自己啓発

「東大生と京大生の暗記法」勉強に必要な3つの習慣とコツとは

更新日:

ぼくの周りにはほんとうに東大出身者、京大出身者がたくさんいます。彼らはいかにして日本の最難関レベルの試験を突破したのでしょうか。

 

膨大な量の情報をどう暗記したのでしょうか。なぜ頭にインプットができたのでしょうか。

お悩みビジネスマン
東大生や京大生に共通する暗記法の傾向や特徴はないでしょうか?

 

ぼくは長年彼らと話してきて、3つの共通するポイントがあると確信しています。

解説
本記事では、東大と京大の出身者に共通する「暗記で外せないポイント」を紹介します。

 

 

これから受験を控えている学生の皆さんだけではなく、資格試験を受けたい社会人、英語をマスターしたい主婦の方にも役に立ちます。

 

ポイントを掴むだけで暗記・勉強を効率よく行えます

方法を変えるだけで劇的に暗記の成果が高まるはずですので、是非ご参考頂ければと思います。

 

キーワードは「過信しない」です。

 

(もちろん例外はあります。東大京大出身者の中でも、特に成績がずば抜けたごく一部の方だけで、彼らは遺伝子が違うと思われるので、当てはまりませんでした。こういう一部の超天才は除外します)。

 

東大生京大生の暗記法を知ろう!

 

1.死ぬほど何度も繰り返す

 

東大京大出身者のどの人も、暗記をする上でほぼ共通しているのが「繰り返す」ということ。

 

参考書はたくさん買いたくなるものです。いやむしろ参考書を買っただけでちょっぴり満足してしまいませんか。

 

東大京大出身者は、たくさんの参考書を揃えません。

自分で腹落ちして選んだ一冊の参考書を徹底的に繰り返し繰り返し、何度も何度もやり込みます

 

彼らは「自分の記憶力を過信していない」のです。

一周をゆっくり丁寧にやって時間をかけ過ぎてしまうと、最後まで行き着いた時に最初の部分を忘れてしまいます。

 

一度やっただけでは、全部覚えているはずがない

と、彼らは気付いています。

 

何冊もの参考書をさらっと一度だけやるよりも、その一冊を完璧にマスターするため、何度も繰り返すのですね。

 

 

繰り返す時のコツです。

<繰り返すコツ>

  • 一周毎に費やす時間は少しで大丈夫。
  • まずは1周目を軽く流して、全体の量や範囲を漠然と把握します。あまり時間をかけません。
  • 2周目以降も、一回に多くの時間をかけず、何度も何度も繰り返します。
  • 1周を短くして、何周も何周も続ける。

 

 

そうすることで記憶の定着を図り、暗記ができるのです。

 

 

彼らは、一度しかやってない状態で他の参考書に移っても、「多分2割も頭に残ってないと思う」と言います。

 

 

 

2.休憩を惜しまない

 

休憩や睡眠を十分に取っている」ことも共通してみられる傾向です。

 

勉強や暗記をする時は、やはり集中力は不可欠です。

しかし彼らは「自分の集中力を過度に信用していない」のです。

 

東大生や京大生でも、やはり一般的な人間。一時間や90分程度でかなり疲労が溜まり、集中力が途切れてしまうようです。

 

 

途切れた状態で勉強しても「やっても意味がないと思っている」だそうです。

彼らは自分のリズムでしっかりと休憩を挟みます

睡眠時間を削ろうとはしません。

 

 

全員ではないですが、よく聞くのが「仮眠」です。

15分の仮眠は頭がすっきりします。皆さんもご経験あるのではないでしょうか。

 

集中力が下がった時やランチ後の眠い時間帯に仮眠を取り入れることが多いようです。

解説
一時間や二時間寝てしまったり、常に居眠りしているのは問題ですが、15分程度の仮眠であれば、その効果は絶大です。

 

 

すっきりした状態であれば、集中して勉強ができ、暗記も進みます。

 

 

3.背景から理解する

 

暗記は、やみくもにしていてもなかなか定着しないものです。

 

解説
ところが「なぜそうなるか」「どういう背景があるか」を理解しているだけで、記憶に定着しやすいんです。

 

つまり暗記するには、その背景を十分に理解する必要があります

 

この「理解」をするステップで、東大生や京大生は分からないことは分からないとハッキリ言います

質問力」とでも言うでしょうか。

 

 

分からない事が恥ずかしいとは思っていません

理解半分で素通りして、そのままにしてしまうことが気持ち悪い。

分からない点があれば、躊躇なく腹落ちするまで他人や講師に質問したり、立ち止まって調べます。

 

自分の理解能力を過信していない」のですね。

「誰でも分からないことくらいあるでしょ」と割り切っているのです。

 

さらには、「人間の能力はそこまで変わらない」ので、「自分が分からない所は、他の人も理解できていないんじゃないか」と思っています。

こう思えば、どうせみんな分かっていないのですから、確かに恥ずかしくはありませんね。

 

ポイントは

分からない事を恥じない

理解出来ないことをそのままにしない

 

理解が進めば、自然と記憶に定着し、暗記ができるのですね。

参考になります。

 

 

4.まとめ

いかがでしたか。

僕が東大生や京大生、その出身者と長年接してきた経験から、暗記や勉強に対する彼らの考え方を3つ挙げさせて頂きました。

 

解説

3つのポイントから見えてくる傾向は

自分を過信していない

でしたね

 

ある意味自分を信じていないことで、繰り返したり、よく寝たり、また質問をします。

 

「自分の弱い部分に目を向けること」

 

弱さを認めることで自分に定着させ、インプットし、暗記ができるのです。東大京大出身者以外の方でも、とても参考になる考え方ではないでしょうか。

 

 

おわり

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

人気が高い記事

-自己啓発
-, ,

Copyright© 年収1000万円の人の情報サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.