

ところが、近年はその流れは崩れてきています。

トヨタは「競合はGoogleだ」と言っています。テクノロジーやニーズの変化により、多くの分野が融合し、多種多様な専門知識が求められています

さらに近年はグローバルな規制やトレンドに大きく影響を受けるようになってきています。

 


(急にAIだの、Fintechだの、グローバル規制だのと言われても、そんな人材、いないですよ。。)

 

一般の企業にとっては、社内のこれまでの教育体制で知識のある人材をとても賄えないのです。これまでのトヨタにAI技術の研修制度があったでしょうか。

社内でもちろん育てていないんですよ。

 

一般企業も、社内で育たない人材を欲している。だからこそ、コンサルに頼むんです。

コンサルが即戦力として働いてくれるからです。


だからコンサルに受注が来る。

受注が来るから、コンサルは即戦力人材を採用する。

ただしコンサルに依頼すればフィーが高いんです。よって自社でも即戦力人材を採用したいんです。


こうやって色んな業界で、即戦力人材の取り合い合戦が行われているのが現在の人材マーケットです。

 

 

 

 

4.専門知識はなんだっていい

 

さきほど申し上げた例は一例です。

即戦力人材に求める知識やスキルは、AIやFintechだけではありません。

 

業界の垣根がなくなっているので、異業種間の人材交流が今活発化しています。

 

業界金融の知識がある人が通信の会社へ。
ウェブ業界の人が、メーカーへ。

 

 


有名な国立大学で、半導体の研究をしていた研究職の方がいました。

彼はある時お会いすると、外資系コンサルのアクセンチュアに転職していました。

全く違う業界です。

 

何故か聞いてみました。

ビジネスマン
研究ってそういうものなんですが、その技術が実用化されるか分からない。日の目を見るか分からない。
だから不安になり、研究を辞めて民間企業に入ったんです。

 

彼は36歳でした。


実用化されていない研究分野ですから、なかなかその知識をすぐに民間で活用することは難しそうに思えます。

それでも採用されているんです。

 

これは一例ですが、しっかりと身につけた分野や知識であれば、どんな知識でもそれを求める会社があるということの証明ではないでしょうか。

 

 

 
 

5.まとめ

 
 
いかがでしたか。
"30歳になると転職がしにくい"
 
これは、30代のビジネスパーソンの方々は家族や子供がいることで、身動きがとりにくくなることが理由と考えられますが、選考に不利になるかという点では、全くの誤解であるということがお分かりいただけたかと思います。
 
 
 
30歳になるとかなりの経験やスキル、知識を持っています。そういう人材こそ、労働市場で今まさに求められています。
 
 
もちろん家族や恋人との相談は必要ですが、もしそれをクリアできるなら、ご自身の能力をもっと活かしてみませんか。
 
 
 
 
 
 
 おわり
 
 
Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-転職のノウハウ
-,

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.