キャリア

ハイキャリア女性の悩み。転職か子育てか給与か。メガバンク女性総合職のケース

更新日:

 

「転職しようか迷っていますけど、女性は女性ならではの悩みがあるんです」

メガバンクに勤める女性がそう話してくれました。


日本では、次第に転職者数が増加していると言います。
金融機関の人たちも例外ではありません。

自分らしい働き方を探しているのは男性だけではなく、女性も同じです。
いやむしろ、女性は女性ならではの悩みがあるようです。

 

特に近年は女性の社会進出が進み、大企業の総合職として働く女性も増えてきました。

メガバンクではすでに女性総合職は4割を超えている印象だということです(社内の感覚ベース)。

 

当然キャリアの悩みについても多様化していることが想像できます。

 

解説

今回インタビューしたのは28歳、三菱UFJ銀行総合職、6年目。

彼女もまた転職をすべきか悩んでいる一人です。


悩みながらも、今回ある一つの結論と方向性を見出したようでした。

 

 

 

インタビュー

 

Q:自己紹介とこれまでのキャリアを教えてください。

 

はい。
私は東北で大学を卒業したあと、新卒で今の三菱UFJ銀行に就職しました。

親は厳しく大学は地元の東北にしか行けなかったので、東北を出て色んな地域に行ってみたかったからというだけの理由で総合職を選びました。一般職で入ったら、基本的には実家から通わなければならないので、実家のある東北にずっといたでしょうし。

ある意味全国転勤を前向きにとらえていました。


ところが残念ながら最初の配属支社は仙台。

仙台はかなり大規模店なんですけど、他の地域に行きたかったのに結局東北だったんで、次の店で東京に行くためだけに頑張りました。

すると3年経つ前くらいに東京に異動が出て、初めて東北外で暮らすことが出来ました。

「配属が東京なら仕方がない」と両親も送り出してくれました。

 

慣れない生活だったんですけど、東京に来れたのが嬉しくて法人営業の仕事もさらに頑張れました。

実績が認められたのか、次の異動で今の丸の内の本部部署に来ることになり、今ちょうど1年くらいでしょうか。

 

 

Q:ご結婚はいつ頃されたのですか?

 

結婚は東京に来てからですので、今から約1年半くらい前です。結婚して少ししたら本部に転勤になりました。

結婚生活をする上では、本部でよかったなと思います。

というのも、支店の営業って、帰る時間がだいたいみんな同じくらいで、そこから会社の人たちとご飯に行くこともあり、すごく大変なんです。

外回りはすごく体力も使います。

 

でも本部って自分の裁量で自由に調整できるので、旦那との予定に合わせて柔軟に働ける点は恵まれている環境だと思っています。

 

 

 

Q:銀行の今の部署の仕事や、環境を教えてください。

 

今は銀行の本部で、国内の法人営業の業績の取りまとめや表彰制度の整備、研修の立案などです。


仕事は半年毎の繁忙期以外は比較的落ち着いていて、忙しくもなく、ラクでもないくらいです。

朝は8時くらいに出社して、19時~20時くらいには退社できています。営業現場とは違い、お昼ごはんも食べる時間があります。

支店営業の時には、アポイントの関係で食べれなかったり、外回り中に車でコンビニのパンとかでしたから。


周囲の人も温厚で優しく、尊敬できる人も多いのでいい環境だと思います。

 

 

Q:今、転職を考えられているのですか?

 

はい、考えています。
さっき言いました通り、環境は比較的恵まれていて、仕事を絶対に辞めたいわけじゃないんです。

ただもっと面白い仕事がないかなあって考えていて。

今の分野は苦手ではないですけど、興味があるわけではないので、なんだか少し仕事に身が入っていないように感じています。

それにもう一つは旦那が同じ金融関係で、いろいろと金融業界の将来のことを考えていると、家族としてリスク分散も必要かなって。

 

 

Q:転職に踏み切れない理由を教えてください。

 

悩んでいるのは、やっぱりお金の面です。

メガバンクはやっぱり給料がいいですし、最大の理由があと1~2年で昇格が控えているんです。

今の「書記」というポジションから「調査役」といういわゆるマネージャークラスへの昇格です。

今は年収にして600~700万円くらいだったかと思いますが、総合職で調査役に昇格すれば、最初の年でも1000万円には届くんですよ。

やっぱりダブルインカムは強いです。

贅沢をしたいっていうよりは、いつまで働けるか分かりませんから、今のうちに稼ぐだけ稼いでおきたいと思っています。

 

それから、結婚したことで女性としても色々と考えるんですよね。

三菱UFJは福利厚生もいいし、育休も取りやすいです。産休中でも給料は確か6~7割程度は出るので、ベストタイミングは調査役に昇格してから少し働いて産休と育休を取ること。

それに転職したばかりで妊娠して「育休欲しいです」って、なんだか転職先にも迷惑かなとか考えてしまいます。

 

 

Q:今後も最近転職活動をする気はないのですか?

 

いえ、実は最近始めました。


なぜかというと、このままでは仕事に身が入らなくて、それが自分としても会社としてもあまり良くないと思ったからです。

まずは他社からどんな仕事の引き合いがあるか見てみたいです。業界は金融機関以外も含めて幅広くみています。

年収のこととか、福利厚生のこととかいろいろ不安はありますけど、幸い旦那もしっかり働いているので、私は少し冒険してもいいかなと。

あと、やっぱり金融にしてもメーカーにしても、会社は守ってくれない時代になりそうだなと感じていて、だったら「新しい会社に迷惑かけるとか、あまり気にしなくてもいいんじゃないかな」って割り切って考えるようにしました。

 

 

Q:どういう業界を狙っているのですか?

 

福利厚生の充実している日系企業がいいかなあと考えていたんですけど、エージェントの話を聞いたりしていると、外資でもアクセンチュアとか働きやすいみたいでしたね。もちろん入社は難しいですけど。

ただ現段階では絞り込めていません。

 

 

Q:転職サイトやエージェントには登録しましたか?

 

やっぱり一応ハイステータス層の転職を一旦見てみようかと思い、定番の"ビズリーチ"を登録しました。

外資系企業もチェックしておこうと思ったので、別の方に薦められた"JACリクルートメント"というエージェントにも個別に登録しています。

 

女性で転職している人が周りにいないので、女性の観点でも参考になるアドバイスや情報が欲しいなと思って、女性のためのサイトと謳っている"とらばーゆ"というサイトに登録しました。

 

 

 まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

キャリアの悩みは人それぞれです。
男性と女性はもちろん違います。

結婚しているか。将来子供を持ちたいか。配偶者やパートナーの会社や年収はどうか。

人生やキャリア、働き方の正解は、人の数だけあるように思います。


もし自分にとっての正解をお探しなら、まずは自分の生活とキャリアをしっかりと見つめ直し、外の世界を見てみることではないでしょうか。


最近はトレンドの変化が早いです。詳細で、かつ新しいナマの情報が極めて大事です。

まずは本サイトや転職系のブログ、Vorkersなどの口コミサイトを確認してみることでしょう。


調べて、結局転職しないと決断できれば、それでいいんだと思います。あなたは一番いい会社に最初から出会えたという運のいい方です。

 

 


ただ、もし他の道もあると思えば、外に出てみませんか。


外の世界を知る上で、転職エージェントの話はかなり参考になります

いいエージェントは、転職者が転職したあとも引き続きコンタクトを取っており、ナマの声を集めているものです。

ビズリーチのような大手のサイトで、まずは複数のエージェントとつながりを持ってください

 

外資系企業やハイキャリアを希望するのであれば、JACリクルートメントがおすすめです。ぼく自身もこちらでお世話になったことがあります。

JACリクルートメントについては、実際に使用した体験から、いかにこのエージェントがハイクラスや外資系転職者から支持されているかを、どこよりも熱い思いで丁寧に書いております。

なぜJACリクルートメントがハイクラスや外資系転職者から評価されているのか

 

ぼくは、いいキャリアは「決して転職ありきではない」と考えています。

ただ外の世界を知っていることと、知らないことは別です。

まずは情報です。
情報を集めましょう。

 

皆さまのキャリアが良いものになるように応援しております。

 


おわり

 

 

 

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-キャリア
-, , , , ,

Copyright© 年収1000万円の人の情報サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.