転職のノウハウ

転職のベストタイミングはいつ?仕事の調子がいい時こそ始めよう

更新日:

"転職"

それは人生でも数少ない一大イベントです。転職するかどうかはもちろんですが、そのタイミングも大きな悩みのポイントですよね。

 

本記事では

お悩みビジネスマン

「転職って、ベストなタイミングはあるんでしょうか?」

「いつ転職するのが、一番いい会社に受かりますか?」

 

というお悩みに回答します。

 

何度も転職活動を経験し、かつ外資系のコンサル会社で面接官をすることもあるぼくの経験から答えさせていただきます。

 

解説

それは

「上がり調子の時に転職するとうまくいく」

「下り調子の時は転職はうまくいかない」

です。

 


中途採用について、企業の採用側は「あなたがどういう状態にあるか」をある程度見抜きます

状態とは「上がり調子なのか」「下がり気味なのか」です。

 

どういうことなのかを、本記事で詳しく説明していきます。

 

 

<関連記事>

30代からでも転職は間に合いますか?

 

 

 

1.「下がり気味」の状態とは?

 

得てして転職を考えるときは、今の仕事に不満があるときです。
それは当然なのですが、どういう不満なのか。ここを面接官は注意して見ています。

 

例えば

お悩みビジネスマン
「仕事がきつい」
「いやな部署に異動になった」
「上司が厳しくて辛い」

 

こういう動機は、いわば「下がり気味」です。

 

今の職場から「逃げたい」という希望が先にあります。

 

 

2.「上がり調子」の状態とは?

 

一方で
「給与が低い」
「今の仕事にやりがいがない」
「今の仕事に飽きてしまった」

こういう動機は「上がり調子」でしょう。

自分がステップアップをしたいという希望が表れています。

 

ビジネスマン
高い給与の会社にチャレンジしたい
もっと大きな仕事に挑戦したい
新しい分野にチャレンジしたい

 


こういう動機での転職です。

非常に前向きな感じがしますよね。

 

 

3.面接官にはどう見えているのか

 

企業の採用側や面接官は、その人がどういう状態なのか感覚的に分かってしまうのです。

今の仕事も悪くはないが、もっとステップアップをしたい」のか
今の職場から離れることが第一優先なのか

 

どちらがよく見えるかと言えば、イメージは株と一緒です。
「上がり調子」の銘柄を好みます。

どちらかと言えば「下がり調子」で傷んでいる人を取りたいとは思いません。

 


どちらに該当するかは面接で志望動機を聞いていたり、態度を見ていれば分かります

 

解説
「辞めたい」が先にあると、志望動機が曖昧で、熱意も伝わってきません。
伝わってくるのは悲壮感ですね。



ところが「ステップアップをしたい」という人は、志望動機がはっきり言えますし、もちろん熱意もあるのですが、どことなく余裕感が出ています

「最悪、ここに受からなくてもいい」というような雰囲気です。

 

逆に思えるかもしれませんが、「何としても入りたい」と言って、やや焦りが見える人よりは、何故だか「入りたいですが、まあ条件合わなければどちらでもいい」という余裕が見える人のほうがよく見えてしまいます。(実際にそう言うと落ちると思いますけど)

 

 

<関連記事>

外資コンサルの面接官から見た、面接で落とそうと思う人

 

 

 

4.「調子のいい雰囲気」は作れる

 

やはり、今の職場でうまくいっていなかったり、上司に怒られてばかりいる人は雰囲気に出てしまいます。

 

解説
ただし自分で「上がり調子」の雰囲気を作ることは、難しくありません

 

「仕事ができる」オーラが今はなくても、ほんの少しの心がけ次第で随分変わります。

 

詳しくは以下の記事にまとめていますので、雰囲気を変えてみたい方は参考にしていただければと思います。

<関連記事>

なぜあの人はいつも怒られてばかりなのか

「仕事ができる」オーラは身につけられる!

 

 

5.まとめ:うまくいっている時が自分の売り時

 

「下がっている」雰囲気やオーラはどうしても出てしまいます。

逆もしかりで、「この人は今の会社でも活躍しているのだろうな」という人は雰囲気に出るのです。
何度も言いますが「余裕感」が漂っています。

 

転職をするとき、すなわち自分を市場に売りに出すタイミングを良く考えましょう
引き合いが強い、つまり高く売れるのは確実に「上がり調子の人」です。


これはなかなか難しいものです。
「うまくいっている人」はあまり転職のインセンティブが湧いていないことが多いからです。
あなたもおそらくうまくいっているときに、活躍していて居心地が悪くないときに転職したいと思わないでしょう。

 

ただ、だからこそ「もっと上を目指したい」という前向きな人が光って見えるのですね。


あなたは今の会社でいかがでしょうか。

 

非常にうまくいっている
いい部署に異動できた

 

そんなタイミングであれば転職市場に少し目を向けてみませんか。

思っている以上に高い値段がつくかもしれませんよ。

 

<関連記事>

ハイキャリアや外資系の転職は、JACリクルートメントを使っておけば問題なし

 

 

おわり

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-転職のノウハウ
-,

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.