転職のノウハウ

中途採用の転職面接で落ちる人の共通点4つ(外資系コンサル面接官が解説します)

更新日:

外資系コンサルに勤めていて、自分が中途採用の面接を担当することがあります(もちろん最終面接じゃないですが)。

面接官の視点から、転職面接で受かる人と、そうでない人の違いをご紹介します。

 

お悩みビジネスマン
転職面接がうまくいかない...

合格するコツが知りたい。

面接官は何を見ているの?

という疑問にお答えします。

 

 

ところで

「この人は落とすか」

「彼は上げとくかあ」

のように、どちらにするかを悩むことはあまりないんですよ。

 

「どっちにしようかなあ、うーん」くらいのギリギリの人ってそんなにいないんです。

必要なポイントが出来ている人は出来ているし、ダメな人なダメでして、はっきりと分かれてしまいます。

 

 

ぼくはまだまだ職位が高くないので、最終面接を担当するわけではないので、最終面接の基準は言えませんし、そもそも知らないんですけど、一次面接や二次面接あたりであれば、どの面接官も同じような目線で面接していると思います。

 

解説

「ごめんなさい、落とします」と判断せざるをえない人たちの特徴を4つまとめてみました。

 

これから転職を考えている方、外資系企業を受けようかなと悩んでいる方は是非とも参考にして頂ければと思います。

 

どうぞご覧ください。

 

 

1.ダメな人の特徴①前職の年収がウソっぽい

 

面接する側からすれば、お金のウソが一番シラけますね。

中途採用実績がそれなりにある企業であれば、国内企業やそこそこ大きい外資系企業の給与テーブルはだいたい把握しています。

同業他社なら、大抵分かっています。

 

それなのに、前職の給料を軽く200〜300万円くらい上乗せしてくる人

本当にやめた方がいいです。

 

そもそも選考が進めば、前職の源泉徴収票を出さなければならなくなるので、後でバレます。

そんな流れすらまともに予想できないのは、正直残念すぎます。

 

誰でも金は欲しいです。分かります。

嘘がダメだとは言いません。

でもすぐバレる嘘は、かける言葉も見当たりません。

 

水増しは50万円くらいにしといてください。

 

ただ給料の交渉はしてもいいんですよ。

「今は年収1000万円ですが、このまま今の会社に残れば来年には昇格して1200万円になる予定です。だから御社に行くとすれば1200万円以上は欲しいと思っています」

ロジックがあれば採用側も検討の余地はあるでしょう。

 

金の嘘は本当にシラけますので、やめておいた方が無難です。

年収を上げたければ、ここは正攻法でいきましょう。

 

<関連記事>

年収の交渉はしてもいいの?効果的な交渉術とは??

 

 

2.ダメな人の特徴②聞いていないことをアピールをしてくる

 

面接も会話です。

キャッチボールをして欲しいですね。

 

解説
面接でアピールしたいのは分かりますが、聞いてないことを喋り出さないでください

 

野球のボールを1球投げたら、サッカーボールとテニスボールが何球か返ってきた...

そんな気持ちになります。

 

 

「現職でどんな仕事をしていますか?」という問いに

「営業をしています」

という回答からスタートして、次第に「営業で表彰された話」に勝手に行くケース。

 

営業の実績はこちらとしても当然気にはなりますので後で聞くんですが、勝手に無視して喋ってはいけません

このパターンは結構ありますよ。

 

 

3.ダメな人の特徴③分からないことをそのまま流す

 

 

外資系コンサルであればいわゆる「ケース面接」というものがあります。

 

有名なものは「日本のマンホールの数はいくつか」というフェルミ推定のような問題。

「この企業の売り上げを3年間で5倍にするためにはどういう戦略をとりますか」

こういう経営者目線を問う問題もありますね。

 

問題を解いていただいた後で、回答を説明してもらったりディスカッションするんです。

そんな時、面接官は「分からなさそうなことを言って反応を見てみよう」という時があるんですよ。

 

面接官「この企業のPTIは1年目で100億円だから、、、」

試しに「PTI」という分からなさそうな単語を使ってみます。

 

 

「PTI」はPre-Tax Income 、またはPreviously Taxed Income のことで、

いわゆる「税引き前利益」のこと。

 

ぶっちゃけ「PTI」という単語を知らなくても全然良いんですよ(税引き前利益といえば通じることは分かっているので)。

 

それなのに

「ああ、はい、そうですね。。」

くらいでさらっと流す人

 

反応で理解していないのは分かりますし、面接官側からすれば「そこ食いついて欲しい」んですよね。

 

「あ、すいません、それってどういうことですか?えーっと、PTI?」

こんな風に一旦立ち止まって「わたし考えてます」ということを見せて欲しいんですよ。

 

分からないのは全然いいんですよ。

そもそも業界用語なんて、企業ごとに言い方も違うから、ピンポイントで知らなくても問題ないんです。

 

解説

分からなければ、立ち止まりましょう。

これができない人は普段から「思考の放棄」をしている人です。

 

 

分からないこと、引っかかったことを立ち止まって考え、食らい付く

 

疑問が生じても流す人は、多分普段から何も考えていない人なんでしょう。

「思考の放棄」癖がある人は、是非習慣を見直してみてくださいね。

 

 

 

4.ダメな人の特徴④難しい単語を平気で使う人

 

先ほど「PTI」という分からなさそうな言葉を使っておいて恐縮ですが、自分のことを説明する時に「前職で使っていた単語や言い回し」を平気で入れてくる人がいます。

 

難しい言葉や専門用語を使って、自分の高度な専門性や知識をアピールしたいのでしょうか。

全くナンセンスです。

 

説明がうまいということは「10人いたら10人全員が分かるレベル」で話せる人です。

専門用語を並べる人は「誰か分からない人がいないだろうか」という気遣いができないのでしょうか。

そこまで思考が及ばないのでしょうか。

 

 

面接の場は確かに自分をアピールする場です。

それは否定しません。

 

ただし面接官は、あなたを専門用語の語彙力で評価していません。

 

「コミュニケーションはキャッチボール」という意味の一つは「自分が回答すべきことを、100%分かってもらえるように喋る」ことです。

 

これが出来ない人は当然「プレゼンも下手なんだな」と思います。クライアントにそんな風に独りよがりの説明をしてしまうのかなと。

 

それだけではなく「気遣いや周りを見ることができない人」と判断せざるを得ません。

 

分からない言葉は一つもないか」ということを、最大級の注意をもって喋ってみましょう。

 

 

5.まとめ

 

いかがでしたか。

今回は中途採用の転職面接で、落ちる人の特徴を解説しました。

 

ポイントは決して多くはなく、意外に当たり前のことだったのではないでしょうか。

いかに当たり前のことをやるのが難しいか

いかに世の中、当たり前のことをやれてない人が多いか

 

偉そうに言うぼくも、新卒入社時代に受けた面接で同じことをしました。学生時代のアピールポイントをすべて気持ちよく喋れた面接がありました。

 

絶対に受かっていると自信満々でしたが、その会社から来たのは丁寧な「お祈りメール」でした。

 

 

後から考えると、自分が言いたいことだけ喋って、面接官の質問に全く答えていなかったんですよ。

 

ぼくは面接官の立場から今回の記事を書いているので、本記事は辛辣表現になっていますが、難しいことは理解しています。

 

でも、難しいからこそ差がつくんです。

 

ただ判断しているポイントは少ないです。

少しの努力と注意で、何とでもなるレベルです。

 

参考になれば幸いです。

 

 

 

おわり

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-転職のノウハウ
-, , ,

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.