キャリア

【転職インタビュー】証券会社からコンサルへ!きっかけは「クビになると思った」

更新日:

「クビもあるかなって。勘が冴えてましたね」

少し自慢げに語ってくれたのは、30歳になったばかりのコンサルタントの男性。

 

(転職しようかな。)

そう思うタイミングは人それぞれですよね。

今回は会社が買収され、そのタイミングでクビになるかもしれないと感じた時に、先行きが不安になってコンサル業界へ転職した男性へお話をお聞きしました。

 

転職のきっかけは様々です。

転職を考えておられる方は、参考になるかと思います。

どうぞご覧ください。

 

 

 

証券会社からコンサルへの転職

 

Q:簡単に自己紹介をお願いします。

 

実家のある大阪から出てきて、東京の法政大学を卒業しました。

大学を無事に4年で卒業した後は、OB訪問で雰囲気が良かった日系のSMBCフレンド証券に入社しました。

 

フレンド証券で4年間勤務した後、4年くらい前にアクセンチュアに転職しました。

 

関連

アクセンチュアの年収、ポスト、働き方がわかる記事のまとめはこちら

▼他のアクセンチュアへの転職インタビュー記事はこちら

 

 

 

Q:以前の証券会社での仕事内容や会社の雰囲気はどうでしたか?

 

業務はずっとディーリング業務をやっていました。主に債券を扱うチームでした。

 

会社の雰囲気はとてもよかったと今でも思っています。なんというかみんなで情報交換し合いながら、相場やマーケットに向かっていく。そういうチームの団結力で、みんなで稼いでいくといったような雰囲気がありました。

 

他の証券会社に勤務したことがないので比べられませんが「今日はアメリカの雇用統計発表日だけどアナリストの予想が悪いから、こういうポジションを取ってたら気を付けておけよ」みたいな声かけや情報交換が活発だったように思います。

社員間のコミュニケーションが多かったので、雰囲気も良かったですね。

 


同じチームの人が逆張りで失敗してロスが大きくなったから「○○さんは今月はもうポジション張れないから、残りのメンバーでカバーしようよ」といった助け合う文化というか、仕組みもありました。

教育面も整っていたので、非常に楽しく仕事が出来たと思っています。

 


一方で社内の年齢層が高い方が多くて、古い形式や格式、文化にこだわる上司や先輩が多く、たまに理不尽なこともありました。

そういうところはやや窮屈に感じたのは事実です。

 

 

 

Q:なぜ転職をしようと思ったのですか?

 

私がいたSMBCフレンド証券は、名前の通り三井住友フィナンシャルグループ傘下の証券会社ですが、もう一つ、傘下にSMBC日興証券という証券会社がありました。

つまり当時はSMFGの下に二つの証券会社が併存していたんですが、今から考えたらそれはそもそも異常でした。

ご存知のように、去年日興がフレンド証券を合併しました。


私が在籍していた当時は、周囲の人はまだまだ合併なんていう雰囲気はなかったんですけど、何となく私は心配になってしまって。

規模は日興の方が大きかったので、もしかしたらフレンド証券は吸収合併されるんじゃないかなと。

 

もしそうなったらフレンド証券側の人員は削減対象になったりするんだろうか、という不安がありました。

 

それで、思い切って転職活動を始めたんです。

 

 

 

Q:どのように転職を決断したのですか?

 

私もとりあえず最初はリクナビNEXTとかビズリーチに登録してみて、そこでつながった何社かのエージェントと話をしてみました。

 

自分と同じような予想で「フレンド証券からの転職を考えている人、最近いますか?」って聞いたら、エージェントは「今のところはそうでもないです」と回答くださいました。

 

ああ、自分の考えすぎかなあとも思ったんですけど、エージェントが教えてくれたのは

もし合併が起こったケースでは、買収された側の社員の方がが相談に来るケースは多いです

「なぜなら、買収された側の社員より、買収した側の社員のほうがその後の社内待遇とかポストの扱いがいい傾向があるようです」

 

 

当時の少し前は銀行の合併が重なった時期があったかと思いますが、エージェント数社から「そういう事情で相談にくる銀行員もいる」っていう話を聞きまして。


私の場合、合併が起こったら会社の規模やブランド的にもフレンド証券が吸収される側になるような気がしていたので、この先長く働くことを考えたら、別の会社にいくほうがいいかなと考え、決断しました。

 

Sponsored Link

 

 

 

Q:なぜ金融業界から、コンサル業界を選び、かつアクセンチュアを選んだんですか?

 

最初は証券会社もいくつか受けたんですけど、別の業界も興味本位で見ていました。

やっぱりほかの業界って、自分が学んできたスキルとか知識を活かしにくいのかなって思っていたんですけど、コンサルの仕事は、金融部門であれば金融の知識を活かして仕事ができる

 

それを聞いて、面白そうだなと思ってアクセンチュアに決めました。

 

関連

アクセンチュアの年収、ポスト、働き方がわかる記事のまとめはこちら

▼他のアクセンチュアへの転職インタビュー記事はこちら

 
 
 

Q:コンサル業界は働きやすいですか?

 

今のところは働きやすいと感じています。

 

またアクセンチュアは最近働き方改革に力を入れていますので、アナリスト、コンサルタント、シニアコンサルタントというクラスであれば、残業は随分少ないですね。

プロジェクトでクライアント先に常駐していますが、明らかにクライアント先の社員さん達よりも帰りは早いです(笑)

 

ただし業務が減っているわけではないので、マネージャークラス以上が歯を食いしばっている構造です。今はいい環境で働けてますけど、もしマネージャー以上に昇格したら働きやすいかどうかは未知数ですね。

 

 

 

Q:今後のキャリアの計画などはありますか?

 

今後はアクセンチュアに残って昇格に向けて頑張っていこうと思っています。

ただ、ほかのコンサルに行くっていう選択はあります。

というのも、アクセンチュアは儲かるプロジェクトの見極め力が、多分いい。そういう案件に人を送り込み、ノウハウや事例を作って他社へもすぐに同じ提案に行く。

 

アクセンチュア自体の人数が増えてきたので、こういう機動力が非常に高いんだと思うんですけど、一方で案件が同じようなものに偏る傾向もあるんです。

長く在籍してプロジェクト経験を積むと、その経験を活かして似たような案件にアサインされるケースも増えています。

 

ぼくは若干飽きてきたので、違うコンサルを探してみるのもありなんじゃないかなと少し考えているところです。

 

 

インタビューを終えて

 

"会社の吸収合併"

日本でもM&Aの件数は増えていますし、決して他人事ではありません。大企業であっても、自分の会社が買収される側になることも、十分に起こり得る時代です。

 

特に近年はどの業界も利益が上がりづらい環境にあり、コストカットや効率化で利益を捻出しようというトレンドが明確です。

 

M&Aは規模の拡大という戦略もあるのですが、実は2社の共通する部分を削ぎ落し、コストカットや効率化にもうってつけの戦略と言えます。

 

決して全てのケースがそうとは言い切れませんが、企業合併が行われると、その分管理職ポストを集約したり、重複していた業務が一人で出来るようになったりと、人員整理に繋がるケースが往々にして起こりえます。

 

 

今回インタビューさせて頂いた方は、先を見越して転職に成功されました(少なくとも後悔はしていないようです)。

もちろんフレンド証券に残っていたからと言って、クビになったかどうかは分かりません。

ただ、今在籍している自分の会社の行く末や方向に注意を払い、情報を集めることは大事なんだと思います。

 


情報を集めた結果、
「俺の会社は大丈夫だ」
「俺はこの会社で頑張っていく」

そう思えたら、それは素晴らしいことです。

 

 


決して転職ありきではありません。

ただし情報を集め、自分で判断し決断することが何より重要です。

まずは情報です。

 

詳細で、かつ新しいナマの情報が極めて大事です。

転職に興味があっても、なくても、まずは本サイトや転職系のブログ、Vorkersなどの口コミサイトを確認してみることでしょう。

 

また転職エージェントの話は、かなり参考になります。

いいエージェントは、転職者が転職したあとも引き続きコンタクトを取っており、ナマの声を集めているものです。



ビズリーチリクナビNEXTような大手のサイトで、まずはエージェントとつながりを持ってください。

キャリアカーバー(CAREERCARVER)はリクルート系列で、ハイキャリア寄りの質のいい案件やエージェントからのメッセージがたくさんもらえるイメージです。



外資系企業を希望するのであれば、JACリクルートメントがおすすめです。
ぼく自身もこちらでお世話になったことがあります。

リクルートエージェントも大手で、システムや担当がレベルが高いのでおすすめできます。

 

<関連記事>

なぜJACリクルートメントは外資系・ハイキャリア転職者から評判がいいのか

 


みなさんのキャリア形成が最善のものになるよう、応援しています。

 

 

おわり

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-キャリア
-, , , , , ,

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.