キャリア

営業ノルマがきつい!銀行や証券のつらい営業から解放される4つの道とは?

更新日:

 

営業マンは稼ぐことが仕事です。稼ぐ楽しみもあります。

お悩みビジネスマン

でも辛いこともたくさんあります。

営業はノルマがありますから。

 

 

特に銀行や証券会社のノルマは非常に厳しく、全国津々浦々の営業マンが必死で収益を追い求め、目標に向かってひた走ります。

目標は高いです。

 

達成できない人には、大きなペナルティが待っています。もちろん昇格は困難になりますし、激しい上司からの詰めやプレッシャーが日常的に待っています。

稼ぐ楽しみを超えて、目標を達成できないことの恐怖が先行してしまい、多くの営業マンが苦しんでいます。

 

お悩みビジネスマン
このノルマという苦しみから解放される方法はないものでしょうか

 

 

本記事では、

解説
営業ノルマから解放される4つの方法

 

についてご説明します。

 

実は、苦しい時は思考回路が一部マヒしてしまっていることが多いです。

冷静に考えられない状態なのです。

 

ところが冷静に見渡してみると、意外にも選択肢は数多くあることに気づきます。

 

本記事では、ノルマの苦しんでいる銀行、証券野営業マンが、その苦しみから解放されるための解決策を示しています。

 

少しでも、目の前が明るくなっていただけたらと思います。

 

 

 

1.本部部署へ異動する

 

銀行や証券会社の営業現場では厳しいノルマが張られています。

営利企業ですから、その最前線である営業現場が収益を稼がなければならないからですよね。


しかし実は銀行や証券会社の本部部署はノルマがありません。

 

そこで本部部署への異動を目指してみてはいかがでしょう?

ここでは、本部部署のおすすめや、本部部署へいくメリットを述べています。

 

<この章の目次>
1)本部の部署はどんなところがあるの?
2)デジタライゼーション関連はおすすめ
3)本部部署の目標管理はどうなっているのか?
4)営業の人は、それでも営業現場から去らない理由
5)本部部署は、転職市場でも価値が高い
6)本部部署はキャリア分散に最適

 

Sponsored Link

 

 

1)本部の部署はどんなところがあるの?


本部の中でも、営業店をサポートするような部署はノルマがありますので、よりコーポレート機能に近いような部署が望ましいです。

例えば、企画系の部署は花形ですよね。
その他は広報や人事部。リスク管理、コンプライアンス、監査。

またはITやデジタル分野の部署。

銀行や証券の本部部署はたくさんあります。

 

 

2)デジタライゼーション関連はおすすめ

 

近年はデジタライゼーション関連に注目が集まっています。

もちろんこれまでの金融機関の文化では、こういった部署やシステム関連へ行く人は、どちらかと言えば出世コースから外れかけている人が多いことは否めません。
(そうでない人もいますし、元々システム採用の方は優秀な方もいらっしゃいます)

 


ところが近年はこの流れやイメージも変化しつつあります。

とくに日本の金融機関はITやデジタライゼーションへの投資に弱腰ですので、金融庁が今後「もっと戦略投資をしろ」と指導が入る可能性が高いです。

 

そうなれば、優秀な人材からこういった分野へ配属される時代は、すぐだと考えられます。

 

一般にFintechのスタートアップ企業が、銀行や証券のこういうデジタライゼーション関連の部署に、技術を売り込みに来ます。

 

金融機関サイドで、こういう業務に触れておくと、正直スタートアップ企業やベンチャー企業からは、のどから手が出るほど欲しい人材になります。

 

ちなみに本当に欧米の金融機関と比べると、IT投資の規模は小さいです。
日本の行く末が心配です。

▼(参考記事)日本企業のIT化が進まない理由

 

 
 

3)本部部署の目標管理はどうなっているのか?

 

本部部署はノルマが完全にないわけではありません。目標管理はあります。半年なり1年なり、やらなければならない目標は設定しますし、管理もされます。

 

ただし数値目標ではない点がポイントです。数値目標ではないので、比較的「アピールや記載ぶり」で乗り切れることが多く、比較的達成が簡単なんです。


例えば銀行本部部署の目標設定の例です。

「〇〇のレポーティング体制を高度化する」

高度化?

非常に曖昧ですよね。

 

何か少しでも改良を加えれば、「高度になった」とも言えます。

本部部署の目標管理は甘いのです。

 

 

4)営業の人は、それでも営業現場から去らない理由

 

全国津々浦々の営業現場で頑張っている営業マンは、営業のノルマに苦しんでいます。

 

転勤にも悩まされます。

寒い日も暑い日も、お客さんのところに出かけていきます。

嫌がられても嫌がられても、電話しなければなりません。

 


こんな生活に不満を抱きつつも、それでも営業を辞めようとしません


何故でしょうか。

理由はいくつもありますが、代表的な理由は3つです。

 

①直に顧客と接することがやりがいだと思っている

②稼ぐことがかっこいいと思っている

③営業以外の仕事をすることがこわい

 

 

やりがいは人それぞれです。稼ぐことは組織にも貢献できますし、素晴らしいことです。

こう言った感情を否定はしないです。

 

ただ意外に営業マンの多くの方のこう言った考え方は「営業の世界しか知らない」からこその固定観念・先入観だったりするんです。

 

詳しくは以下の記事で述べています。

読んで頂ければ「営業にこだわる必要はないんじゃないかな?」と気持ちが変わるかもしれませんよ。

<関連記事>

銀行・証券の営業マンは、辛くても結局営業を続けてしまう理由

 

 

 

5)本部部署は、転職市場でも価値が高い

 

ぼくが本部の部署をおすすめする最大の理由は、市場価値です。

ズバリ言ってしまいますが、営業しかできない人の労働市場での価値は、あまり高くありません

これは、ぼく自身がメガバンクで営業と、本部の両方を経験した上で転職し、かつ複数回の転職活動経験、外資系コンサルで採用に携わったりしている中で感じていることです。

 

なぜ営業マンの市場価値が、あまり高くないかをご説明します。

 

 


①代替が効きやすい

世の中営業マンってものすごく多いんです。
営業力は非常に汎用性が高く、どの会社でも使える反面、代わりは見つかりやすい傾向にあるので、
高値が付きにくいんです。

 


②実績がどのくらい凄いかわかりづらい

営業でいくら稼いだとか、地区で1位になったとか、頭取表彰されたとか。

実際に他社の人事から見て、どのくらいすごいかイマイチ分からないんです。

 

営業マンは世の中多いので、アピールしなければならないにもかかわらず、そのアピールが難しいんです。よく伝わらないんです。

(これは実際にぼくも含め外資系コンサルで面接官をする立場の人々のナマの実感です。)

 

ところが、本部部署は様々な部署があり、その多くで固有の専門性を身につけることが可能です。

専門を掘り下げると、汎用性はなくなりますが、ニーズは消えません。

 

解説
希少価値も高いので、転職市場で高値がつく確率も上がります。

 


以下の記事も参考にしてみてください。

銀行を例にしていますが、本部部署が、次のキャリアでどういう道があるのか。どのくらいキャリアの幅が広がるのか。詳しく列挙しています。

▼(参考記事)銀行本部部署の転職先は豊富!

 

 

 

6)本部部署はキャリア分散に最適

 

「いや、そもそも転職は考えていないから市場価値を見る意味がない」

そうお思いの方もいらっしゃるでしょう。

でも、「俺は一生転職はしない!」って今決めなくてもよくないですか?

 

最近は時代の流れが早くて、10年で世の中ガラリと変わります。変化のスピードはもっともっと早まります。

5年後、10年後、どうなっているか分からなくないでしょうか?

 

気が変わっていたり、そもそも仕事を変わらざるを得ない状況かもしれません。

20年、30年後まで見通すことが、今どれだけ難しいか。

 

リスク分散しておきましょう

キャリアも投資と一緒です(分散投資が基本だって、そう営業していますよね)

 

おそらく営業を数年抜けたとしても、戻ればすぐ勘は取り戻せます。

 

ほんの3年くらいを、本部部署で過ごしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

 

2.公務員へ転職する

 

「とにかくノルマがいやだ。しんどい」

こういう方は、ノルマのない(少ない)公務員への転職も考えてよいでしょう。

金融機関からは、金融庁や財務局、地方市役所や区役所などがおすすめです。

 

 

 

ただし以下の2点に注意です。

 

 

1)公務員は部署によっては厳しい

 

公務員、とくに地方の市役所は金融機関からの転職事例が多いですよね。
あなたのまわりでも何人もいらっしゃるのではないでしょうか。

公務員のイメージは、仕事はまったり、有給は取れて、18時に退社。

 

こんなイメージが強いです。

もちろんそういう役所や部署は多いと考えられますが、全てではないので下調べが大事です。

 

部署によっては22時まで、土日出勤もあるような地方市役所や県庁もあります。

意外に、ストレスによる休職者や自殺者もいるので、よく調べてから応募しましょう。

▼(関連記事)公務員は本当にラクですか??


公務員の激務度合を調べられるサイトがあるので、参考にしてみてください。


▼(参考外部サイト)公務員の職場激務度をあらかじめチェック!
市役所配属先激務ランキング!

 
 

 

2)給与が下がることは覚悟する

 

大手の金融機関からの転職であれば、年収、給与は間違いなく下がります。

地方市役所であれば、1000万円超の給与が、半分になる可能性があります。

国家公務員である金融庁でも、30代で700万円程度でしょう。

 

解説
本当に生活水準を下げられますか?


ここはあらかじめ自分の中で深く考え、家族とも相談が必要でしょう。

 

ただし、給与よりも自分らしく生きることが何より重要です。
きっと恋人やご家族も喜んでくれるに違いありません。

 

メガバンクから公務員に転職した方へインタビューした記事がありますので、ぜひご覧ください。

メガバンクで疲弊し、関西の公務員へ転職した人が活躍しているのでインタビューしました

 

 

3.資格を取って転職する

 

一定期間激しいノルマに耐えられるのであれば、働きながら資格を取得し、転職を目指すことがおすすめです。

 

手に職があれば、将来のリスクヘッジにもなります。取得する資格にもよりますが、ただ転職するよりもはるかに高い評価を受け、ひょっとしたら年収も上がるかもしれません。

 

 

 

1)おすすめの資格は?


世の中様々な資格があります。

この記事では、とくに金融の知識を活かし、かつ"使える"資格をご紹介します。


それはUSCPAです。

USCPAは米国公認会計士のことです。

 

 

 

 

2)USCPAがおすすめである5つの理由

 
 

USCPAはコスパが最強だと言われています

特に金融機関出身者は有利です。


①試験分野

試験は4科目あります。

内容は会計や監査、ファイナンス、ITなどです。

比較的金融出身者、とくに法人のファイナンスが分かっている人はとっつきやすいでしょう。


②英語

試験は英語です。

ただ日本国内で勉強するなら、予備校のテキストなどは日本語で書かれているものを入手できます。

 

英語が苦手でもかなり勉強はしやすいです。

Abitusのテキストは英語と日本語がきれいに並べてあり、非常に分かりやすいのでおすすめです。

 

③就職口に困らない

USCPAはアメリカの公認会計士の資格ですので、日本国内では単独で独占業務や監査業務はできません。

ただし、大手BIG4と言われる監査法人への転職に抜群に有利です。

 

資格取得すれば「会計分かるしも、英語も出来るんだぜ!」ということで、外資系企業やコンサルからも非常に評価が高いです。


監査法人であれば、将来的に年収は(クラスにもよりますが)1000万円に戻すことも可能です。

コンサルであれば年収1000万円以上、年収アップすら期待できます。

 

④勉強時間がそれほど多くない

公認会計士は日本では最難関の国家試験ですよね。

合格までの総勉強時間は3500時間とも4000時間とも言われます。

 

一方でUSCPAはどうでしょうか。

なんと約1000時間が合格ラインだと言われています。

1000時間であれば、働きながらでも1年や1年半で取得が可能なんです。

 

<モデルケース>
平日2時間×20日×12か月=480時間
土日5時間×8日×12か月=480時間
⇒1年間で約980時間

 


⑤費用

USCPAは独学でやるのは難しいと思われますので、予備校に入るほうがいいです。
予備校と言っても、全てEラーニングで勉強できるようになっているため、自宅で出来ます。

 

一度も予備校の校舎に行かなくても問題なしですので、忙しい方や予備校がない地方勤務の方でも問題ありません。

 


予備校の費用は、おおよそ50~70万円くらいです。
※出願の州や、ご自身の大学の取得単位により変動します。


また試験は日本国内でほぼ年中受験が可能です。
受験総費用は10万円くらいです。

 

ビジネスマン
予備校は僕も通ったことのあるABITUSがいいと思います。


USCPAについては、もっと詳しく以下の記事で記載していますので、ご覧ください。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

4.もう少し様子を見る

 

もう少しだけ厳しい営業ノルマに耐えてみることも一案です。

お悩みビジネスマン
様子をみろって、何ていい加減なアドバイスだ...

 

そうお思いかもしれませんが、実は理由があります。

というのも、これから営業ノルマが軽減される可能性があるからです。

 

証券会社の営業マンの方は肌で感じる部分もあるかもしれませんが、近年金融庁の「顧客本位」への取組みが本格化しています。

 

 

顧客を守るため、金融機関の高い手数料やごり押しの営業姿勢、ノルマの実態にますます目を光らせて規制を強化しているのです。

 

解説
金融庁が金融機関のノルマをかなり問題視しているんです

 

金融庁のみならず、欧州のMiFIDⅡなどの規制も、証券や銀行の手数料の透明性と、顧客保護という観点を含んでいます。

 

金融庁の意図は、厳しい収益ノルマこそが、営業マンが客にごり押し営業をする元凶であるとみていますから、ノルマが適切なレベルになるように、ますますなんらかの圧力をかけていくでしょう。

 

そうなると、今は厳しいノルマと営業ですが、時代の変化とともに目標体系や人事上の評価体系は変わっていくはずです。
(営利企業ですから、さすがにゼロ目標というわけにはいかないと思いますが)

 

解説
かなり近い将来にも、銀行の法人営業についても、ノルマや目標体系について相当な改良が行われると考えられます。


▼(参考記事)金融庁は銀行・証券会社の高給を狙い撃ち??

 

 

5.まとめ

 

いかがでしたか。

今回は銀行や証券会社など、金融機関での激しいノルマに苦しんでいる方々に向け、その世界から脱出する方法を述べさせて頂きました。


本部部署への異動や、公務員や資格取得による転職など、調べてみれば意外に道はたくさんあります

 

きついノルマに耐え、乗り越えて稼ぐことが好きな方は問題ないのですが、
必ずしもそういう人ばかりではありません。

 

お悩みビジネスマン
「嫌だが、続けるしか道はないんだ…」

 

 

そう思っている方がいらっしゃれば、意外に道はたくさんあるということを知って頂けたのかなと思います。

 

みなさまのキャリアが良いものになるよう、応援しております。

 


おわり

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-キャリア
-, , , , , , , ,

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.