職場のお悩み

飲み会での若手の役割は?予約と準備、乾杯の仕方とは?

更新日:

 

「飲みニケーション」という言葉が生まれて長いですが、いまだにコミュニケーションの手段として”お酒”の力を借りることが多いのが現状でしょう。

特に日系企業では(最近は減ってきていると言っても)職場での飲み会は相応にある文化ですよね。

 

「飲み会自体がいいか悪いか」は本記事では問題にしません。

 

職場の飲みへの参加は、”お金”と”時間”と”体力”が失われます

せっかく行くんだったら(特に20代の若手であれば)上記のような代償と引き換えに、何か得るものが欲しいですよね。

 

ところがあなたの行動次第では、せっかく頑張って参加した飲み会で、マイナスの印象を与えてしまう危険性があります。

 

そんなに行きたくもない飲み会

頑張って参加したのに、逆に印象を悪くしてしまう

 

本記事では職場の飲み会に参加する際に、20代が気をつけるべきポイントを挙げます

 

かくいうぼく自身も金融機関に入社した時には、お作法がわからず右往左往し(というか何もやらなくて)、ひどく苦労した経験があります。

 

お酒が入ると理性よりも感情が前に出てきますので、その場での「若手の動き」は周りに大きく印象に残ってしまうのです。

 

事前に気をつけるポイントを把握し、リスクヘッジをしておきましょう。

 

 

どんな飲み会があるか

 

職場の飲み会は、いわゆる忘年会や新年会、送別会や決算期末の打ち上げなど、様々なものがありますね。

会社によってはクリスマスパーティや納涼会なども行われます。

 

こういった、比較的オフィスや部署などで、えらい人から新入社員まで、ほぼ全員が参加するような飲み会を「オフィシャル飲み会」とします。

 

一方で例えばチームの5人だけ、比較的若手社員のみで気軽に行く飲み

これらを「小規模飲み会」とします。

 

本記事では「小規模飲み会」ではなく、「オフィシャル飲み会」を念頭にしたポイントを記載しております。

 

 

可能な限り幹事に手をあげよう

 

飲み会の開催が決まったら、次は幹事を決めますよね。

民間人でも公務員でも、幹事は若手の持ち回りだったり、またはチームの最若手が任されるのではないでしょうか。

 

もし「今回はこの人」と決まった人がいなければ、可能な限り幹事に名乗りを上げてみてください。

 

幹事の仕事は

出欠の確認、店のセレクト、料理のコースの選定、料金やメニューの店との交渉、会の流れを考える、乾杯や締めの挨拶の方との調整、精算、、、

など多岐に亘りますし、労力は相応にかかります。

本来の仕事が出来ないので、時間のロスになります。

 

 

ただしこの記事では「可愛がられるため」という観点から書かせていただいております。

若手の立場では、チームの偉い方と業務で接することはないと少ないはずです。

幹事のめんどくさい業務をこなしている間に、偉い方と話す機会もありますし、チームやオフィス全体へ送付するメールも増えます。

 

司会をすれば目立ちますし、露出度が増えるのです。

 

精算の際や挨拶の事前調整など、他の上司や先輩との接点も増えます。

 

あくまで認知度を上げて、可愛がってもらうという観点で言いますが

比較的難易度の低い「飲み会の幹事」というタスクで、大きく目立ち、認知度を上げることができる、オイシイ仕事だと思って下さい。

 

 

 

(幹事)乾杯や締めの挨拶は、お願いする人に事前にネゴっておく

 

比較的大勢で、偉い方が出席する飲み会では、乾杯や締めの挨拶はしかるべき方が行うのが一般的です。

あなたが幹事になった場合は、挨拶や締めの言葉、送別会であれば「贈る言葉」を述べる人、花束や記念品を贈呈する人など、

何かしらやくわりがある人へ、必ず事前にネゴっておいてください。

 

とくに挨拶や乾杯の発声を、ノンネゴで当日いきなり振るのは最悪です。

 

こういう挨拶は、必ずちょっとしたスピーチが入ります。

偉い人といえど、ある程度は事前に「何を話そうか」と準備するものです。

 

偉い人の間でも「この前自分が乾杯の挨拶をしたから、今回は◯◯次長だろう」と暗黙のルールがあったりします。

 

よって、誰にいつ何をしてもらうか。

これを事前にしっかり計画して、かつ事前に本人には伝えておいてください。

 

ノンネゴでいきなり当日ふるのは、本当にアレンジ不足です。

 

 

極力えらい人の近くに座る

 

もしあなたが幹事でなかった場合です。

幹事でなければ一番偉い方が座る場所を除いては、どこに座っても問題ありません。

若手は恐縮したり遠慮して、偉い方の周りに座ろうとしません。

 

実は二番手、三番手に偉い方も遠慮するのです。

こういった人たちは、いつも一番偉い方と接しているので、「またお前らか」と思われるのが嫌です。

 

こうなると、結局一番偉い人の周りに誰も座ろうとしない、という微妙な空気感が漂うことがあります。

 

その空気感が漂う前に、率先して偉い方の近くに座ってください。

一番偉い方がどう思っているかと言えば、仕事ではあまり接点が少ない若手とコミュニケーションをいたいと絶対に思っています。

若手が来て、嫌な気持ちになることはありません。

 

 

若手からすれば、正直気を遣いますし、疲れるはずです。

ただ社会人になれば、その程度のプレッシャーは数え切れないほどあります。

日系企業だけではありません。外資系企業だって、飲み会はあるんです。

 

せっかく一番偉い方と話す貴重な機会ですよ。覚えてもらえますし、色んなアドバイスがもらえるかもしれません。

こういうコミュニケーションを積み上げていくことで、可愛がられる部下になれるでしょう。

 

<関連記事>

外資系企業は飲み会がないのか?お酒の文化の違いとは?

 

 

 

えらい人の席の周りは男女比率に注意を払う

 

一番えらい方が男性だった場合、周りに男性ばかりの配置にならないように気をつけたいものです。

 

やはり女性が同じ席にいると、雰囲気が全く違います。

女性をそういうふうに扱ったり、利用したりするということは良くないという意見があることも理解しています。

 

ただ女性の存在感というのは本当に素晴らしいもので、場を和ませる効果が非常に高いということも事実だと思っています。

それくらい価値があると考えていただければと思います。

 

 

若手だけで固まらない、話さない

 

席の配置とかぶる話になりますが、比較的年齢や年次の近いもの同士、特に若手だけで固まって座り、若手だけで喋ってはいけません。

 

年齢や境遇が近い方が、それは楽でしょう。

話も弾むでしょう。

 

ただそういう飲み会は別でやってください。

 

比較的大きな飲み会で、上司やえらい方がいる時は若手だけで固まるのは最悪です。

 

そこに成長はありませんし、上司に覚えてもらうことも、可愛がってもらえるチャンスもありません。

 

「楽しかった」という満足感はある程度得られるかもしれませんが、「若いやつらは酒も注ぎに来ないな」とマイナスのイメージを植え付けてしまいます。

 

「本当に若い人がお酒を注ぎに行くべき?」

これが「正しいか正しくないか」を議論しても仕方ありません。

事実、感情としてそう思われてしまうことが問題なのであり、あなたのロスなのです。

 

 

(幹事)注文と精算がしやすい、出口に近い席に座る

 

あなたが幹事であれば、座るべき席が少し変わってきます。

 

幹事は店のスタッフとすぐに応対ができる位置にポジショニングしてください。

部屋の一番入り口に近い席が良いでしょう。

 

全体の追加ドリンクをホールスタッフに伝えたり、ラストオーダーの時間を聞いたり、次の料理のタイミング、精算などがテキパキと出来ることが求められます。

 

 

(幹事)店員の説明をきちんと聞く

 

店にもメニューが様々あるでしょう。

幹事であれば、以下のポイントをしっかりと確認し、理解しておいてください。

 

飲み放題は何時間なのか

何分後がラストオーダーか。

飲み放題で頼めるドリンクメニューは何か。

コース料理は何があるのか。

 

いずれも上司が聞いてくることがあります。

また、「まだデザートが残ってるな」ということが分かっていれば

「このタイミングで締めの挨拶を始めるのはやめたほうがいいな」など、流れを臨機応変に調整することができます。

 

意外と重要だと思うのは、例えば送別会など。

転勤の社員へ「贈る言葉」を喋っている時に、店員がデザートを持って入ってくると、やや雰囲気が乱れますし、喋っている方もやりにくいのです。

 

見るべきポイントは社内の人だけではありません。

店のスタッフの動きについても、可能な範囲で調整することが幹事の仕事です。

 

 

飲み会がスタートしたら

 

いよいよ飲み会がスタートします。

 

あなたが幹事であれば、スタートさせるのはあなたです。

 

次は飲み会がいよいよスタートします。

ここからが本番です。

考えうる重要なポイントを全て詰め込んでおります。

 

 <序盤〜中盤編>

飲み会の若手の役割は?注文やお酌は?正しい目配り術

 

 

おわり

 

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-職場のお悩み
-

Copyright© 年収1000万円の人の情報サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.