キャリア

”本社勤務”銀行員の転職先一覧「専門性があれば次のキャリアが違う」

更新日:

今回は銀行員の転職先、特に"本社勤務"の銀行員の転職先を考えてみたいと思います。

 

銀行員の転職を紹介している多くの記事は、営業員向けです。

お悩みビジネスマン
メガバンクの本部で働いている人に合った転職先が知りたいなあ

 

という方も多いのではないでしょうか。

 

 

銀行職員の多くは、いや大半は支店配属の営業員ですよね。


ちまたの銀行員”転職記事”は、主にメガバンク総合職の法人営業経験者、または地銀の営業職員(法人やリテール)を経験された方が書いていると考えられれます。

 

ただし銀行業務は、様々な部署や業務があります

一般的で非常に身近なのは、今申し上げた営業マンである「法人営業担当」「リテール営業担当」です。

 

その他に

経営企画系、商品企画系、国際、リスク管理、コンプライアンス、プロジェクトファイナンス系、審査部門



 


一言で銀行員と言ってもそのキャリアは様々です。

転職のことを考えれば、それぞれの部署で身に着けた金融の専門知識によって、その後考えうる道は大きく違うんです。

 

解説
本記事では、本部配属だった銀行員が、そのキャリアに応じてどんな転職先があるのかを見ていきます

 

銀行・メガバンクからの転職をまとめた記事はこちら

 

支店支社での営業の方へのご参考

本記事では、本部にスポットを当てていますが、もちろん営業マンの方への転職にも触れていますので、ぜひご参考ください。

支店営業の方は、何ヶ店か支店を経験していくうちに、だんだんとキャリアがその道で宿命づけられて固定化してしまいます。

でも本来は銀行の業務ってバラエティーに富んでいて、いろんな仕事があります。

ぼくは元々営業マンでしたが、本部部署で専門性を身につけたことで、転職で非常に有利になりました。

もちろん営業員の方でもメガバンクであれば市場価値は高いですが、「本部に行けばどうなるんだろう?」ということを考える材料にしていただければ幸いです。

 

1.地方公務員

総合職(法人営業)の激務、特に支店や営業本部の激しいノルマに嫌気がさした人は、地方公務員を目指す人が多い。

公務員は「営業ノルマがない」のが魅力。ただし場所によっては激務なので、注意して選びたい。

銀行の部署がどこであっても、転職に有利不利はないと思われる。

 

ただし、給与は大きく下がる点は認識しておくべき。

メガバンクで支店長代理や調査役に昇格していれば、半額近くにまで落ちるつもりでいること。

 

公務員については、メガバンクからの転職者は多い傾向にあるが、以下の記事に書いている通り、本当に公務員の世界に求めている職場がそこにあるかは、よく調べてから行くようにしたい

 

 

 

2.金融庁


財務省や財務局から来ている人もいるが、銀行や証券会社からの中途採用者が相応に在籍している。

 

金融庁でプロパーの人は、ビジネスや金融機関の実務が分からない。

よってビジネスやソリューションを知っていたり、現場の実務が分かっていれば、庁内で相応に活躍の場がある様子。

金融庁という組織の性格上、特に経営企画やリスク管理部署出身は業務の親和性があり、非常に重宝されるだろう。

 

 

リテールや法人営業などの営業現場に対しての監督業務は多い。

よって営業現場の感度についても役に立つ場面はあろう。


ただし給与は下がる。

メガバンクで支店長代理や調査役に昇格していれば約7割程度まで下がると考えておくこと。

 

 

⬇︎金融庁に関する別の記事

銀行や証券から転職すべき!?金融庁が高給を狙い撃ちか

 

Sponsored Link

 

 

 

3.IT系やWeb系


銀行のシステム系の部署なら、中規模のシステム会社へいく人がいる。

20代であれば営業職からでもポテンシャル採用で大きなIT系企業にいく可能性はある。しかしGoogleやAmazonなど大きいところはハードルが高い。


楽天は20代であれば可能だが、若い人材が多い会社であり、30歳半ばからの転職は難しい可能性もある。

 

4.一般企業の経理部門


法人営業をやっていた総合職は決算書や財務、キャッシュフローが分かっているので強い。

 

 

給与はその企業によるが、経理部門といえば一般的にあまり高くないと思っておこう。

かつ一度経理部門に行くと、その後のキャリア展望が見えにくくなるのが難点

 

 

5.一般企業の経営企画部署


銀行で経営企画系部署に在籍していたことがあれば有利。

ただし一般に「経営企画部署」は難関である。採用人数が少ないわりに、戦略系コンサルからくる人など、強豪も多いからだ。

 

一般にコンサルの次のステップがベンチャーや起業、そしてこの」一般企業の経営企画」と言われる。

20代は難しく、それなりに企画部署の経験を積んだ20代最後か、30代からの挑戦がいい。

 

 

<30代になってからの転職に関する記事>

30代での転職は有利!あなたはすでに即戦力人材になっている。

 

 

 

 

6.人材系

人材系とは、転職エージェントなど。

 

リクルートなどの大手の人材系は、銀行で法人営業のみやっていた人も20代で採用されている。

国際部門の経験があれば、海外求人に強い転職エージェントへの転職も可能。

 

全体的には年齢はあまり関係ないようで、30代からでも問題ない。

ただし給与は実績によって変動するケースが見られ、年収1000万円程度の給与維持はそれなりにハードルがある。

 

また最近の転職トレンドの盛り上がりにより、業界として競合他社は多い。


海外求人やハイキャリアを扱うエージェントはオススメ。

外資系コンサル出身者や大手金融機関出身者もいて、人材レベルが高いから良い刺激になる。給与も相応なレベルを維持していると考えられる。

 

僕は自分が転職する際にJACリクルートメントというハイキャリア専門の転職エージェントを使った。ここに属しているキャリアコンサルタントは、外資コンサル出身者などで構成されていて、本当にレベルが高かった(複数社と話をしていて、比べた実感)。

<関連記事>

なぜJACリクリートメントは外資系やハイキャリアの転職者から支持されているかを解説

Sponsored Link

 

 

 

7.信託銀行


銀行で法人営業をやっていた人もいける。

ノルマや風土が、商業銀行(メガバンク)に比べてやや緩い点が魅力。


リテール系でも、相続実務などを知っている人は転職に強い。

 

ただしそもそも信託銀行は離職率が高くなく、採用人数はそれほど多くない。

銀行からの転職であれば、「なぜ信託銀行がいいのか」志望動機には工夫が必要。

 

 

8.証券会社・外資系投資銀行

メガバンクでグループ証券に出向したことがある人はかなり行きやすい。グループ証券会社出向中にそのまま転職する人もいる

例えば三菱UFJモルガンスタンレー証券からゴールドマンサックスへの転職など。

 

M&Aに携わった経験があれば、IB部門への転職を目指そう。

 

また市場部門などマーケット知識があれば、証券のトレーディング部門の道もある。

 

グループ証券会社での商品開発や銀行でのデリバティブ商品開発に携わったことがある人も強い。

 

ただし銀行でリテール営業⇒証券のリテール営業は業務的に親和性がありそうだが、実例はあまり聞かない。

 

また銀行で法人営業のみしか経験がなければ、投資銀行は非常に難しいと思っておこう。

 

<関連記事>

銀行員は絶対に本部部署を経験すべき。キャリアに圧倒的な差が生まれる

 


野村證券であれば給与が上がる可能性もあるが、それ以外であれば日系証券はそれほど給与は大きくは上がらない。


外資系投資銀行であれば、転職時にうまく年収交渉しよう。

2000万円を超える可能性もある。激務ではあるが、意外に英語がかなり喋れるだけで、ある程度通用するようだ。

 

業界内で知名度が上がると、その業界でぐるぐる回れるので一生困らない金が手に入る。

ただしパフォーマンスが上がらなかったり、自分が実績を上げていても本国本社のコストカット意向で突然クビになったりする。

 

<関連記事>

野村証券会社から外資系投資銀行へ転職した人へのインタビュー

 

 

 

9.コンサルティングカンパニー

優秀であれば外資系コンサルもいける。金融機関出身であれば、おおよそは金融部門に配属になる。

そうするとクライアントは大手金融機関の本部部署しかない。クライアントは限られ、業界的に純粋な戦略系案件は少ない。

よって20代であれば「純粋な戦略系(マッキンゼーやBCG)」に挑戦してみよう。こう言うところであれば「純戦略」の質の高い案件に携わるチャンスがある。

 

 

ただし純戦略系は採用のハードルが極めて高い。

東大京大早慶出身者であり、かつ前職がしっかりした大企業で、しっかりした経験やバックグラウンドを持っていて、相当面接の事前準備をした人の5人に1人しか受からないレベルであることを認識しておこう。

 

 

若ければ、金融部門にこだわらず、総合系(アクセンチュア)の金融部門以外へいくことも視野にいれるべき。

 

銀行で法人営業だけやっていた場合は採用されていないという声もあり難しいが、それでも20代の中盤までであればいける。

30歳近くなると、かなり飛び抜けた営業実績があり、かつそれをきちんと説明できればアクセンチュアやBig4などの総合系コンサルは可能。

営業本部出身者は実績アピールに納得感があるから、ポイントが高い


リテール営業しかやったことがない30歳女性がアクセンチュアに受かった事例もあった。ただし背景に女性の積極採用という流れがあるとの見方もある。

 

経営企画系や国際部門、リスク管理は固有の専門知識があり、アクセンチュアやデロイト、PWCなどは受かりやすい。

コンプライアンス部門やIA(内部監査)は現状、金融機関自体に若手がいないので転職事例はあまり聞かない。ただし世界的な規制強化で、コンサル会社からみてコンプライアンスに関するプロジェクトは増えており、人材ニーズはあると思うので一度転職エージェントに聞いてみよう。


マッキンゼーやBCGなどの純戦略系は、20代のポテンシャル採用がやや多いと言われるが、他の総合系やBCGの一部の部署では30歳超えても採用に積極的だ。

<関連記事>

30代からコンサルへ!転職のための必須スキルとは

 

 

 

野村総研などのシンクタンク系は、銀行の調査部系の人は経験を活かしやすい。

野村総研は若手のうちから営業ノルマが課せられており、銀行営業出身者で営業成績に自信があれば活躍できる可能性はある。ただし当社は中途採用は少ない(離職率が低いため)。

 

銀行内でシステム開発を担当したことのある人は、アクセンチュアなどITに強い総合系コンサルも採ってくれる。ただSEやテクノロジー、 オペレーションズの領域だと、ストラテジーやコンサルティング部門に比べ給与は落ちるので要注意。

 

注意したいのはコンサルティング業界は、コンサル経験なしだと役職がワンランク下がる

よってメガバンクの支店長代理や調査役だと、転職時に一時的な給与ダウンの可能性がある。ただ後々取り返せるレベルではある。

 


風土として理不尽なことはあまりない。

ただし、そこそこ厳しく、そこそこ激務。

40歳まで順当に昇格できれば、アクセンチュアなどの総合系は1500万円~2000万以上はいく。

▼アクセンチュアの給与やポジションを確認したい方はこちら

 

マッキンゼーやBCGなどの戦略系であれば、30代前半で1500万円も可能

 

また外資でも意外とクビにはならないので、5年から10年単位でキャリアを積める。

▼外資系企業は本当にクビになるのか?

 

Sponsored Link

10.ファイナンシャル・アドバイザリー

銀行でM&A業務の経験(営業としてではなく)がある人は有利。


ただ最近は金融機関出身であれば、M&A業務未経験でも積極採用している。とくにデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーが有名

 

意外にメガバンクで昇格できなかった人も転職できている。

給与も相応に高く、ポジションによってはメガバンクからでも年収1000万円程度を維持しつつ移れる。

 

ただし激務であり、土日出勤も多い。

 

M&Aという専門知識が身につくので、今後のキャリアの幅も広がる。

投資銀行から転職してくる人との競合になるので、それなりに皆優秀。

 

 

11.投信会社・資産運用会社

市場部門出身だったり、マーケット知識がある人は有利であろう。リテール商品企画系のキャリアもよいだろうか。

 

ただし30代で、かつこれまでのキャリアが法人営業のみの場合は難しい。

国内系は銀行や証券の”天下り先”的な面もあるため、社内の年齢層は比較的高めか。モチベーションが高くない人も相応にいる。その分雰囲気は緩め。

ただしメガ系や野村證券大和証券などがグループ系列投信の取り扱いにこだわらなくなってきており、将来的な会社の安定は不透明。

給与は下がるが、ダメージは少ない。


フィディリティなどの外資系は採用人数も少なく、かつ激務だが給与は申し分ない。

 

 

12.ベンチャー起業・スタートアップ


20代から30代前半まで幅広く転職実績が見られる。

銀行特有の縛られた管理が嫌で、自由になりたい人、仕事にやりがいを求める人は向いている。

 

転職サイトというよりは、実際にベンチャーにいる人からのヘッドハンティングが中心。

一般にベンチャーは大手の転職エージェントに払うフィーがないため、人づての紹介で声がかかることが多い。

よって予想以上に人脈とコミュニケーションがものをいう世界。

 

 

単純な学歴や会社に加えて、相応に銀行内で活躍していたり評判がよかったりする人が多い。

行きたければ常にアンテナをはる必要あり

 

給与は様々だが、立ち上げたばかりのベンチャーであれば最初は年収400万円もいかないかもしれない。

うまくいけば月の手取りが100万円を超えるケースも聞く。

ただし激務であり、ワークライフバランスという言葉はない。

 

三菱UFJ、アクセンチュアからベンチャー企業へ転職した方へのインタビュー記事があるので、参考にしてほしい。

年収が半分に?!三菱UFJ・アクセンチュアから起業7か月のベンチャーに転職した理由

 

 

 

 

13.格付機関・情報ベンダー

格付モデルなどが分かっている人や、それに関する業務をやっていたことがある人などはS&Pなどへの転職事例がある。

リスクアセットやPD、格付遷移行列など、金融工学分野の知識も使える。

 

▼外資系格付機関のスタンダードアンドプアーズに転職した人へのインタビュー

 

マーケットに詳しいとBloombergなどにチャレンジしてもいいかもしれない。

営業が得意の人も相応に良いかもしれない。

ただし顧客が大手金融機関の本部部署になるため、ある程度の銀行の本部の内情や、どのようにこういったマーケット情報が実ビジネスで利用されているかの感度は欲しいところ。

 

リサーチ部門は銀行調査部系の人もいい。

いずれも採用人数は少ない。
外資が中心なので、給与はメガバンクからでも、横ばいか上昇。

そこそこ激務である。

 

 

14.外資系保険会社


給与アップが転職の目的であればプルデンシャル生命保険に行く人がいる。法人営業で活躍していたら当社でも活躍できる可能性がある。

 

銀行の顧客である法人のオーナーが自分の資産運用で外資系保険会社を利用して、そのオーナーづたいにメガバンクの法人営業に声がかかるケースがある。


メガバンクで昇格し年収1000万円あっても、成績次第では給与上昇。

 

ただしあくまで営業成績によるので生活があまり安定しない点は注意。

人数は少ないがプルデンシャルのリスク管理部署などは給与安定。

 

<プルデンシャル生命の方へのインタビュー記事>

年収1億円の外資系?プルデンシャル生命社員の働き方

 

 

 

15.総合商社


銀行でプロジェクトファイナンス系の部署からの転職事例はある。ただ採用人数は少ないため、転職事例は多くない。

外資の投資銀行やコンサルが給与の大幅ダウンを嫌ってこういったところに応募してくるので、競争はかなり激しい。

 

 

16.クレジットカード会社・信販会社


審査の経験があれば、可能性はある。

銀行系のクレジット会社などは、銀行からの出向者も多いため雰囲気は馴染みやすい。

年収も悪くはない。

 

17.地方銀行


地元に帰りたい等の理由から、メガ銀から地方銀行パターンもある。

メガの激しいノルマに嫌気がさしたので転職するケースも聞くが、地銀でもノルマがあるのは一緒なので注意したい。ノルマが嫌であれば、地銀の本部部署への配属を狙おう

 

地銀によるが、総資産が3兆円を下回るような小規模の地銀であれば、国際部門の経験やプロジェクトファイナンス系知識はあまり役に立たないかもしれない。

 

 

18.まとめ

いかがでしたか。

 

銀行と言っても様々な部署がありますし、身につけた知識もそれぞれです。

必然的に転職できる業界や会社が大きく変わってくるのは当然ですよね。

 

解説
自分を「銀行員」と一括りにしないで「自分が身につけた知識はなんだろう」、「役にたつスキルはないのか」をもう一度考えてみることをオススメします。

 

思いもよらず「高い値段」がつくこともありますから。

 

ただ、情報を自分で集めるよりは、プロに聞いた方が100倍早いので、ぜひ転職エージェントや転職情報サイトへ登録してみましょう。

オススメのサービスを以下に掲載しておきますね。

ぼくはメガバンクからの転職の際には、ビズリーチとJACリクルートメントを使い、非常に満足のサービスを受けることができました。

 

【個人的におすすめする転職情報サイト】

ビズリーチ

リクナビNEXT

キャリアカーバー(CAREERCARVER)

【個人的におすすめする転職エージェント】

JACリクルートメント

リクルートエージェント

パソナキャリア

 

 

<転職に関する他の記事>

メガバンクや銀行からのハイキャリア転職をするなら、転職エージェントはこだわろう

メガバンクのように多忙で激務でも、転職活動の時間は取れる

 

おわり

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-キャリア
-, , , , , , , , ,

Copyright© 年収1000万円の人の情報サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.