このサイトは、年収1000万円の方をはじめ、ハイキャリア、ハイステータスなビジネスマンの方々と一緒に、キャリア、転職、働き方や、自己啓発などについて、学んでいくサイトです。

キャリアは主に、外資系企業、銀行、証券、コンサルティング業界関連が中心です。

転職のノウハウは、これまで複数回転職活動を経験したサイト管理人による実体験を中心に解説しております。

 

 

キャリア関連の記事はこちら

キャリア

2020/1/13

営業マンは消滅するのか。熾烈化する競争で生き残るためのサイコパス戦略

日本において絶滅の危機に瀕しているものがあります。 イリオモテヤマネコやツキノワグマなどの絶滅危惧種のことではなく、実は営業という職種が、今の日本で絶滅の危機に瀕している、という話です。   "営業職というキャリアだけでは、将来生き残りが厳しいのでは?" 本サイトではこのような趣旨でキャリア戦略や自身のブランディングを検討していくことを繰り返しおすすめしてきました。 「企業は短命化し、人は長寿化する」 というフレーズが表す意味を、令和に生きる我々はじっくり考える必要がありそうです。 そんな中で、先日面白い ...

ReadMore

キャリア 銀行・メガバンクのキャリア

2019/12/7

みずほ銀行は潰れるのか?銀行員の取りうる道を業績や環境から解説

みずほ銀行は潰れるのでしょうか。 一時期全盛を謳歌した金融業界ですが、その置かれた環境が近年厳しくなってきているのは新聞でもニュースでも耳にタコができるほど報道されており、周知の事実。   が、その中でも(なぜか)みずほ銀行への批判がきつくないでしょうか? 日本のメガバンクの一角を担うみずほ銀行に対して、「業績が厳しい」とか「潰れる」「メガバンクから外れる」などのマイナスイメージがにわかに沸き起こっている現状があるようです。     -世間が「みずほオワタ」と思っている- & ...

ReadMore

キャリア 銀行・メガバンクのキャリア

2019/11/17

全国転勤は人生を狂わす現代の最悪制度!もっとプライベートを大事にした働き方はできます

銀行や証券会社にお勤めの営業マン、特に総合職で入社された方は全国転勤が付きもの。 それを経験していたころを振り返り、今思うこと、それは 「全国転勤は人の人生を大きく狂わせるもの」     恋愛や結婚、子育てなど、プライベートの色んな部分(それも人生においてかなり重要度の高いもの)を制限、または勝手に決めてしまうくらいの理不尽で厳しい制度だと思うのです。 僕自身も全国転勤で随分と人生が変わりましたし、強制的に変えさせられました。ともすれば悪影響を与えられたと思うことも。 今は転職し、別の仕事に就いておりまし ...

ReadMore

キャリア 銀行・メガバンクのキャリア

2019/11/17

メガバンク総合職女性の昇格基準とは(不公平人事への不満)

某メガバンク勤務の女性総合職が、ご自身のキャリアについて語ってくれました。 「先日やっと昇格が決まったんです。でも女性はちょっと不利だなと感じました」   今回インタビュー出来たのは、ぼくが以前から知り合いだった女性。某メガバンクで新卒入社9年目。ちょっと内気気味で声も小さな女性ですが、結婚してもなお総合職としてバリバリ働く今風のキャリアウーマン。 昇格したというので、お祝いも兼ねて食事したのですが、ちょっと浮かない雰囲気も。 金融の総合職女性の働き方とキャリアの苦悩が少し垣間見えたインタビュー ...

ReadMore

キャリア 証券業界のキャリア

2019/11/17

証券マンの富裕層営業のトレンドとこれから(コンプラで足をすくわれないために)

証券会社の個人営業において、注意すべき営業のポイントをコンプライアンス面から解説します。 検査や着目されるポイントが過去から次第に変わってきています。現役証券マンは不意に足をすくわれないためにも、脇を締めたセールスが大事です。   本記事の内容 証券業界の個人営業で気を付けるべきコンプライアンス面のポイント どうぞご覧ください。   証券マンの営業のトレンドとこれから 近年は金融業界が激変を迎えている時代です。Fintechの台頭、キャッシュレスの浸透、ネット銀行やネット証券の登場で、金融のレガシー的な分 ...

ReadMore

キャリア 銀行・メガバンクのキャリア

2019/11/17

【進む再雇用・復職】「転職者は裏切者」ではなく「貴重なリソース」へ

日系企業では転職者は脱落者、裏切者という風潮が強かったと感じていましたが、近年は変化が見られます。 別会社で知識やスキルをつけた転職者が、元の会社に戻り再雇用(復職)を受ける動きが見られます。 「自分の会社のことも分かっているし、他社のことも知っている」 こういう人材の貴重さが少しずつ認知されているのです。   僕自身は転職の際に、「必ず出戻りもあり得る時代になる」と踏んで転職を決意しましたし、その時のことを過去記事にも記載しています。 ▼【銀行員の転職】僕が9年間勤めたメガバンクを辞め転職した経緯と理由 ...

ReadMore

キャリア 証券業界のキャリア

2019/12/8

【大手証券決算比較】2020年3月第2四半期(野村、大和、日興、みずほ、三菱UFJ)

証券の大手5社の2020年3月期(2019年度)第2四半期の決算を比較しました。 最大手の野村ホールディングスを筆頭に、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券です。   最近は相場環境もあまり良くない上、各社の要である国内リテール営業の業績も下降線。 金融庁が指導する「顧客本位の業務をせよ」という号令や、かんぽ生命の不正営業などが影響し、証券各社とも国内リテール営業にやりにくさを感じているでしょう。 野村證券に至っては、今年の春に金融庁より業務改善命令を受けてます。 年 ...

ReadMore

キャリア 証券業界のキャリア

2019/11/17

不祥事や赤字で評判が落ちた会社の社員はどうすべきか(野村證券の事例から考える)

社員の誰かが不祥事を起こしたり、赤字に転落してしまう会社は世の中に(山ほどとは言いませんが)あります。 そんなガタガタの会社に勤務している社員は、世の中や転職市場などの人材価値に影響があるものなのでしょうか。   例えば野村證券。 最近はインサイザーに絡む金融庁からの業務改善命令や、元社員の詐欺事件、大麻、強姦事件など不祥事が相次いでいます。 かつ業績は赤字(2019年3月決算)。   野村證券の一部の社員や、会社自体の評価は下がり気味ではあります。 が、野村證券で真面目に働いている一般社員は、世の中でど ...

ReadMore

キャリア 銀行・メガバンクのキャリア

2019/11/17

【銀行員の転職】異動・転勤が異常なメガバンク出身者は転職でも順応力が高い人材

メガバンクの人は転職に向いています。 新しい会社、新しい職場にすぐに順応し、相応に仕事に対応できる高いスキルを備えていると感じます。   転職は、全然違う環境で、新しいメンバーや同僚・上司と、全然違う仕事をしなければならないという怖さがあります。こういう不安は、転職を決断したり検討したりする上で、最も大きなハードルになっていることでしょう。   しかし、メガバンク総合職なら大丈夫です。 なぜなら転勤に慣れているからです。 複数回の転職経験、コンサル業界でいくつもの業界や職場を見てきたぼくから見て、ひいき目 ...

ReadMore

キャリア

2019/7/25

転職を考えていないからといっても、キャリアの情報を集めないのはリスク管理として問題あり

転職なんて多くの人は考えていないでしょうけれど、キャリアの情報を集めているだけで、同じ会社で働き続けるとしてもメリットがあります。 逆に何の情報も集めていないのであれば、リスク管理として問題があるかもしれません。   誰でも、会社に不満はあるし、仕事はそれなりにきついですよね。もっといい職場に必ず出会えると確証があれば、もちろん転職するでしょう。 でも、転職はうまくいかないリスクもありますから、そこまで大きな不満もなければ、いくら終身雇用制が崩れてきていると言っても、あえてリスクをとる必要はありませんね。 ...

ReadMore

転職のノウハウはこちら

転職のノウハウ

2020/2/15

【転職のノウハウ】志望動機はどう書くべきか(新卒とは違う記載必須ポイントを解説)

  転職するときには、様々な書類を書くことになるでしょう。 その書類の中で必ず書くこととなる「志望動機」。 これを書く際に気をつけたいポイントを、特に採用側の目線から解説します。   転職でも書類選考がありますし、選考でなくても何かしら書類は必ず提出する必要があります。履歴書や職務経歴書などは定番ですが、やっぱり志望動機はその中でも特に重要。   志望動機はどのように書くのがいいでしょうか。 書いておいた方がいい事項はあるでしょうか??   ぼくは転職歴があり、それでリアルの世界で志望動機を添削してもらい ...

ReadMore

転職のノウハウ

2019/11/30

【2019年転職】高年収、ハイキャリア、外資系転職のおすすめサイト、エージェント9選

ハイキャリア、エグゼクティブ層、高年収クラスの方が使うべき転職サービスをまとめました。 ハイステータス層の転職はその層に特化したサービスを使うべき。 数少ない非公開求人を扱っていたり、エージェントが年収交渉が上手かったりと、他の一般層の転職とは質が一味も二味も違います。   しかし、こういうクラスの人々は一般的には数も少ないため、転職の情報があまり出回らないのは悩ましいですね。   本記事では、年収がおおよそ700万円以上のクラスを対象に、1,000万円クラス以上の転職、大手企業、商社 ...

ReadMore

転職のノウハウ

2019/11/28

転職業界の構造と裏事情をマイナビ担当者にインタビュー(学歴や未経験業種、採用基準)

転職業界の構造と、業界関係者であれば知っている採用の裏事情について、実際にマイナビの担当者へのインタビューを実施しました。 そのインタビュー内容を踏まえつつ、転職のコツと業界構造について、丁寧に解説していきます。   新卒での就職は多くの方が経験すること。 しかし転職となれば、必ずしもそうではありませんよね。 実際に転職した人の数はグッと少なくなりますし(新卒入社よりは)、その意味でも情報があまり出回りにくく、転職市場や業界の構造が分かりにくいのが悩ましいところ。 さらに言えば、転職は業界の構造を把握して ...

ReadMore

転職のノウハウ

2019/11/4

【転職の失敗】転職に向いていない人の特徴3つ(よく相談を受ける経験から)

転職に向いていなさそうな人。つまり「ああこの人は転職しても次の会社でもうまくいかないだろうなあ」と思ってしまう人の特徴を解説します。 転職の失敗ですね。   僕自身は複数回の転職活動を経験し、こういったサイトを運営していることもありまして、転職相談を受けることが増えてきています。 本記事では、キャリアや転職の相談を受けたり、雑談する中で、「転職はやめたほうがいいかもしれない」と思う方の特徴をお話します。 私見の部分も多いですが、参考になれば幸いです。     転職に向いていない人の特徴が見えてきた   転 ...

ReadMore

転職のノウハウ

2019/11/7

転職時の有給休暇の消化を断られた時の対処法(1ヶ月は休みましょう)

転職が決まったら、残っている有給休暇を取得しましょう。しかし「休暇を取らせてもらえず、ギリギリまで働けと言われた」という場合の対処法を解説します。   転職が決まったら、退職日と最終出社日を決めるでしょう。退職日は大抵月末ですが、最終出社日はその何日か前に設定し、消化していない有給をまとめて取得することができるはずです。 個人的な経験ですが、僕は一ヶ月半ほど休暇をとり、有意義に時間を使うことができました。これほどまとまった休みを取ることは、人生においてもそうそうないですよね。 やれることも多く、絶対に休む ...

ReadMore

転職のノウハウ

2019/11/7

年収の嘘は転職でバレるのか?採用の面接側の立場から解説します

  転職活動では、見栄だったり、少しでも条件のよい転職をしたいと思い、年収を水増ししたくなるものです。 気持ちは分かります。   では、年収の嘘はバレるのでしょうか。 逆に、どのくらい正確に申告する必要があるのでしょうか。   転職活動において、年収はあまり気にしない方でも、内定までの間のどこかで必ず一回は意識する場面があります。 お金に関することは、やはりシビアですし大事なので、しっかりと抑えておきましょう。   外資系の企業で、採用面接を担当することもあるぼくが ...

ReadMore

転職のノウハウ

2019/11/7

転職して年収・給料を上げる方法は2つ(実体験に基づき解説します)

  転職で給料をあげる方法は、2通りあると思っています。実際に転職を経験している僕が、実体験に基づき解説します。   お悩みビジネスマン 今の仕事は厳しいわりに年収が不満だな。これから子供も大きくなるとお金もかかるし、自分の老後資金も心配だ。 転職したら年収って上がるのかな? このように、今の仕事に、年収面や給与面で不満があり、転職を考えている方に向け、「転職で年収をあげる」という観点から2つの方法を解説します。     ぼくは数回の転職活動経験がありますが、転職の動機は「お金」という面があったことは否定 ...

ReadMore

転職のノウハウ

2019/7/13

転職を少しだけ考え始めたら、まず何から始めるべきか最低限のエッセンスを解説します

すぐに転職をしようとは思わないけど、転職に少し興味が湧き、「ちょっと調べてみようかな」という人に向け、「とりあえずこれ」という転職の動き方、情報の集め方のエッセンスを解説します。   仕事は誰だってある程度きついわけですが、一方で「転職がしたくてしたくてたまらない」という人は少ないんですね。 「何となく見てみた」というスタートラインのことが多く、そこから実際にすっと転職する人、思いとどまる人と分かれます。 ぼくは転職活動を数回経験していて、その中で広く集めた情報を記事にしています。 本記事では、「別に絶対 ...

ReadMore

転職のノウハウ

2019/12/19

退職代行サービスを選ぶ基準は3つ!とくに非弁行為には注意すべし

流行りの退職代行サービスを使う時、数ある業者でどれを選べばいいかを解説します。   お悩みビジネスマン「会社を辞めたいけど、きまずく言い出せない」「辞めたいけど、パワハラ上司だから激怒されそうで…」   こういう方は、退職代行サービスを検討してみましょう。 日本にもすでに30社以上存在します。   ただし、 お悩みビジネスマン「一体どこを選べばいいんだろう?」「サービスの違いは?」「どこまで何をやってくれるの?」 という疑問は湧いてきます。 一体どこに着目して、30社の中から ...

ReadMore

転職のノウハウ

2019/11/30

転職活動の始め方から退職までの全フローを徹底解説。(実体験・失敗談も交えています)

転職活動の始め方から、無事に退職し次の会社に赴任するまでの全フローを解説します。   転職は、ほぼ多くの方が「やったことない」状態です。 転職業界の構造をしっかりと把握し、コストや時間を抑え、効率的に進めていくには、コツと知識が本当に必要です。   また退職についても、思った以上にすんなりと行きません(実体験でも痛感しています)。   これまで転職活動を何度も実施し、エージェントや企業、転職活動が多い方へのインタビューなどを踏まえ情報を集めました。   解説主に大企業やハイキャリア、外資系企業、公務員を目 ...

ReadMore

職場のお悩み解決記事はこちら

職場のお悩み

2019/5/25

長距離フライトを快適に。必要なグッズ10【海外出張にエコノミーでいく】

海外への出張で、長時間のフライトは体力的にもきついですよね。 特にエコノミーでロンドンやニューヨークなどに出張するときは非常に辛いものがあります。 こういった長距離フライトで欠かせない機内グッズをご紹介します。       アジア圏であればフライト時間はガマンできる長さ(シンガポールで約7.5時間)です。 ところがロンドンの12時間、ニューヨーク14時間となると、体力的にもきついですよね。   お悩みビジネスマン 快適な睡眠をとりたい! スムーズに仕事もしたい! 適 ...

ReadMore

職場のお悩み

2019/5/25

ニューヨークで現金が急に欲しい時の入手方法(チップとか)

急にニューヨークで現金を引き出す必要があるときの対処法をご紹介します。     ニューヨークで何か買おうと思ったら、コンビニでもレストランでも、基本的には日本で使っているクレジットカードで購入できます。   ただ、何かあった時のために最低限の現金は持っておきたいですよね。   お悩みビジネスマン出張が決まったのが急すぎて、事前に円をドルに替えておく時間がなかった・・・   なんて時ありませんか?   安心してください。 ニューヨーク現地でも、簡単に現金をゲットすることができます。       1.現金が必 ...

ReadMore

職場のお悩み

2019/5/25

夜のお酒の付き合いがつらい人へ。体を壊さないためにできること

お悩みビジネスマン 連日の会社の飲み会がしんどい... お酒の飲みすぎで体を壊しそう... お酒の付き合いから逃れる方法はないものか... と悩んでおられるビジネスマンの方はは、まだまだ多いことでしょう。   日本人はお酒を飲まなくなってきたと言われますが、それでも飲みニケーションはゼロではありません。 ゼロではないどころか、新橋の夜は毎日のように「どこから来たんだろう?」という数のサラリーマンで溢れています。   一部の職場や会社では、飲み会やお酒の付き合いが過度であり、そのせいで体調を崩したり、家族や ...

ReadMore

職場のお悩み

2019/5/25

新米上司の失敗例!「4つの毒」が部下とのコミュニケーションを破壊する

「初めて上司になったんだけど、マネジメントって難しいですよね...」 30代になると、上司としての振る舞い方が分からず、悩んでいるビジネスマンは多いものです。 本記事では、上司になった人が部下と接する上で特に注意したい「人間関係を壊してしまう行為」についてご紹介します。       30代付近になれば、「社内で昇進し、初めて部下を持った」という方が多いのではないでしょうか。   ぼく自身も30歳頃に金融機関に在籍していた頃に昇進し、初めて部下を持ちましたが、「後輩と部下」の違いに戸惑い、指導方法に随分と頭 ...

ReadMore

職場のお悩み

2019/7/5

仕事に行きたくない人、必見!会社が憂鬱である4つの理由と解決法

「仕事に行きたくない...」 こう思っている方は、要注意です。場合によっては、心身が壊れてしまうレベルまで無理をし続けてしまうケースもあるからです。 行きたくない理由を4種類に分け、その対処法をご紹介します。     お悩みビジネスマン「仕事に行きたくない...」 今、もしこのように思っているなら、その思いは日に日に増していきますから、そう思う原因をしっかりと特定することが大事です。     「仕事に行きたくない」と思う要因は大きく分けて4つあります。 「人間関係」か「仕事自体」、「健康」、「職場への距離 ...

ReadMore

 

Copyright© 年収1000万円のキャリアと転職をサポートするサイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.