自己啓発

実は難しい「一日たった5分だけ」が本当に毎日できるコツ

更新日:

 


「一日たった5分で~」
「毎日10分のXXXをするだけで~」

 

テレビCMやサイトでも、直観的に「5分だけかあ、それなら俺にもできそうだ」と思わせるキャッチコピーが世の中にあふれています。


ぼく自身も習慣にしたいものがあったときに
「毎日30分だけ走ろう」とか
「毎日5分だけ日記をつけよう」

とか
「一日15分でいいから英語の音読をしよう」
なんてことをやっています。


高い目標は続かないので、かなりハードルを下げたつもりで「5分なら」と目標設定したつもりなのに、いやそれでも全然できないもんなんですね。

みなさんはどうでしょうか。

ビジネスマン
5分はいけますか?

毎日できますか??

 

5分でも10分でも、毎日決まったことをストイックに出来る方は本当に尊敬します。

ぼくは、この「毎日XXXをする」は、実はとても難しくて出来ない人が意外に多いんじゃないかと思っています。

(できている方は遠慮なく読み飛ばして下さい)

 

解説
本記事では、毎日できる習慣を身につけるコツをお伝えします

 

 

「毎日5分でいい」は、実は一番難しい

 

「5分でOK」
と言われたらすごく簡単そうですが、本当にそうでしょうか。

実は「毎日」というところが肝なんだと思います。

 

仕事も忙しいし、残業や、会社の付き合い。
友人との食事に、奥さんや家族との時間、恋人とのデートなど。

 

日々色んな事やたくさんのイベントがあふれている中で、同じ日なんて一日もありませんし、

ましてや「毎日にかならず同じ行為や行動を取り入れる」なんてかなり難しいことだと思いませんか。

 

たしかに歯磨きとかシャワーを浴びるとか、こういう生活の一部になっているものは毎日できます。

これはたぶん、歯磨きしないとかシャワーを浴びないと気持ち悪いから。やらないと自分が不利益を被ったり、不快感やストレスを感じる。だから毎日できるんですね。

 

一方で「別にやらなくても、なんとかなるもの」を毎日続けるのは、それがたとえ5分でも、1分でも難しいものです。

ランニングや読書など、毎日少しでもやりたいけど、こういうものは、別にやらなくたって、いきなり病気になったり、誰かに怒られるわけでもないです。


また「明日でも出来ること」「いつでも出来ること」を規則正しく、毎日するのも難しいです。

 

英語の勉強、一日10分でも勉強出来れば1か月後2か月後には英語力が全然違うでしょう。でも明日に回したところで、特に影響はなさそうです。

だったら、ついつい「明日でいいや」になってしまいますよね。

 

 

意志の力に頼ってはいけない

 

ごくごく簡単なことなのに、しかも全然時間かからないのに、毎日続けることが出来ない。

その理由は意志が弱いからです。
これしかありません。

 

意志が弱いので、一日たった5分を一か月も続けられないのです。

ただし、あなたの意志が弱いことを責めるつもりはありません。

「意志が弱いのは情けない!強い意志を持って頑張ろう!」

本記事はこういう提案をしたいわけではないんです(そのくらいのアドバイスなら誰だって言えます)。

 


むしろ意志が弱いのは仕方がないことだと考えましょう。

 

誰しも意志なんてモロいものです。

人間なんて弱い生き物です。

 

大事なことは「自分の意志力」には微塵も期待しないことです。だって本来人間の意志なんて、誰しも大したことないんですから。

 

 

強制的にやらざるをえない状況になる「仕組み」を取り入れるしかない

 

何かを続けるには「意志力」に頼ってはいけません。
意志力はアテになりません。任せられません。

よって他のものに頼りませんか?

 

ぼくはなにか「仕組み」を導入することを提案します。


例えば英語だったら、オンライン英会話の予約を一週間分取ってしまう。

運動するなら、ジムの平日早朝プランを契約してしまう。


一番いいのは他人を巻き込むことです。

毎日奥さんと一緒にランニングする。

彼女に一日一回電話して、その日あったことを英語で話す。

英語の勉強をしていない日があったら、奥さんに注意してもらう。

子供が学校の宿題をやっているときに、一緒に勉強をする

 

SNSも効果的です。

一時期流行りましたが、ランニングしたら、それを投稿する、ツイートする、など。


他人の目があると、それが自分の行動をある程度縛ってくれるので、かなり効果的です。


ちなみに読書を習慣化したい時は、専用の方法がありますので、以下記事をご覧ください。

 

▼読書を習慣化するには

読書の習慣が続かない人の4つの原因と対処法

 

読書の習慣をつけるならipadminiと電子書籍をすぐに試すべき

 

 

 

アプリで管理してみるのもいい

 

いまや行動やタスクの管理ができるアプリもたくさんあります。

毎日すべきことをアプリに登録

日々達成したらチェックを入れる


毎日着実に達成していると、入力すること自体が楽しくなって意外に続きやすいですよ。

 


ぼくはリズムケアというアプリを使っています。

 

これは一日達成したらチェックを入れる機能だけじゃないんです。

 

例えば「毎日体重を測る」のような目標を設定したときに、

1月10日 「体重」72キロ

と数字も入力できたり、

1月10日「よく眠れたか」★★★☆☆


と体調管理の入力もできます。

 

まさに、タスク管理と体調や生活習慣の管理に使える点が、一石二鳥で便利だと思って愛用しています。

 

 

(参考に)LINEグループで管理

 

他人を巻き込む、それも複数人で一緒に実施すると効果的です。

ぼくは友人の数人と、目標の設定と達成を管理するLINEグループを立ち上げています。

毎日ではないですが、半月毎に目標を設定します。


<今月上旬の目標>
・毎日読書を30分する


半月経った時点で、
<今月上旬の成果>
・毎日読書を30分する⇒15?日のうち12日達成

 

とグループラインにツイートするんです。

他人に見られているので、「やらなきゃな」という気持ちを後押ししてくれます。


同じような人がいないとグループが作れないのが難点ですが、意外に呼びかければ集まるかもしれませんよ。

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

「一日たった5分」でも毎日続けることは、とても難しいものです。

 

続ける意思が強ければ問題ないのですが、普通の人はそのそも意志力なんて大したことないんです。

意志力に任せてはいけません。


何かやらなければならない状況だったり、ルールだったり、または意志力をサポートしてくれるようなツールに頼ればいいのです。

 


おわり

 

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-自己啓発
-,

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.