自己啓発

【勉強が継続できない人へ】三日坊主の4つの理由と解決法

更新日:

「勉強の目標を立てるんですけど、いつも続かないんですよね(笑)」

友人や会社の人たちと話していて、多くの人がこんな悩みを持っています。

というより、もはや悩んでもいなくて、自分で立てた勉強の目標は達成できないものだと半ば諦めている人が多いように感じます。

 

今回の記事では

・目標を立てても、いつも三日坊主なんです
・勉強が継続できない原因は何ですか?
・勉強を継続するコツはありませんか?

というお悩みにお答えします。

 

新年、誕生日、年度初め

いろんなタイミングで目標をたてること、ありますよね。英語とか、勉強の目標です。

 

ところが
いつも途中で投げ出してしまう人

なんとなく自然消滅してしまう人

来年こそは!と10年間言っている人

 

自分で立てた勉強の目標がいつも続かない人は、何が問題なのでしょうか。この記事ではそんな人の特徴をあぶり出し、解決策を記しています。

 


書いているぼく自身も、勉強の目標をいつも達成しているわけではないですし、ダメな自分にいつも悩んでいますが、最近出来ない人にはできない理由があることが分かってきました。

 

継続できない4つの理由と、それぞれの対処法をまとめています。

 

<目次>
1)勉強の目標設定があいまい
2)具体的な継続の方法を考えていない
3)継続できない理由を見つけて自己正当化
4)自分の心の中だけで目標設定している
5)勉強が継続できない理由まとめ

 

<関連記事>

三日坊主の自分をいますぐ変えたい!そんな人はいますぐ読むべき本

 

 

 

 

1)勉強の目標設定があいまい


いつも継続できずに、途中で投げ出してしまう人は「目標があいまい」という特徴が見られます。

 

勉強の目標を立てるときは、何か成し得たいゴールがあるはずですよね。

 

例えば
「英語が喋れるようになりたい」

という漠然とした気持ちがあるとします。

 

「英語がしゃべりたい」は希望であり、目標ではありません

希望と目標は違うことを認識しましょう。

 

 

ポイントは

「目標はシーンをよりクリアにすべき」
「目標は期限を明確にすべき」

です。

 

 

シーンをクリアにするとは
「会社の英語の会議でプレゼンが出来るようになりたい」
「TOEICで900点を取り、海外転勤して活躍したい」

こんな感じです。
もう一段、具体的シーンへ掘り下げてみるんです

 

そうすれば英語ができるようになった後のあなたの姿をはっきりと思い浮かべることが出来ますよね。
リアリティが湧くんです。

 


具体的に頭の中で映像にして思い浮かべることで、なにやら楽しみになってきませんか(妄想癖のあるぼくだけでしょうか)。

 

英語ペラペラな自分による会社での素晴らしいプレゼン。

周りのビビる反応。
「あいつすげえ・・・」
「いつの間に・・・」

思い浮かべるだけで、楽しくなってきませんか。

これがやる気につながると思いませんか。

 

 


もう一つは「期限」の設定です。

「いつまでに英語のプレゼンをしたいのか」

 

これが抜けていると

(まあそのうち)
エンジンがかからないんですね。

 


提出期限のない宿題は誰もやらないでしょう。

人間なんてそんなもんです。
(とぼくは思っています)

 

無理やり期限を設定しなければ、あなたのエンジンは永遠にかかりません。(ぼくもです)

 

「半年後までに英語のプレゼンをこなせるようになり、周りをアッと言わせる」
「3か月後のToeicで900点を取って同僚に自慢する」


期限は現実的な、無理のない範囲で設定してくださいね。

これについても"リアリティ"が大事です。

 

<関連記事>

⬇︎「毎日5分だけ!」が実は一番難しい!

実は難しい「一日たった5分だけ」が本当に毎日できるコツ

 

 

 

2)具体的な継続の方法を考えていない


いつも継続できずに、途中で投げ出してしまう人の特徴の第二は、「具体的な道すじがたてられていない」です。

 

英語の例ばかりで恐縮ですが

"どうやって英語力を鍛えるのか"


具体的な方法を考えていないと、目標を立てたことになりません。

しかもここは極力「相当なレベルで具体化する」こととしてください。

 

  • 毎朝5時に起床して、先日買った参考書を一日2頁のペースで30分音読する
  • 音読は1ページにつき必ず3周。
  • 分からない単語があった場合は、ノートに全て転記する
  • ノートは日曜日の朝8時から一時間復習する

 

 

もちろん設定した"日曜日の朝8時"が守れない日があってもいいんです。

難しければ他の時間にやればいいですからね。

 

ダメなのは、初から無理だと思って全く具体的な行動を決めない事

 

「家に帰って寝る前に毎日やるって言っても、会社の飲み会もあるしなあ」

 

そりゃそうですよ。
ロボットじゃないので、毎日同じ行動を取るなんて無理に決まっています。

毎日いろんなイベントが不意に起こるのですから。

・・・むしろそうじゃなかったら、ある意味その人生は大丈夫でしょうか(笑)

 


一度繰り返しますが、一番ダメなのは具体的な行動を一切決めていないことです。

 ベースとなる具体的な行動を決めてこそ、目標達成までの道すじが見えてきます。

 

 

 

3)継続できない理由を見つけては自己正当化する


いつも継続できない人の特徴の三つ目です。

「やれなくても仕方がなかった」と自分の中で言い訳をみつけちゃう人ですね。

かつ重症なのがいわゆる「正当化」です。

 


「会社の忘年会の解散が午前2時だったから、明日朝起きるのはつらいな、、」

 

これは言い訳ですが、まあ確かにこういう日もあるでしょう。頑張って他の時間を見つけてやってください。巻き返しが出来れば問題ありません


最悪なのは「正当化」です。

毎日やるって決めたのに「そもそも毎日やっても記憶が定着しないから無意味だ。少し間をあけるくらいがちょうどいいのだ」

と根拠のない理由で、「さぼったことは正しいのだ」と正当化


これをやってしまうとアウトですね。さぼってしまった反省がないのですから。

 

どんどんレベルを下げ、行きつく先は

「自動翻訳機が出来るので、英語力は結局ムダになるからしないほうがよい」といった感じでしょうか。

 


そういえばマラソンでいい正当化の例があったので、共有します。

マラソン大会でコース内に非常にきつい坂がありました。

一緒に走っていたメンバーが
坂道は走ってもスピードが出ないから、歩いたほうがよい
と言い出しました。

 

これに根拠があるのかないのか不明ですが、マラソンで「歩くこと」を正当化すると、何のためのマラソンなのかと思ってしまいますよね。

 

 

4)自分の心の中だけで目標を設定している


いつも継続できない人の特徴の第4は、目標を周りに公表しないでこっそりやる人でしょうか。

人間は弱いので、自分ひとりじゃなく、「おれは半年後までに英語のプレゼンをやる!」と周りの人に公言してはいかがでしょうか

周りに言えば後には引けませんし、プレッシャーになりますから。


もちろん意思の強い一部の方は、そんなことをしなくても大丈夫かもしれません。

ぼくもこれまで、非常にストイックな人を何人も見てきましたし、世の中、鋼の心をもっていて、毎日同じことが出来る人がいます


ただ薄々なガラスの心の持ち主であるぼく(もしかしたらあなたも?)は周りに目標を共有しておくと効果的です。

 

(あいつしょうもないやつやわ。)

と思われるのが嫌なので、なんとか歯を食いしばります。

 


男性の方であれば、彼女や奥さんに共有すると効果的ですよ。

男の変なプライドも絡んできますから(笑)

 

 

5)勉強が継続できない理由のまとめ


いかがでしたか。

人間は非常に弱い生き物で、ついつい自分に甘いほうに転がっていってしまいます

自分を律するのって、実は人生の一番大きな課題かもしれません。

 

ただ、逆に言えばほとんどの人間は弱いんです。継続できないんです。

 

だから

当たり前のことを当たり前に

少しでも自分を律する


これができれば他の人の一歩も二歩も進むことができますよね。

 

勉強を継続し、何か目標を達成したときの素晴らしい自分を思い浮かべて頑張っていきましょう。

 

 

おわり

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-自己啓発
-

Copyright© 年収1000万円の人の情報サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.