自己啓発

オーディオブックで読書が続く!「聴く読書」で集中力アップの効果も!

更新日:

 

本を読むということは、「アドバイスしてくれる人がたくさんいること」と同じです。

 

自分で何かを考えることには限界があります。

だからと言って他人はそう簡単にあなたを助けてくれません。

 

ところが本なら、あなたが求めればいくらでも力を貸してくれる頼もしい存在です。

ビジネスマン
2009年の調査で少し古いのですが、“本を読んでいる人は年収が高い”とする日経新聞の調査もあります。

 

日本人は本を読まなくなったとも言われますが、だからこそしっかりと本を読んで、周りのビジネスマンと差をつけたいですよね。


ところが読書って、なかなか続かないですよね。

読書がなかなか習慣化ができない原因は

「時間がない」

「本を持っていくのは、かさばるし重たい」

ではないでしょうか。

 

そこで、ぼくがオススメするのは「聴く読書」です。

解説
いわゆるオーディオブックというやつです。

 

あまり聞きなれない方も多いかもしれませんが、このオーディオブックの絶大なメリットと、オススメのサイトをご紹介します。

 
 

<関連記事>

▼読書がいつも続かなくて悩んでいる方は、こちらの記事もご参考ください!

読書の習慣が続かない人の4つの原因と対処法

 

 

 

1.オーディオブックとは?

 

"オーディオブック"は、その名前から想像がつくかもしれませんが、本を目で読むのではなく、音声を聞くことで読めるんです。

読み上げられる音声データをダウンロードします。

 

そしてご自身のパソコンやスマホ、ipodやwalkmanなどで好きな時に聞けるんです。

 

「目で読む」ではなく、「耳で聴く」

これがオーディオブックの特徴です。

このメリットは後ほど詳しくご説明します。

 

 

2.オススメのオーディオブックを購入できるサイト

 ぼくがいつも使っているのは、audiobook.jpというサイトです。

日本最大級!オーディオブックなら - audiobook.jp

amazonユーザーはこちらでも良いかもしれません。

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス

ここからは、なぜ「聴く読書」がいいのか、そのメリットを5つ、順番に説明していきます。

3.メリット1 本を持っておく必要がない

購入方法は、上記サイトで音声データをダウンロードするだけです。

本屋に行く必要もないし、ネットで注文した本が手元に届くのを待つ必要もありません。

そして、第一のメリットが「本を持っておく必要がないです。

みなさんも、どんな場所でもさすがにスマホはお持ちでしょう。

いつもスマホで音楽を聴くのと同じように、「本を聴ける」んです。

本って手に持たないといけないことが制約になってしまうことが多いと思うんですが、音声であればカバンから出すことなく、手に持つ必要もないんです。

そのおかげで、混んでいる通勤電車でも、歩いている時でも問題なしです。

運転中でも、ランニング中でも、料理をしながらでもOKなんですね。

女性に嬉しい(かもしれない)ポイントとしては、なんと入浴中だって読めるんです。

今まで紙なのでさすがにバスルームで読書は難しかったですが、音声であれば、スマホさえ防水であれば問題ないです。

手を使わなくていい。

そのメリットが絶大だからこそ、GoogleHomeやAmazonEchoなどのAIスピーカーが便利で売れているんです。

▼AmazonEcho

4.メリット2 スキマ時間を使える

 

上記のように、手を使わなくても、音楽を聴く感覚で本を読むことができます。

そうすると、読書ができるシーンが広がりますよね。先ほど言ったように、歩きながらでも、スポーツをしながらでも。

 

 

ということは、これまで無駄にしていた「スキマ時間」を勉強や読書に充てることができる、ということなんです。

1日は誰しも24時間ですが「時間がない!」と思っていても、意外に無駄にしている時間は多いものです。

 

今まで何気なく過ごしていた時間を、読書に使ってみませんか。

 

 

5.メリット3 目が疲れない

 

ある意味当然で、敢えて言う必要もないかもしれませんが、、

「目で読む」必要がなくなるので、目が疲れません

 

もっと言うと、明るい場所である必要もないんです。夜寝る間際の、少し照明を落とした部屋でも読書が可能なんですね。

 

目は仕事で散々酷使していると思いますので、読書の時は休ませてあげましょう。

 

 

6.メリット4 集中力が鍛えられる

 

ぼくが個人的に最も一押しなのが、ココです。能力アップができます

使っているうちに「集中力が鍛えられる」ということが分かってきました。

 

ぼくは最初、速聴の能力を鍛えようと思い、あれこれネットで調べていました。

ある時、日本語を聴ける音声データがないかを探していた中で、このオーディオブックに出会いました。

 

音声データをダウンロードし、別アプリで再生スピードを4倍速で聞けば、速聴のトレーニングになります。

 

これのトレーニングがなかなか満足のいく効果を出してくれているんですが、

そもそも速聴トレーニングをやっている間に、再生スピードうんぬん関係なく、「聴き続ける」というだけで集中力が鍛えられることに気づきました

 

 

自分で要因を考えてみたところ、以下がぼくの予想です。

本を「目で読む」場合、読むスピードは目のスピードです。文字に沿って目を動かすスピードです。

 

そして、目で字を追っていくスピードは、あくまで自分次第です。自分の加減で読むスピードを速くしたり、遅くしたり。

調整が可能ですよね。

 

ところがオーディオブックの場合は、そういうわけにはいかないんです。

本を「聴く」場合、人が喋っていることを、その喋るペースで耳で追っていく必要があります

 

意外にこれは大変です。

音声データはちょっと聞いていないと、どんどん音声は先に行ってしまうので、集中して聴いている必要があります。

 

結果的にですが、これが集中力を鍛えるいい訓練になりました。

 

会社でも、話の長い会議や説明をじっくり聞き続けることができるようになりましたし、人と長く話すことが結構ラクになったと感じています。

 

集中力が上がると、仕事の能率も上がりますし、何より頭をがっつり使っている気がして、すっきりした気分になるんです。

 

これは僕自身、予想していなかった思いがけないプラス効果でした。

これを早く聴いていれば、かなり頭の回転も早くなりそうです。

 

 

<関連記事>

▼再生スピードを4倍速まで設定できるアプリは以下記事で紹介しています

録音アプリで会議の議事録作成を効率化!ボイスレコーダーは不要?

 

 

 

7.メリット5 紙の本を買うより断然安い

 

先ほどのaudiobook.jpというサイトでは、一冊ずつの購入の場合は紙の本と一緒の値段設定になっているようです。

 

でも、audiobook.jpには月額聴き放題プランというものがあり、これが750円/月くらいです。

 

実はこの月額聴き放題プラン、本を何冊読んでも、750円しかかかりません。これがすごいメリットです(一部聴けない本もありますが)。

普通の本だと、安くても一冊ずつ料金がかかってしまいますが、このプランだと月額固定の750円しかかからないんです。

 

ありがちですが、このaudiobook.jpでも聴き放題プラン初月無料があります。

 

正直、何冊読んでも750円って安くないですか??

 

 

▼ちなみに読書の費用を抑えるなら「電子書籍」もありだと思っています

読書の習慣をつけるならipadminiと電子書籍をすぐに試すべき

 

 

8.まとめ

いかがでしたか。

本を読むのは、本から知識を得たり、感動をもらったり、リラックスできたり。

いろんな効果があります。

ただどの効果を得るにしても、紙の本を、手に持って目で読むことにこだわる必要はないですよね。

むしろ、上記の制約を取り払うだけで、様々なメリットがあることに気づきます。

ぜひお試しください。

特に能力アップに興味がある方は、個人的にすごく効果を実感したので、速聴トレーニングに使ってみてください。

audiobook.jp

▼Amazon Audible(オーディブル)

おわり




Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-自己啓発
-,

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.