キャリア

外資系企業は英語力必須?仕事でどう使っているの?転職の目安のTOEICスコアは?

更新日:

外資系企業と言えば、高給や激務など、いろんなイメージがありますが、でも一番のイメージは英語ではないでしょうか。

では外資系企業では一体どの程度の英語力があれば仕事が出来るのでしょうか。

 

お悩みビジネスマン

仕事でどのくらい英語を使うのかな?

TOEICは何点くらいで転職できるかな?

という疑問にお答えします。

 

この記事では、外資系企業がどのように英語を使っているか、転職に必要な英語力の目安をご紹介させて頂きます。

 

ポイント

外資で必要な英語レベルは?
社内公用語は?
メールはどうしているの?
社内会議はどうしているの?
海外プロジェクトでは?
中途入社に必要なTOEIC点数は?

 

 

 

 

ある程度の英語力でも問題ない

 

外資系と一言で言っても、コンサルや投資銀行、メーカーや製薬など、日本にブランチや現地法人を置いている外国企業はたくさんあります。

 

お悩みビジネスマン
仕事で毎日英語を使っているのかなあ?
英語ペラペラの人ばかりなんだろうな
いやいや企業によって様々でしょ?

 

みなさまはどうお思いでしょうか。

 

意外にも、ぼくの経験や周りの話を聞いてみる限り、外資系企業と言っても、英語レベルや頻度に大きな違いはなく、かつ極端に高いレベルは求められていないと感じています。

 

 

  • 物理的に日本に事務所がある
  • 働いている多くの人が日本人である

 

この二つの事実によって

自然と雰囲気や英語の頻度、求められる能力は共通しており(と感じています)、ほどほどで良いと感じています。

 

<関連記事>

コンサルへ入るために必要なスキルとは?(英語スキル含む)

 

Sponsored Link

 

 

社内公用語は?

 

本社またはグループコア企業が海外にあるので、社内公用語は外国語です。日本にあるほとんどの外資系企業がそうでしょう。

ドイツ企業であれ、アメリカ企業であれ、社内公用語は英語であるケースが多いようです。

 

脱線しますが、こう考えると日本にもグローバルでビジネスを展開している企業はたくさんありますが、まだまだ公用語が日本語のままの企業ばかりですね。

 

 

公用語が英語と定められています。

ただし、日本法人が全員日常的に英語を喋る必要があるかと言われれば、それはありません。

以下で個別に、どんな場合が英語で、どんな場合が日本語なのかを見ていきましょう。

 

 

 

メールは何語?

 

社内公用語が英語であるケースに絞って話を進めますね。

例えば本社から来る「公式でオフィシャルな連絡」、「グルーバル全社員向けのアナウンス」など。

こういった内容のメールは、英語で配信されるケースが圧倒的に多いです。

 

では次に

”日本支店、または日本現地法人のみに向けられたメール”

このケースでも、日本語ではなく英語であるケースが多いでしょう。

 

“To all employees in Japan”

といった具合です。

 

 

では最後に。

”日本オフィス内だけで配信されるメール”はどうでしょうか。

 

オフィスやチーム内全体に流れるアナウンスメールの場合、やはりその中に外国人の方がいるケースもあるでしょう。

輪の中に日本人以外がいるケースであれば、英語になります。

 

一方で日本人同士のメールや、仮に日本人しかいないチームでの連絡の場合、確実に日本語です。

 

 つまり

日本語が分からない人がいる➡︎英語
日本語が分からない人がいない➡︎日本語

ということです。

 

実は企業がグローバル企業であればあるほど、日本法人は「日本人ばっかり」になると感じています。

 

グローバル企業であれば海外に多くのオフィスを持っているので、役員クラスを除けば、その国の人材に働いてもらうほうが効率がよいということなのでしょう。

 

よって、いくら外資系企業といっても、業務の中心は日本人との仕事になるのではないでしょうか。

このことから一番頻度の高いメールは、一緒に仕事をしている日本人同士のメールでしょう。

 

 

海外支店や本社との連絡を取る際に英語が必要となるケースがあります。ただし、このケースもあまり多くはないでしょう。

 

グローバルの一支店である日本支店がわざわざインドの支店に連絡する必要があるケースは思ったほど多くないですし、海外本社への連絡も(役員なら分かりますが)一般社員がやることは少ないのではないでしょうか。

 

 

 

社内会議は何語をしゃべっているの?

 

会議も先程のメールと同じですが、オフィスやチーム内に日本語を喋れない外国人がいれば、英語になるでしょう。

先ほども申し上げましたが、日本法人内でチームに外国人がいるケースが意外にも多くないので、そういう場合は日本語です。

 

残念ながら「日本語以上に英語がうまい」という日本人はなかなかいないものですので、日本語で喋れるなら日本語の方が早いんですね。

 

 

海外関連プロジェクトの場合は

 

コンサル業界で言えば、日本法人は日本国内のプロジェクトを任されるケースが多いので、顧客も日本人です。

英語を使わなければならないケースは少ないでしょう。

 

 

例外があります。

顧客が日本法人であっても、その顧客がグローバル企業であった場合や、海外進出案件などは、どうしても英語を使わなければならない頻度が格段にアップするでしょう。

 

 

 もしあなたが帰国子女で英語を使いたいという希望をお持ちであるなら、

「海外関連のプロジェクトがしたい」

「海外と接点のある部署がいい」

など明確に希望を伝えるべきでしょう。

 

 

ただ、それでもどっぷりと英語漬けの仕事が出来る可能性は低いです。

 

外資系企業の日本法人は(先ほどの繰り返しになりますが)、グローバル全体の一支店に過ぎません。思っている以上に、あなたが海外と連絡を取らねばならないケースは少ないです。

さらにより大きなグローバル企業であればアメリカの事は米国法人の社員に、インドの事はインド法人の社員に任せればよいですし、

日本のことだけがあなたの仕事になるでしょう。

 

”英語をバリバリ話て活躍したい”

そう思っている方は、実は外資系企業より日本のグローバル大企業にいくほうが夢が叶うと思います。 

 

 

外資への転職に必要な英語力は?

 

外資系企業であっても、チーム内にそんなに外国人がいなかったり、顧客が日本企業であるケースでは、そこまで高い英語力は必要ないでしょう。

TOEICで言えば、700点程度であれば中途入社はできるでしょうか。

 

一方で海外に関連するプロジェクトだったり、(あまりないと思いますが)顧客が外国企業であるケースなどは、TOEICも800〜900点程度が必要かと思われます。

 

<関連記事>

英語力を鍛えたい方はこちらの記事へ!

日経新聞を英語で読めて、聴けるアプリ! 

転職時に一ヶ月間の有給を取り、どっぷり英語漬けの生活をしてみた記録

 

 

終わりに

 

いかがでしたか。

意外にも外資系企業とは言っても、英語に触れる機会は思ったほど多くないんですね。

 

あなたが外資系企業にチャレンジしたいと思っているのに

「英語力がついてからだ」

と先送りしているのであれば、心配せずにまずは飛び込んでみましょう

 

一方であなたが海外でバリバリと働きたいという方でしたら、

外資系企業は遠回りになる可能性が高いです。

 

日本の大企業で、かつグローバルに事業を展開しているメガバンクや総合商社、総合電機企業などはその機会に恵まれるでしょう。

 

おわり

 

<関連記事> 

外資系コンサルに入るなら英語力に加えてエクセル力を鍛えておきたい

 

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-キャリア
-, , ,

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.