転職のノウハウ

【退職の切り出し方】転職を伝えるべき人、正しい伝え方やマナーは?

更新日:

転職活動の最後のステップである「退職の切り出し方」、つまり「退職を会社に伝える」というステップについて解説します。

 

 

転職活動は「内定」が出たら終わりではありません。最後に「無事に退職」するまでが転職活動ですよね。

解説
あなたに残された最後のステップは「無事に退職すること」です。


あなたが辞めたいと言うのですから、「退職なんて簡単だろう」と思いがちです。

ところが意外にも「スムーズに退職をする」ということは、ちょっとした難関イベントだったりします。

 

あなた「今月で辞めさせて頂きます」

会社「分かりました。残念ですが、新しい会社でも頑張ってくださいね」

 

こんなあっさりいきません。

 

ぼく自身も転職時に、この「退職」というステップを安易に考えていたことで、とてつもない苦労をすることになります

 

解説
この記事では、「無事に退職をする」という観点から、ぼくの経験も踏まえつつ、適切な退職の切り出し方を述べていきます。


 


退職のフローを甘く見てはいけません。

ただ正しいステップで円満に退職できれば、その後のビジネス生活で多くのメリットがあることをご説明します。

 

 

関連記事

以下の記事で、退職の切り出しに失敗し、揉めた実体験を解説しています。

退職の強硬な引き止めを招く切り出し方の失敗例!

 

 

1.転職(退職)することを切り出す人

 
 
この章では、退職する際に切り出すべき人、伝えるべき人を記載しています。
 

 

1.1 上司へ切り出す

 

会社へ退職を伝える際は、必ずまず最初に上司に切り出します

それも「直属」の上司がマナーです。決して役職を飛び越えて言ってはいけません。

 

直属の上司⇒さらに上の上司⇒部長⇒人事部

みたいな流れで上に上がっていきますが、それぞれのポジションの上司と話さなければならないかもしれません。


もちろん時間がない場合もあり早く進めたいとか、色んな社内の上司とそれぞれ話さなければならないのはかなりしんどいです。

時間も体力もかかります。

 

 

ただ、それでもマナーとして、まずは直属の上司に伝えなければなりません。

マナーを破ると変に敵が増えてしまい、色んな交渉(引継ぎ期間や有給休暇の取得など)が上手くいかなくなるリスクが増えます。

 

めんどくさがらずに、まずは直属の上司に明かしてください。

 

 

 

1.2 同僚へ切り出す

 

会社の同僚にも自分の口から伝えたいですよね。

ただ同僚へは、上司に言って退職交渉が終わり、退職の日取りなどが全て決まってからにしましょう。

これもマナーだと思って下さい。

 

あなたの退職は他の人にとっても大きな出来事であり、情報が少しでも漏れるとすぐに伝わってしまいます。

引継ぎや業務負担も増えますし、チーム内が不安になったりすることを一番嫌うのは上司や部長などマネジメント層です。

 

彼らマネジメント層が嫌がりそうなことを最初の段階で行うことはリスクを伴うので、やめておいた方が無難です。

 

どうしても言いたければ、ごくごく少数の信頼できる同僚にだけにしておいてください。

 

 

 

 

1.3 家族へ切り出す



家族には、好きなタイミングで言っていいと思います。

むしろ転職が決まりそうな段階で相談しておいても良いのではないでしょうか。

 

あなたの転職を一番心配し、かつ一番応援してくれるのは家族でしょう。

事後報告は、家族の絆を損なうかもしれません。

 

 

以下の記事で触れていますが、ぼくも会社への転職する旨の示達は、激しい引き止めを受け、非常に苦労しました。

 

ただ奥さんと事前に相談しており、奥さんの支えがあったからこそ、激しい引き止めにも信念をブラさずに、何とか転職が出来たという経験があります。

 



Sponsored Link

 

 

 

2.正しい退職の切り出し方

前章では「誰に退職を切り出すか」を解説しました。

 

続いては、退職の切り出し方。

方法やステップを解説していきます。

 

 

2.1 メールで呼び出す

 

最初に転職・退職を切り出す人は直属の上司でしたね。

どのように呼び出すかと言うと、口頭ではなくメールで呼び出しましょう

 

「少しお話があるので、少々お時間頂けますでしょうか」などの簡単なメールで大丈夫です。

 

メールでないといけないのは、周りの他の社員に気付かれてはいけないからです。

先ほども触れましたが、情報を漏らさずに進めていくことがマナーです。

 

「どうせ辞めるから関係ない」と言わずに、マナーはしっかりと守ったほうがいいです。

 

 

 

2.2 別部屋で話す

 

先ほどとかぶりますが、マナーとして情報が漏れないように別室に上司を呼び出しましょう。

時間帯は夕方か夜など、比較的社員が少ない時間に設定すると安全かもしれません。

 

 

 

2.3 話の内容は事前に言わない

 

呼び出す際のメール文は簡潔にしておきましょう。

「少しお話があるので…」くらいにしておいてください。

 

何故かと言えば「退職かな?」と万が一にも気付かれることを防ぐためです。

 

気付かれると、例えば事前に説得案を考えて来られたり、誰か別の上司と一緒に来て、2~3人で説得されるかもしれません。

 

言いにくかったり、押し切りにくい雰囲気を作られかねないのです。

とくに人数の圧力は、強敵です。


ですので、退職を切り出す際は、必ず気付かれないようにしてください。


ちなみにぼくは「少しお話があるので…」とメールで言うと上司から「何?」と返ってきてしまいました。

そこで「今期のチームのタスク分担についてご相談があります」と切り返しました。

 

まあ、辞めるので"タスク分担の相談"はウソではありません(笑)

 

 

 

 

2.4 メールで退職を切り出すのはNG!

 


メールで呼び出し、別室で口頭で伝えるのが原則です。

決してメールで「この度退職することにしました」などと伝えてはいけません

これもマナーです。

 

退職は大事なことなので、メールで伝えるようなことではありません。

 

しっかりと自分の意思を、自分の口で伝えることは、辞めるとはいえ、お世話になった会社や上司に対してのせめてもの礼儀です。

 

 

 

2.5 退職届け(辞表)はいきなり出さない

 

最初に職場に退職を切り出す際に、退職届けや辞表をいきなり出すと思っている方がいますが、それは正しくありません

 

ドラマや漫画では、いきなり上司に手渡すシーンが描かれたりしていますが、ドラマだけ。

現実ではやめておきましょう。

 

まず上司に口頭で伝え、話すべきことをすべて話し終わり、会社側が了承した段階で辞表を書きましょう。

大体のケースでは、会社できちんと退職届けなどの雛形書類がありますので。

 

 

2.6 伝え方のマナーは守ろう


礼儀やマナーは社会人として重要です。

「辞める」だけでも、会社に迷惑をかけてしまうことには変わりありません。

 

上司やマネジメントは人繰りや仕事の分担、配置、予算などの計画を作っています。

これがあなたの予想外の退職により、多少は計画が狂うわけです。

あなたの退職が、他の人の仕事を増やす要因になるということは、せめて頭の片隅には置いておきましょう。

 

そう考えれば、最低限は真摯に対応しようと自然に思いますよね。

 

 

 

3.退職のスケジュールを決める

 

3.1 退職日の希望を伝える

 

上司は「もう少し考えてみないか」と、引き止めようとしてくるでしょう。

 

だらだらと引き止めのリズムに飲まれないためにも、「もう決めたことです」としっかりと伝えることはもちろんです。

 

それに加えて「新しい会社への入社の日時や退職の期限」を明確に言うことが大事です。

 


次の会社の入社が10月1日なので、9月末日を退職日とさせてください」と日時を正確に言いましょう。

 

入社日は、転職先企業とも相談する必要があるので、早めに確実に固めておく必要があります。

 

実際には転職先企業は入社日は結構柔軟に応じてくれます。前職の仕事の事情もあるので、1か月くらいのズレは許容してくれるはずです。

 

それでも転職先に「何月になるか分からない」とは言えませんので、この退職日は必ず早めに交渉し、固めてしまうべきです。

 


ちなみにぼくが初めて退職を申し出た時、直属の上司から

まあお前も色々あるんだな。今度飲みにでも言ってゆっくり話そうか

とやや曖昧な発言をされ、すぐに話が進めてくれない雰囲気を感じたので、退職日の希望を明確に言って、時間がない旨をしっかりと伝えました。


もちろんぼくのようなケースではなく、退職にすぐに応じてくれる会社もあると思います。その場合は淡々と日取りを決めて突き進んでいってください。

 

 

 

3.2 有給休暇の取得を目指そう

 

税金など手続きの関係上、大半の企業で退職日は月末日になると考えられます。

ただし、退職日と最終出社日は別です。


つまり必ずしも月末日まで頑張って働く必要はないんです。

最後なので、残っている有給休暇をまとめて全部取りましょう

 

 

出来れば残っている有給休暇の日数を事前に調べておき、初回の話合いの際に、退職日と最終出社日の両方の希望を伝えておくことが大事です。


引継ぎや会社の業務の事情にもよるので、もちろん交渉次第になりますが、前年繰り越しなどを含めればかなりの日数が残っていると考えられます。

 

 

上司や会社によっては「次の後任の人が見つかるのが先だから、ぎりぎりまで働いて欲しい」と言ってくることがあります。(これは本当に身の回りでよく聞きます)

 

あなたの退職によりチームに迷惑をかけることは事実なので、権利ばかりを主張するのも良くはないですが、それでもある程度は取得する権利があるのは間違いないです。

 

 

あなたが「最終日まで働いてもいいかな」と思えば頑張って働かれて問題ないですが、ぼくは有給休暇を取得することを是非ともお勧めします


転職なんて人生で何度もあることではありません。まとまった休みが取れる機会は、サラリーマン人生でそう滅多にあることではありませんから


ぼくは転職したとき、約1か月半くらい有給を取りました。

 

このくらいのまとまった期間の休みがあれば、海外旅行や短期留学、実家に帰って親孝行、ボランティアなど、
色んなことが出来ます。

 


ちなみにぼくは外資系企業への転職が決まっていたので、約1か月を英語漬けにしてみました
転職時の有給休暇の一か月を、まるまる英語に捧げた話

 


そのほかに奥さんと、いつもより足を延ばして遠くにキャンプに行ったりできました。

 

あと細かいですが、福利厚生のポイントなどは早めに消化しておくとお得です。

 

大企業であれば、ベネフィットポイントなどの福利厚生サービスは企業が変わると消滅してしまいますので、ご注意ください。

 

 

4.退職の切り出しに失敗して揉めるケースとは

 

退職を切り出した時に、会社から反発を受けたり、猛烈な引き止めに合う場合もあります。

 

やはり退職者が出るということは、何かしら会社にとってもダメージになりますし、一時的にしろ周りの同僚やチームに迷惑をかけてしまうことになるからです。

 

また、日系企業の多くは退職者が出ると、上司やマネジメントに対して人事上のペナルティが課せられます。

ペナルティを避けたいがために、激しい引き止め攻勢をかけてくることも当然あるでしょう。

 


それでも、なんとか円満に退社したいですよね。

 

以下の記事が、円満退社までの失敗例と、円満退社のメリットを記載していますので、ご参考ください。

 

おわり

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-転職のノウハウ
-, ,

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.