職場のお悩み

【社会人の飲み会マナー】若手のオーダーやお酌、正しい気配り術

更新日:

社会人の飲みニケーションのマナーや気遣い、目配り術について解説します。

今回の記事は【第二回】飲み会・宴会でのお酌やオーダー、気配りについてです。

 

前回の記事は【第一回】準備から乾杯までを解説しました。

今回はその続き。

いよいよビジネスマンの飲み会・宴会の「スタートから中盤まで」で気をつけて頂きたい重要なポイントです。

 

ここからが本番です。

非常に大事だと思われることを全て記載しています。是非この記事の内容を頭の片隅に入れ、煩わしく負担の大きい職場の飲み会を少しでも実りのあるものにしていきましょう。

 

※また、この第二回の後には

【第三回】飲み会の締め方、ラストオーダー、精算について

を解説していますので、ご覧ください。

 

 

飲みニケーションの現状(おさらい)

 

飲みニケーション」という言葉が生まれて久しいですが、人と人のコミュニケーションの手段として”お酒”の力を借りて距離を縮めることは、人類の歴史においても普遍的な手法。

令和の時代のビジネスマンも、コミュニケーションの手段としてお酒は常に便利なツールとして用いられ、新橋の居酒屋はビジネスマンでいつも溢れかえっています。

 

最近はこのような風潮にもストップがかかりつつあり、お酒のコミュニケーションは日本においてはやや少なくなってきている傾向はあるようです。

"飲み会は非生産的だ"

"業務外だからお酒は強要すべきではない"

こんな認識が広まりつつあるのは、日本において働き方改革の機運が高まっていることと関連が深いでしょう。

 

飲みニケーションは正しいことなのか

本来はこれを突き詰めて考えていき、コミュニケーションの正しいあり方を考えていく必要はあると思います。

が、本記事ではこれを問題にはしません。

というのも、世間で飲み会が少なくなってきているとはいえ、世の中のビジネスマンのコミュニケーションとして依然としてお酒が用いられる現状は確かにまだ存在します。

まだまだ避けて通れる時代ではありません。

それに、日本だけではなく海外でも、また現代だけではなくアルコールが誕生した遥か昔から、食事とお酒は人と人の距離を縮める最大のツールである事実があるので、そう簡単に飲みニケーションがなくなるとは思えません。

 

よって本記事では、若手ビジネスマンが「会社での飲み会・宴会をうまく切り抜けるノウハウ」について解説していきます。

 

 

職場の飲みへの参加で失うものは3つ。

”お金”と”時間”と”体力”

 

ただでさえ失うものが多いのに、あなたの行動次第では、上司や先輩にマイナスの印象を与えてしまうというサムイ状況に陥る危険性があるんです。

負担の大きい職場の飲み会に頑張って参加したのに、逆に印象を悪くしてしまう。

最悪じゃないですか。

 

本記事では職場の飲み会に参加する際に、ビジネスマンの飲み会をまだ知らない20代が気をつけるべきポイントを挙げます

 

 

お酒の場は特に要注意なんです。

なぜなら、お酒が入ると理性よりも感情が前に出てきますので、その場での「間違った動き」は周りに大きく印象に残り、負の感情を生み出します。

仕事のミス以上に、ダメージは大きいのです。

 

こんな最悪な事態を避けるべく、事前に気をつけるポイントを把握し、リスクヘッジをしておきたいですね。

 

 

 

幹事は飲み会を適切にスタートすべし

 

幹事の仕事で最も大事なタスクの一つは、「イイ感じで飲み会をスタートする」こと。

例えば、予定していた通りぴったりの時間で「カンパーイ」が言ってもらえれば、イイ感じのスタートだと言えるでしょう。

 

そのためには時間通りにすべての参加者が席についておいて欲しいですし、そうすれば、乾杯の挨拶が予定通り始められ、順調な滑り出し。

 

しかし社会人の世界は厳しいものです。

そう。遅刻があるんですよね。

 

ビジネスの世界はトラブルが付き物ですから、何かの理由での遅刻者が相応に発生します。

ただの一般参加者の遅刻であれば「先に始めてますね」でいいんですが、よりによって「乾杯を頼んでいた上司が遅れている」というケースが不思議と起こるんですよね。

 

そんな時に、「乾杯する上司を待つべきか」「いやいや、別の人に簡易的な乾杯をしてもらって先に始めておくべきか」

「そもそも上司は何分くらい遅れるんだろうか...」

 

遅刻の度合いも分からないですし、いろんな選択肢が考えらえる状況で、幹事の腕が問われます。

 

正解はありません。

周りの雰囲気を見つつです。

が、こういう状況では「どうすんの??始めるの??(お前決めろよ)」という圧力にも近い視線が幹事に向けられるはずです。

 

柔軟性と決断力が問われます。

慌てずに対処してください。

 

 

 

えらい人から順番にお酌をしよう

 

乾杯が始まりそうなタイミングで、お酒をグラスに注ぎ、乾杯の合図を待ちます。

 

最近は若い人はそうでもないんですが、年次の高い人は「最初はビールっしょ」という意見の人がほとんど。

生ビールならいいんですが、和風の居酒屋や料亭の場合は瓶ビール。

ここでの若手のタスクは「お酌」です。

 

テーブル単位、または付近の4〜6人単位のまとまりで見たときに、その中で一番偉い方からお酌をしてください。

その後も、お酌の順番は「えらい人から」です。

 

あなたのテーブルの全員を若手一人で注いであげる必要はありませんが、「そろそろ乾杯だな」という雰囲気を感じたら適切なタイミングで偉い人から注いでいきましょう。

 

細かいですが、乾杯する前とは言っても、注いでからあまりにも時間があいてしまうとぬるくなったりビールの泡が消えてしまうなど残念なグラスに仕上がってしまうので注意したいです。

 

 

無事「かんぱーい!」というご発声を頂戴し、飲み会・宴会がスタートしました。

乾杯が終わったら、いわゆる歓談タイムですね。

 

乾杯直後、上司の方のグラスをチェック。

なんと飲み干しているケースが多いんです。40代50代の方々は「乾杯は飲み干す」と教育されてきた世代でもありますから。

 

グラスが空いていたら、すぐに注いであげましょう。

 

ちなみに、本当に最近社会人として入ってきた人たちは、瓶ビールで飲むという習慣がないのでしょう。

だから瓶ビールを自分で自分のグラスに注ぐということに違和感がないのかもしれません。

 

が、「自分で注ぐ」は基本アウト。

というより、若手が自分で注ぐのは最悪OKだとしても、上司やチーム長、支店長などに自分で注がせたら、「あなたがアウト」です。

これは

「自分で注ぐ」は基本的にはやらないという認識が一般的にある中で、それでもえらい人が自分で注いでしまうくらい、あなたが彼のグラスが空いていることを長時間気づいていなかった

ということ。

すなわち、あなたの落ち度になります。

 

えらい人が自分でグラスに注いだら、それをさせてしまったあなたの気配り力不足、「グラスが空いているのに気づかない」という注意力不を露呈してしまったということ。

もしうっかり気づかずに、えらい人が自分で注ぐそぶりを見せたら、すぐに瓶を強奪し、注いであげるべき

注いでしまったら、「あ、すいません...」と一言言っておき、同じミスを繰り返さぬよう、次は死ぬ気で注意しておいてください。

 

 

 

えらい人から料理を取り分ける

 

乾杯して、一杯目二杯目を飲んでいる頃には、料理も次第に運ばれてくるでしょう。

若手の仕事は、お酒だけではありません。

フードにかかる仕事は「取り分ける」です。

 

特に和風の居酒屋であれば、鍋が定番。

鍋は若手が積極的に取り分けてあげてください。

 

もし同じ席に女性がいらっしゃれば、その方にお願いするのもアリですね。女性は何と言っても適切な分量で取り分けたり、野菜と肉のバランスを程よく各皿に分けられるという素晴らしい感度をお持ちの方が多いです。

 

もし海鮮料理が運ばれてきたら「醤油皿に醤油を入れてあげて同じ席の人に配る」などもイイ仕事です。

 

 

常に先輩方のお酒がグラスに入っているかチェックし続けるべし

 

若手の皆さん自身ももちろんお酒を飲んで大丈夫なのですが、酔ってしまい取るべき動きができなくなる事態は避けましょう。

 

乾杯直後だけでなく、若手は常に同じテーブルのメンバーのお酒が足りているかチェックし続けます。

 

上司のグラスのビールが空っぽになっていないか。

偉い方のジョッキが空になっていないか。

 

常に目を配ってください。

残量が3割を切っているようでしたら、お酌をしたり、「次何にしますか?」と声をかけましょう。

 

ぼくの経験では、グラスが空になってしまってからでは、一歩遅いです。

そのテーブルに瓶ビールやピッチャーがあれば問題ないですが、ハイボールなどのジョッキだった場合はどうでしょう。

次の飲み物を頼んで、それが来るまでに数分かかります。

そもそも店員がすぐに来るとも限りません。

特に飲み放題の場合は、店側が意図的に飲み物のサーブを遅めるケースがあります。

 

上司のハイボールが「もう無くなりそうだな」と感じたら、すぐにお声掛けしてください。

 

 

呼び鈴は自分の近くにおいておくべし

 

チェーン居酒屋であれば、テーブルに店員呼び出し用の呼び鈴が置いてあることもあるでしょう。

 

テーブル毎にあれば、若手は呼び鈴を自分の近くに置いておくことです。

 

もちろんいつでも店員を呼べるように、です。

 

「次、飲み物何か頼もうか」

という流れになったら、すぐに呼びましょう。

クイズ番組並のスピードで押しましょう。

 

 

会話は聞くに徹する

 

偉い方のそばに座れた場合、若手はまずは聞くに徹しましょう

「教えていただいている」という雰囲気を出すことが大事です。

 

上司や偉い方は「自分の話を真剣に聞いてくれている」という状況に、かなり満足しますし、相当に気分が良くなります。

 

偉い方は話し好きの方が多い印象がありますし、まずは彼らに「気持ちよく喋ってもらうこと」が重要です。

 

もちろん若手が意見を求められることもあるでしょうけど、自分の話は控えめに「こう考えるんですけどアドバイスください」という姿勢が重要です。

 

 

あくまで「可愛がられる戦略」としての方法です。

ある程度信頼関係ができていたり、飲み会の場を通して伝えたいことがあるなどであれば、思いっきり自分の意見を言うことを否定するものではありません。

 

 

料理の注文係を積極的に引き受ける

 

コース料理でなく、アラカルト注文の場合はどうでしょうか。

黙っていても料理は「お通し」くらいしか運ばれてこないので、誰かが適切なタイミングでオーダーする必要があります。

 

そんな時には、真っ先に若手がやってください。

「適当に頼んどいて」と言われることが多いと思います。

 

「適当か、難しいな」と困ると思いますが、正直「結構テキトウでいい」と感じています。

 

年齢が上がると食べる量は減りますし、上司は何が来ても実はそこまで気にしていません。

むしろメニューを悩んで動きが遅い方が気になってしまいます。

 

本当に食べたいものがあればメニューを自分から取り「これ頼んで」と自分から言いますので、若手の方は「スピードを重視してオーダー」してください。

 

 

トイレに逃げてはいけない

 

飲み会も体力が必要です。

特に自分より立場が上の人と席を共にしていると、プレッシャーもありますし30分、60分と過ぎていくにつれ、疲れが出てきますよね。

 

最初は若手と話そうと頑張っていた偉い方。

次第に自分たちには分からないような話が始まるケースもありませんか。

 

例えどんなに疲れて、話の内容がつまらないものになってしまっても、その場でトイレに逃げてはいけません。

 

よくいるのは、だんだん集中力が切れてくると話に加わっているようで加わらなくなり、トイレに逃げてしばらく戻ってこない若手です。

 

逃げたい気持ちは分かりますが、たった2時間のコミュニケーション

集中力を切らさずに頑張ってみましょう。

 

偉くなってくると、もっと疲労感のある、プレッシャーのある飲み会など山ほどあります。

まだ社内の飲み会は楽なほうです。

社外の接待や宴席など、より高度な集中力と気遣いが求められます。

 

こういう付き合いは、「大企業だから」「日系企業だから」ということはありません。

公務員でも、外資系企業でも、人と人が打ち解けるためには「食事」が最も効果的な手段であることは間違いありません。

 

頑張って鍛えた集中力は、決して無駄になることはありません。

 

<関連記事>

外資系企業は飲み会がないのか?お酒の文化の違いとは?

 

 

中盤以降は若手同士で席をチェンジしよう

 

もし可能であれば、中盤、おおよそ60雰囲気を過ぎたくらいに若手同士で席替えをしてはいかがでしょうか。

「席替えをします」のようなアナウンスは不要です。

さりげなく若手同士が交代し、別の席やテーブルに行くのです。

 

これは上司や偉い人からは喜ばれます。

特に偉い方は、出来るだけ色々な「普段話せない人」と会話したいと考えているでしょう。

 

また若手側にもメリットがあります。

話す人が変われば集中力もリセットされますし、話す内容も前半と同じでもよいのです。

 

上司や偉い方、それから若手の全員にメリットのある方法です。

 

 

幹事は常に時間配分に気を配るべし

 

幹事の仕事は、飲み会を滞りなく進行させることが最も大事な使命です。

会全体のタイムキーパーです。

 

「何分から送別の贈る言葉を喋ってもらうか」

「何分くらいでラストオーダーが来るか」

「最後のデザートはいつくるか」

「何分までに店を出ないといけないか」

「上司の締めの挨拶は何分くらいかかるか」

 

こういったことを全て把握しておく必要があります。

 

 

例えばこんなことがありました。

忘年会で、一番偉い役員が「今年の振り返りと来年の目標」を踏まえた締めの挨拶をしました。

店の予約が2時間だと思っていたところ、実は2時間半であることが分かりました。

締めの挨拶が行われた後に入ってくるデザート。

 

かなり不思議な雰囲気で食べることになります。

 

これは典型的な「時間配分の失敗」です。

幹事・司会は失格ですね。

 

皆さんはこういったタイムマネジメントの失敗を防いで頂きたいものです。

 

 

飲み会の終盤・クライマックスに向けて

 

いかがでしたか。

今回は「飲み会のスタートから中盤」までで、若手のみなさんが気をつけて頂きたいことを述べました。

 

さて、いよいよ飲み会・宴会も終盤に近づいていきます。

ラストオーダーの取り方や支払い、会の締め方、精算についても大事なことが盛りだくさんです。

続きは以下の記事です。

【第三回】飲み会の締め方、ラストオーダー、精算について

 

 

今回の記事は【第二回】飲み会・宴会でのお酌やオーダー、気配りについて解説しました。

前回の記事は【第一回】準備から乾杯までを解説していますのでご覧ください。

 

おわり

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-職場のお悩み
-

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.